« 刷り込まれる意識 | Main | 心配は現実に »

November 24, 2006

入れ歯屋G3

Q1010369


一応歯科技工士だから入れ歯も作る。
ただし、手は遅い。

営業もろくにしていないから、受注も殆ど無い。
もっぱら知り合いで、作って欲しいと頼まれた時に、一番型を取るのが上手い先生にその患者さんを紹介する形で仕事させてもらっています。

川向こうのおじさんとおばさん、元町議会議長、そして両親。
その他には4ケースくらいしかやっていません。
まだまだ勉強です。

両親とも上手く入ったようで、自分の作った入れ歯が少なくともまともに機能するしフィットする事を自分の目でじっくりチェックする事も出来ました。

大多数の患者さんの入れ歯は、歯科技工士が作っているのですけれど、口腔内での適合やかみ合わせのチェックは許されていません。
隔靴掻痒を感じながら入れ歯を作っているようなものです。

良い入れ歯を作って、確実にフィットさせれば元気を取り戻せる人たちが沢山いるはずなんです。
でも今の保険医療制度では入れ歯すら作れないあわせられない歯科医療になってしまいそうです。

社会が国民の意思がそれを望んでいるのなら、仕方が無い事だし、歯科医師や歯科技工士、衛生士も世の中に必要ではないと言うことでしょう。

でも、YOSSYさんやふくちゃんなら分かってくれると思うけど、装身具が無かったら生活とかすごく苦労するだろうと思う。

入れ歯も本当は苦労している人が沢山居る。
しかし制度はその人たちと医療提供者側とを結ぶ掛け橋とはなっていない。

これって本当はすごく不幸な事なんだと思うよ。

|

« 刷り込まれる意識 | Main | 心配は現実に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85649/12802735

Listed below are links to weblogs that reference 入れ歯屋G3:

» 歯科技工士 [『業務独占資格』ガイド]
歯科技工士歯科技工士(しかぎこうし)は、歯科医師が作成した指示書を元に義歯(入れ歯)や補綴物(差し歯・銀歯)などの製作・加工を行う医療系技術専門職。昨今の歯科医療の向上と医業の分業化に伴い、非常に高度な精密技工技術と審美感覚が求められている。歯科技工士法に基づく厚生労働大臣免許の国家資格。受験資格:...... [Read More]

Tracked on December 01, 2006 at 08:09 AM

« 刷り込まれる意識 | Main | 心配は現実に »