« 歯科医師は医療を、技工士は補綴を | Main | 木を見て森を見ず 指導医療官とは何者か »

May 16, 2007

歯科医指導で贈収賄


みんなの歯科ネットワークは一連の報道を受け、このような体質の歯科
界に対し強い怒りを感じ、一部の人々の意思ではなく、会の目標である「医療側と患者側が共に作 る医療制度」を目指し、断固たる意志と覚悟をもってこれに邁進する所存です。 


「社保庁技官、東京歯科大同窓会から200万収賄容疑で捜査
読売新聞」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070516i101.htm

新聞マスコミ各誌が一面トップで報道しております。

「収賄の疑いで逮捕されたのは、栃木社会保険事務局の指導医療官、佐藤春海容疑者(57)で、東京歯科大学の同窓会の副会長、内山文博容疑者(66)ら2人が贈賄の疑いで逮捕されました。」
と実名報道に切り替わっています。

ネットでは既に3月の時点で、この情報が飛び交っておりました。
内山氏が日歯専務理事の役職を、病気を理由に退いたのも、身辺に捜査が及び、日歯本体に影響が及ぶのを極力避けようと言う日本歯科医師会の保身体質によるものです。
下村中医協委員への贈収賄事件、先日村岡氏が控訴したばかりの自民党闇献金事件と、日本歯科医師会がらみの事件が絶えません。

闇献金事件では臼田氏の個人的な責任であるとか日本大学歯学部同窓会の責任だとか言うような説明がなされ、今回の内山氏逮捕でも東京歯科大学同窓会の問題であるかのような報道がなされておりますが、3月の時点で内山専務理事の辞職を認めたと言う事は、むしろ日歯全体が了承していた事だと取る方が自然です。

このような贈収賄行為によって、医療保険制度に影響を与える事ができるというような考えを持つ、公益法人が存在する事自体が、社会に対しての不利益、背信行為だと思えます。

この事件を契機に、私たちはあらためて医療人としての矜持を社会に示さねばなりません。

|

« 歯科医師は医療を、技工士は補綴を | Main | 木を見て森を見ず 指導医療官とは何者か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85649/15090902

Listed below are links to weblogs that reference 歯科医指導で贈収賄:

» 診療科 って 分かりにくい~ ☆ 診療科 厚生労働省 見直し 開始 [ケンコウ 生活 で 悩み 解決 ☆ ケンコウ 生活 で 健康家族]
病院に行って、自分の病気がどこの診療科で診てもらえるのかって迷いますよね~例えば、内科と消化器科っていっても迷いますよね。そんな利用者のニーズに合わせる検討が始まったようです。厚生労働省は、患者が医療機関を受診する際、自分の病気にどの診療科が当ては...... [Read More]

Tracked on May 20, 2007 at 10:29 PM

« 歯科医師は医療を、技工士は補綴を | Main | 木を見て森を見ず 指導医療官とは何者か »