« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007に作成された記事

November 29, 2007

何をどう訴えろと言うんだ?!歯科医師会さん。

技工問題を都道府県歯科医師会専務理事連絡協議会で長野県の専務理事が質問されたと言う。
http://insite.typepad.jp/shigakuinfo/2007/11/25_78ca.html#trackback

飯田専務の質問に対しても、彦ドンや静岡県の竹下専務理事は微妙にずらして質問し返答しています。
彼らの見識では歯科医師の業界と歯科技工士の業界は別物であり、組織も違う以上、責任はそれぞれにあるのだと言う事でしょう。
つまり、技工士の問題は技工士会の問題であって、歯科医師会や歯科医師の預かり知らぬ事であると。

どちらも業界と言うくらいだから、かって気ままに利益を追求すれば良いと言うのでしょうが、大手ラボなどで利益を追求してきた人たちや従業員を抱えたラボの経営者がどう考えてきたかは知らないけど、大方の歯科技工士というものは利益追求より作る事や医療であることしか念頭に無かったと思う。
情報の遮断、経済力の差、あらゆる事が歯科技工士の奴隷的な立場、目や耳を塞ぐ事になったのでしょう。
そして、歯科技工士会はそのような会員を多く抱えながら、まさに私のようなルサンチマン的怒りと恨みを持って外と渡り合ってしまった訳です。

Continue reading "何をどう訴えろと言うんだ?!歯科医師会さん。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2007

混合診療は救世主足りえるか

7日の記事にコメントを頂きました。 ありがとうございます。

レスを書きました。 長いですが今の私の想いです。

歯科は国民の生活や健康にとても大事なのだから壊してはならないし、私達、歯科医療業界の存在は価値あることなのだという主張は当然ありましょう。
しかし、これを業界から言っても意味が無いのだと思えます。

良い治療、良い技工をしているのだから言えて当然とはなりません。
そもそもそんな事はやって当然、当たり前の事なんです。
わざわざ自分達から声高に言わねばならないような状況に追い込まれたのも、私達自身にも多大な責任があります。

混合診療の禁止は法律違反という、裁判判決が出ましたが、これが出たから混合診療が解禁されて当然、患者さんの選択肢を奪うべきではないと言う論調が、歯科医療業界側から出てくることが予想されますが、裁判のケースと歯科業界の状況は大きく違います。

それは、歯科は皆保険制度の発足に遡って実質的な混合診療が差額徴収や自費負担の名目で補綴を中心に取り入れられてきたからです。
歯科の言う混合診療は物販と何ら変わりません。 保険で売れないものを売る。 そんな形です。
確かに保険制度の点数ではペイできないような高度高額な技術もございますが、一方で保険点数を大きく割り込む価格で歯科医院に納入されている実費負担分もございます。

某歯科医師さんが再三にわたり保険導入を訴えている白い歯、メタルボンドがそれに当たります。
保険での白いプラスチックの歯は前歯だけの適応ですが平成18年4月の時点で製作点数1200点材料料135点、補綴は13500円になるわけですが、メタルボンドの平均的な技工料金は10000円前後でしょう。 プラスマイナスとも5000円程度の幅がありますが、材料費を入れても15000円くらいが平均的な金額だと思います。
安いものは中国製の4800円や国内ラボでも6000円台で受注する所も存在しますから、現状でも、保険制度の白い歯の給付点数範囲に収まる訳で、では何故保険導入せず、実費負担のままなのかを問われれば、それこそ業界の本音をお答えするしかありません。

同じものではない、まったく違うプロセス、フィソロフィーで行っていると良心的な歯科医師ならお答えする所ですが。

歯科に於ける混合診療解禁と言う意味は、要は現状追認、歯科医療側が後ろめたさをもってやっていることに対し、お墨付きを与えるにすぎません。

内情や医院経営の背景が変わらないのであれば、レスのコメントにも書きましたが、

「何をどう混合するにしても、一度歯科医療業界側が混合を受け入れれば、保険が切り捨てられる事ははっきり予想できます。
国や保険者からは保険制度で行える事は限りなく薄く小さな範囲になるでしょうね。

そして、歯科医療側も保険を限りなく疎んじて、混合とは名ばかり、ほぼ自費診療に流れて行くでしょう。
誰も、お金にならない保険はやらない、客寄せの看板にしかしないだろうと思うわけです。」

そうなる可能性がとても大きいのです。
今でも保険制度での国と保険者の負担は歯科の特殊性からどんどん割合が落ちています。
何の事は無い、全て患者さんの国民の直接負担にしてしまおうと言う流れなだけです。

その様な流れは、医療や医療制度の意味合いから大きく逸脱していると思います。
その流れに荷担する事は歯科にとっては患者さんを敵に回してしまうことでしょう。

まだまだ私達は国民に本当のことを話していない、伝えていないと思います。

歯科業界を壊してしまうのが怖い、歯科保険制度を壊してしまうのが怖いと業界が言うのもおかしなものです。
いろいろ壊してきたのは歯科業界ですし、なによりも歯科医療と患者さんとの信頼を壊してしまっているのですから。

将来どのような歯科医療の未来図を描くにしても、先ず我々が取り組まねばならないことは、現状の歯科医療の姿をピンからキリまですべて情報開示し、掛かるコストや得ている利益を公開し、我々の側に恥ずべきことやモラルの崩壊が存在するのであれば率直に謝罪し襟を正すべきなんです。

私達はまだこれを出したら拙い、これを言ったら怖いと逡巡しています。
本来、診療内容になんの引け目も無く、ピンの範疇に入る人たちでも、保険では出来ないと匙を投げて、差額や自費診療を行っているから、誰にも引けを取らない歯科医療が行えているわけで、保険制度からは懸け離れた世界からものを言っているに過ぎない部分もあります。

キリの方はキリの方で、制度でできることはここまでと投げてしまうのはまだしも、質を落として当然と言う考えになってしまいます。

これでは患者さんは納得できないでしょう。 
全てを公開し、患者さんも歯科医療側も納得できる質の歯科医療を、適正なコストと国、保険者、国民の合意の上で提供できる保険歯科医療制度として再構築する。
そこで初めて、歯科医療業界が再び生きてゆけるようになるのだと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2007

一言で医療崩壊と呼ぶが

昨日午後。

買い物先のホームセンター家電品売り場でTVを見ていると、民主党小沢代表が辞任というニュースが流れていた。
一瞬、頭をよぎったのは明日5日の朝刊はこれで決まりだなと言う思いだったなあ。

それでも今朝確認した東京新聞特報面に載った見開き二面分の記事の出来栄えは、予想以上のものでした。

この記事を読んだ方が、少しでも歯科医療の現場で起きていることに関心を寄せてくださる事を期待します。
また、東京新聞の皆さんにもこの記事が単発のものではなく、連載記事となって掘り下げていただきたいと期待するものです。

マスコミをにぎわす民主党小沢代表の辞任騒動。
先週2回行われた福田総理との党首会談が、近所のおばさんたちの茶飲み話じゃあない事くらい、誰にでも分りそうな気もするが。
読売新聞などは、盛んに仕掛けたのは小沢代表だと書いている。
本当だろうか?

読売のドンといえば言わずと知れたナベツネである。
それが昨日朝放送された時事放談では中曽根氏と並んで連立は当然だと言っている。

この人、何様なんだろう。
何時から国の政治を影で動かし、自分が押さえるメディアを使ってマスコミを操作するようになったのだろう。

元は読売の記者だったと言うけれど、新聞記者とは真実を追究するのが責務ではなかったのかなあ。

さて、地方だけじゃなく、日本中で医師や看護師の立ち去り型サボタージュが起こり、これが医療崩壊の現われとされています。

歯科医療は歯科医師や歯科医院が減るどころかコンビニやファストフードをも駆逐する勢いで開業が続いていますので、端から見れば歯科はどこも困っていない、まだまだ儲かる商売なんだと見られかねません。
東京新聞の記者が記事で伝えたかったのは、制度の本質を見なければ、歯科医療崩壊の実態は見えないと言う事なんでしょう。

内部にいるものからすれば、歯科医療の現場から立ち去って行くのは先ず若い歯科技工士からなんです。
歯科技工士は保険とも関係ないから、いなくなっても何も困らないと思われているのですが、歯科医院の経営や患者さんが受けている診療行為の半分は歯科補綴に関わる事ですから、それを担う歯科技工士の減少はとても深刻な問題なのです。

医師や看護師の場合、産科や小児科から止めて行きます。 きつい医療現場から消えてゆく。これを立ち去りがたのサボタージュと言っています。 歯科は先ず歯科技工士が立ち去りがたのサボタージュを起こしています。 しかし歯科技工士は主役ではないからニュースにもなりません。 歯科医師たちがどうしているかと言えば、昔からですが歯科保健医療からのサボタージュなんです。 自費に誘導し、制度的には混合容認。
今のところ、技工の需給に大きな軋みは出ていない事から、それで通っていますが、歯科医師のサボタージュと、歯科技工士のサボタージュとが国民の目に触れるくらいに酷くなれば、国民の怒りは制度や国よりも歯科業界へ向いますよ。 そうなった時に、我々が何を言っても遅いでしょう。 そしてもうそのラインを超えてしまったのかなと思います。

気がつけば回りは歯科医院だらけです。 喜び勇んで営業に回る事はしていません。 歯科医院の開業ラッシュを皮肉り非難してきましたから。 しかし、このやせ我慢も何時まで続くか。 技工しか出来ないし
技工しかお金に換わる価値をもちません。 技工士が減ったからと言って、保険技工の需要が増える保証は無いし、現状維持もきついと考えていますが。

IDEAの加藤さんも言っていますが、我々の同年輩も、この10年間で櫛の歯が欠けるように消えてゆきました。 廃業、倒産、病気、自殺、自己破産。 
監査指導を苦にしての歯科医師の自殺は、マスコミも注視するニュース足りえますが、消えてゆく歯科技工士はニュースにもなりません。 

なぜ、医科では医師や看護師が立ち去り、歯科では歯科技工士が消えてゆかねばならないのか。
一言で医療崩壊と言っても、現れる事象は一面だけでは在りませんし、一言で説明のつくことでもありません。

ただ、患者さんにとって確かな事は、医療崩壊が進めば、医科は命に関わる医療が受けられなくなりますが、歯科は金だけ取られる事になりかねないというわけです。
歯科は保険診療はますます薄めたスープになりますが、金さえ出せば補綴は受けられる、ただ、質は保証できないけど。
上手く説明できませんがそう言うことなんです。

民主党小沢氏には、日本の崩壊を救えるかどうかのギリギリのところで踏みとどまっていただきたいと思いますが、東京新聞の記事も日本の歯科保険医療が崩壊するかどうかのギリギリの所に在るのだという事です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2007

11月5日の東京新聞朝刊をご覧下さい。

馬さん歯科医師さんに先を越されてしまいましたが、5日の東京新聞朝刊に「歯科医療制度の抱える問題」が特集記事として掲載されます。 概要については馬さん某歯科医師さんののブログを参照いただくとして、私は思うところを。

一旦纏めたものが消えてしまった。

力が抜けました。 後でもう一度書きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2007

月島から伝われ歯科の良心

★みんなの歯科主催緊急座談会★

11月11日に東京、月島区民館にてみんなの歯科主催の緊急座談会が長野県歯科医師会会長
一志 忠廣先生と医療ジャーナリストの杉山正隆先生をゲストに迎えて開かれます。
40名の定員はほぼ埋まり、会員の関心の高さが伺えます。
ここに来てマスコミ各社から、歯科医療の現場に起きている事柄に関して、みな歯科に注目が集まっ
ていますが、みな歯科が、はっきりとした意見の集約の元に、決まった目標に向けて一致団結して
活動していると言う訳ではありません。
むしろ会員一人一人が日々の診療や仕事に悩みながら、あふれる情報の中から明日への希望を
模索していると言うのが本当ではないでしょうか。

Continue reading "月島から伝われ歯科の良心"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »