« 自律、裁量権、医療、そして訴訟。 | Main | 保険技工が消えて行く!!立場の違いから見る歯科医療保険崩壊 »

January 23, 2008

運転資金をどないしょ。 零細歯科技工所は。

今回はお堅い表現を変えてぶっちゃけ本音で行きます。

さて、なんでこうまで能天気で当事者能力がないんだろう??
今の政府閣僚は??

舛添厚生大臣なんか年金特別便とかを又出しなおすとか言ってる。 度重なる失点、やり直しがいくらでも効くならどこのぼんくらを座らせたっていいじゃないか。
有能だからこそ、其処に座る資格があるのじゃなかったか。

まあ、総理大臣からして答弁全般ですっとぼけてるし、株安にたいしては担当閣僚も他人事だし。
こんな政府はいらないやね。 さっさと引っ込んで欲しい。
それと資産7億円の人が、何で40億も損して平気なの??

売上70万のワンマンラボが、いきなり400万の損失を出したら普通、潰れるわね。

20日に売上を締め切ったら30万に届かなかった。
資金や資産と言えるものは殆ど無いから、材料とか光熱費をどうやり繰りするか頭が痛い。
生活費や年金や保険の負担がこうなってくるとものすごくきつい。
自動的に引き落とされるし、出来なきゃ督促の嵐だし。

いきおい、材料など最低限必要なものまで買うに買えなくなってしまう。
元々まともなコスト計算やエビデンスにそった技工料金ではないし、それも当然と言うのが歯科業界の暗黙の了解、
それにただ乗りして、医療費や社会保障の予算切り詰めを計ってきた厚生労働省。
そのトップがかの舛添・・・・
いくら奥さんが歯科医師でも、ご本人何も分かっちゃいないだろうな。

愛知在住の片翼の入れ歯師さんのブログ。http://70205220.at.webry.info/

私が上手く説明できなかったもやもやを、胸にストンと収まる言葉で話してくれる。

歯科技工の海外委託問題訴訟を支援する会
http://www.geocities.jp/gikotake1965/kaitop2.html#/

元々は隗より始めよと言う事で「隗」
歯科技工の歯科技工士の原点から歯科医療と制度に対する国の不作為に正面から挑み、歯科技工士の信念を世に示す。
私も末席に加えていただき、気持ちだけは挫けぬ気概を示したい。

運転資金にも事欠き、明日をも知れぬ境遇だが、蜂の一刺し意地を見せたいものだ。

で、本題。

刺す前に潰れちゃったら話にもならない。
と言って、こんな零細歯科技工所に融資する所があるのかな?
あっても、返済の当てがあるのか歯科技工に未来があるのかも問題だわ。

それに、今の状況は個人の努力とかの範疇をとっくに超えてる。 そもそも医療は営利とはなじまない。 人の命や肉体はお金に変えるものじゃない。
歯科医療にも医療者の矜持や高いモラルが求められるのは当然だが、あまりにも厳しい締め付けと保険診療範囲の締め付けは、更なるモラルの低下を誘発すると共に、実質的に歯科保険での補綴給付の減少や低価格競争を酷くするばかりで、それがまた歯科技工士の離職や廃業を引き起こしてる。

こうも格差社会や貧富の差がはっきりとしてくると、例えば国民医療保険など負担できないものにはそもそも医療を受ける事等出来ないし、歯科などの軽度医療はさらに受診抑制の意識が働く。 歯科医院が増えているといっても、利を得ているのは開業支援のコンサルや一部材料器材のメーカーや商社ばかりで、中小の卸や小売、私のような零細歯科技工所はもろに一軒あたりの患者さん減少のあおりを受ける。

歯科医院という顧客を増やすといっても、その営業行為に見合うコストを計上できない。 パイは増えていないのだから、技工士が減ったからと言って、身内での奪い合いの構図は簡単には変わらない。

変化があるとしたら後数年先だろう。
今居る3万5千人の歯科技工士が2万人かそれを切るくらいに減少すれば、さすがに国民もおかしいと気付くかもしれない。

しかし、それは同時に歯科医院も相当数が淘汰廃業されていると思うのだが。
もしもその時にも多くの歯科医院が我が世の春とばかり盛んであるとしたら。
医療とはますます懸け離れたものとなっているのじゃないかな。

こういう時に運転資金の調達先に、国の公的資金を当てにするというのも癪だわね。
アビリンピックに出た時も思ったもんだよ「障害者を厚生労働行政の道具にするなら、先ず生活できる制度や社会基盤を調えるのが先だろ!!?」
生きるため、医療保険制度や社会保障、言って見りゃお国の厚生労働行政を支え維持するために、なんで我々が借金しなければならないんだよ!!変じゃないか。

|

« 自律、裁量権、医療、そして訴訟。 | Main | 保険技工が消えて行く!!立場の違いから見る歯科医療保険崩壊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85649/17798190

Listed below are links to weblogs that reference 運転資金をどないしょ。 零細歯科技工所は。:

« 自律、裁量権、医療、そして訴訟。 | Main | 保険技工が消えて行く!!立場の違いから見る歯科医療保険崩壊 »