« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008に作成された記事

April 22, 2008

歯科技工士の本懐。 我何恥ずる事在りや。

私は歯科技工士です。
国家免許取得し、40年この仕事を続けてきました。
私たちは、歯科医師の指示(書)に従い営まれる行為を業としております。
 最近の国の医療費逼迫理由のなか、高齢者の寝たきりになる症例、痴呆症例等、に多くの予算が割かれております。
 しかし、口腔の健康、特にしっかりした入れ歯を装着し食物を咀嚼するに伴うあらゆる筋力を訓練し、鍛えることによって、脳の中枢機能に与える影響は大きく、上記に挙げた症例がほとんど不自由なく、平常に近くなると聞き及んでおります。
取りも直さず、直接人体の生命に影響がないと思われる歯科の領域で、正しい補綴物等の製作・装着することにより、健康の根源といわれる「笑顔で噛める」幸せを与えることができるのであります。
私は、人に幸せを与える仕事だという誇りとそれにやりがいをもって40年ひたむきに生きて参りました。
最近、歯科技工士の業務独占権を冒して、海外で作成した歯科補綴物等が歯科医師の裁量で可として、患者に装着され、使用されていることが増えております。
国の考え方は間違っていると思います。
「歯科医師の裁量」に委ねる国の考え方をおしすすめるならば、国内においても無資格者に歯科技工をさせてもよいことになります。
これは歯科技工士制度そのものを空洞化させ、崩壊させる主張です。
歯科技工の海外委託を放置するならば、国民・患者の安心・安全を第一義とする国民歯科医療を実現する制度的保障である歯科技工士制度を失うことを意味します。
昨年6月22日、私たち81名の歯科技工士は、歯科技工士会にどれだけお願いしても聞きいれていただけないので、やむにやまれず、国を相手に訴訟を提起いたしました。
内容は、歯科技工の海外委託は禁止されるべきであり、それを放置していることは違法であるとして国家賠償訴訟等の訴を提起しました。
裁判は、これまで4回の口頭弁論が行われ、次回公判は4月25日行われます。

私は、このことは、行政の不作為は勿論のこと、立法にも大半の責任があるものと考えております。
医科に比し歯科に対する国の対応は、差別のそしりを禁じえません。
私たちの歯科技工士の状態を見ても、それを証明しております。
是正などの域ではありません。抜本的施策を急遽講じ、医歯格差を撤廃していただき、
「法」「制度」をきっちり守る事の基本に立ち返らせてください。

Continue reading "歯科技工士の本懐。 我何恥ずる事在りや。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2008

日比谷のシンポの記事 

http://espelana.blog109.fc2.com/blog-entry-426.html
ネット新聞、DENTAL TODAY です。

ありがたいことに、訴訟のチラシ配布もさいごにちょこっとですが載っています。

見る人は見ていてくれたんだと感謝。
用意した部数が少なかった事は返す返すも残念。
しかし貧乏技工士の手弁当。 自慢じゃないが団長も私も年収200万以下。
プリンターのインクもコピー用紙にも事欠く有様。
用意した150部も後輩の持ち出し。

なんとかならんかねえ。

そそ、シンポ主催の東大医科研の上 昌広氏から代表にメールがあったので転載します。
関心を向けてください。

Continue reading "日比谷のシンポの記事 "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2008

公益法人の役目とは何ぞや?!内向きの歯科医師会歯科技工士会に明日は無い。

そもそも歯科大学にピンキリがあることも世間の人は殆ど知らないか無関心。
それだけステレオタイプな思い込みがあると。
いい意味での思い込みならいいけど、現実には歯医者は金持ちであるとか、入れ歯や
差し歯なら高ければ高いだけいいと思い込んでる。

これも、考えてみれば歯科医師会だとかが私立のOBに占拠されていて、本当に必要
な知識や情報が社会や市民国民に届いていないからだと思う。

例えば広報と言う言葉一つとっても、日歯や日技は会費を使うのだから会員に伝える
のが、金を払った会員に伝えるのが広報だと勘違いしている。
それは広報とは言わない。 内部事務とでも内部情報伝達とでも言いなさい!!

本当の広報とは、会員のお金を使ってでも、正しい医療情報、診療情報を社会に世間
に届ける事だ。 そもそも会員が払う会費の原資は市民国民からきていることを忘れ
ている。 それを還元するのが公益活動ということでしょ。

公益法人関連の法律が変わり、より公益に沿った活動をしている事を証明しないと法
人格を失うと言う。
今の日歯や日技が、内向けの会員の為の活動しか続けていかないと言うのなら、法人
格はさっさと返上するべきだ。

Continue reading "公益法人の役目とは何ぞや?!内向きの歯科医師会歯科技工士会に明日は無い。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2008

歯科医療からの声は皆無???政治のマッチポンプを何故見過ごすのだ。

ある程度予想されたことでしたが、蓋を開けてみれば歯科は蚊帳の外・・・・

いや、最初から戦意喪失ならまだ分かるが、そもそも戦おうと言う意志すら持っていない・・・のがほんとかも。

平成20年4月12日に日比谷公会堂で行われた、「医療現場の危機打開と再建を目指す国会議員連盟第一回シンポジウム」
開場前から受付には多数の参加者が並び、

P1010023

P1010037


ほぼ全ての席が埋まる盛況でした。

Continue reading "歯科医療からの声は皆無???政治のマッチポンプを何故見過ごすのだ。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2008

明日は日比谷公会堂 医療現場の危機打開と再建を目指す国会議員連盟第一回シンポジウム

明日の夕方は久しぶりに上京します。
日比谷公会堂で行われる、医療現場の危機打開と再建を目指す国会議員連盟第一回シンポジウムに参加する為です。
多分、話される内容は其の場では理解できないでしょうが、発言内容などは後でネットで見られるでしょうし、自分が其の場に行くということも大事だと思っています。

この議員連盟の面子を見る限り、尻に火がついた自民党など与党とお上の言い訳作り、ガス抜きの場にしようという感は否めませんが、会場に足を運ぶ市民国民、医療関係者の殆どは、言い訳など聞きたくない、現実を直視しろとの思いであろうとおもいます。

Continue reading "明日は日比谷公会堂 医療現場の危機打開と再建を目指す国会議員連盟第一回シンポジウム"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2008

歯科業界の体質と姥捨て保険制度。 金を尺度に考えれば国のおかしさに対しても、何も言えなくなってしまう。

日技に生涯研修制度があるように、日歯にも研修制度があります。
それを受けると、例えば認定されているHPの記事を読むだけでもポイントになる制度なんだそうです。
ところで、この研修制度を企画する側の申請条件、主催として「スタディーグループ」と「企業」しかないそうです。

日歯の研修制度自体が、企業の販促活動に組み込まれているわけです。

歯科医療の研修など建前ばかりで、実態はメーカー丸抱えの販促活動であったとしても、また、最新技術や新製品、関連知識が保険診療に生かせるものではないにしても、何か参考になればと参加している訳です。

ブログ仲間にariさんがいます。
船井総研のセミナーに参加されていて、コンサルも受けているそうです。
ラボならそれはそれでいいです。 私たちは物を作っているのだから、売って何ぼですから。
しかし、歯科医師や歯科医院はやはり違うと思うのです。
歯科医療は医科と違って、結果がわかりやすい医療ですが、それでも医療は医療なのです。
装置産業でも、物販でもない、医療は医療なはずです。
ですから、時にはコスト度外視で必要な選択なら使うと言う事もあります。
最初から、高いものを売る、高いものを使うと言う前提で行うのは、医療として如何なものなのでしょうか?

Continue reading "歯科業界の体質と姥捨て保険制度。 金を尺度に考えれば国のおかしさに対しても、何も言えなくなってしまう。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »