« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008に作成された記事

May 20, 2008

信じるも信じないも・・・でも、真実は一つ。

小野寺光一メールマガジンから

行革に邁進するはずが、なぜか官庁が新設され中央の官僚だけは増えつづけるというおかしな構造改革。
国民の中にも、さすがにおかしいと思う人が増えているはずだ。
先ほど届いた小野寺光一氏のメールマガジン。
今回のテーマは「消費者庁」だった。

牛肉偽装や、毒入り餃子、船場吉兆の使いまわしなど食の安全が脅かされ、構造偽装問題では住む所の安全が守られなかった。 
消費者庁と言うのは、その様な問題から広く消費者を守るという意味なのだろうが。

実は、犠牲になった消費者の多くは、メーカーや企業の犠牲者と言うより、行政の不作為、官庁の無責任さの犠牲になったのだということを忘れてはいけない。

それがなんだ、お上は手前の責任は棚に上げて、全てを民にひっかぶせるということなのだろうか?

そういう疑問も含めて、以下のメールをお読みいただきたい。 

---☆-------------------------------------------------------------☆☆
以下、小野寺光一メールマガジンから転載

ちょっと、読者の皆さんにお願いがある。
それは、とにかく、われわれが政治的意思を「行動に移す」ということだ。

何を言いたいかというと、現在の政治が、「こう着状態にある」が、
これを望ましい形にするために、われわれが「具体的な行動」を起こす必要があるということである。

とにかく、政治を見ていると、自民で、悪いことをしている議員がいても、
いつまでたっても、政権交代が起きない。

われわれは、いつまでたっても、この「くだらない法案」が可決されていくのを
手をこまねいているのではなく、われわれの手でストップする必要があると思われる。

具体的にいうと、「苦情を述べる」ということである。
これをぜひやっていただきたい。

これを1万2千人でやったら、脅威となるはずである。

何もいわないと、たとえ、ひどい法案に
頭にきていても、マスコミや官庁、政治家は、「国民は受け入れている」
と考える傾向がある。


CALL ME ブロンデイ
http://jp.youtube.com/watch?v=a7LZRaHz0Q8

それでは、何をストップさせる必要があるのか?

それは「消費者庁」である。
これは多くの人があまり気づいていないかもしれないが、
非常に危険な「最悪の省庁」になる。

この設立の目的は、「日本の優良な、食品会社などに対して、消費者の苦情を口実に
業務停止にして、創業者を追い出し、外資に売り飛ばすことが設立目的の省庁」である。


この一連の法案や、動きを私が人から聞いたのは、
今から5年以上前のことである。
それは、共産主義者が、
(ここで共産主義者とは、有能な存在をだめにして、無能な存在を
優遇するという考え方をさす)
この動きをしているという話だった。

そして小泉政権となった。
小泉およびその周辺の基本的な考え方は、
「すべてをだめにしたい」
「すべてを監視下におきたい」
「すべてを破壊したい」
「外資に売り飛ばしたい」
であった。

この消費者庁は、健康食品や、食品その他あらゆるものに適用されて、
ひどいことになる。

<参考>
http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/214.html
<苦情電話のかけ方>
朝日、読売、毎日などの新聞紙の表紙を見ると
そこに電話番号が書いてある。
そこに電話する。
平日は、夜9時まで
土曜は、夕方5時ごろまで
である。
確か日曜日はやっていない。
WIDTH: 42em"全国マスコミ一覧
http://enraku-web.hp.infoseek.co.jp/media-masukomi.html
<朝日新聞>
http://www.asahi.com/
http://www.asahi.com/reference/
http://www.asahi.com/reference/form.html お問い合わせフォーム
http://www.sankei.co.jp/
http://www.sankei.co.jp/info/info.htm
産経新聞について
記事に対するご意見、ご要望について
読者サービス室 東京

TEL :03-3275-8864
FAX :03-3270-9071
読者サービス室 大阪
TEL:06-6633-9066
FAX:06-6633-9691
【受付時間】
平日09:00~18:00 土曜09:00~17:00 日祝日休み
※メールでのお問い合わせの際は、住所・氏名・電話番号を明記してください。
http://www.mainichi.co.jp/
https://form.mainichi.co.jp/toiawase/index.html
https://form.mainichi.co.jp/annuncio/hiroba/
http://www.yomiuri.co.jp/
http://info.yomiuri.co.jp/contact/
読売新聞、ヨミウリ・オンラインへのご意見
<東京本社>
「読者センター」
お問い合わせ 電話:03-3246-2323
ご意見    電話:03-3246-5858
・午前9時から午後10時まで
・こちらの入力フォームでも受け付けています。
https://app.yomiuri.co.jp/form/index.php
<大阪本社>
「読者センター」電話:06-6881-7000
平日(月―金) 午前9時から午後9時まで
土曜、日曜、祝日 午前9時半から午後5時半まで
(休刊日は受け付けていません)
こちらの入力フォームでも受け付けています。
https://app.yomiuri.co.jp/oform/index.php
<西部本社>
読者相談室」電話:092-715-4462
・日曜、祝日を除く午前9時半から午後6時まで
日本経済新聞
http://www.nikkei.co.jp/
https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/index.html
https://wwws.fujitv.co.jp/safe/supernews/jyoho_form/koreniokotte.html
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/2001/index.html
報道ステーション 「番組へのご意見、ご感想」→「投稿する」を押す
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/ 

電話をかける。
「はい ○○新聞です」と受付が出る。
「すみません、記事について意見をいいたいのですが」
という。
「わかりました。担当部署につなげます」
「こちら広報です」
「政治の記事について意見をいいた

ただし、報道機関は、上層部が、
官邸と定期的な豪華な食事、会合、
海外に一緒に渡航するという口実での機密費の贈与
などを受けていたため、まったく批判できないのである。
つまり小泉前政権の批判を封じていたのは、
上層部の意思であり
そのため、記事が没になることが
多かったらしい。
これをくつがえすのは
われわれ市民の「苦情電話」「苦情メール」を
殺到させることしか活路はない。
最初、「共謀罪」をまったくとりあげなかった報道機関も
あんまり苦情が殺到したから「共謀罪」
をとりあげざるを得なかったのである。
おそらく、最初は、
上層部が「君、こんな共謀罪なんてとりあげる必要なないよ。
やめたまえ。国民はこんなものには関心ないよ」
といって没にしていたのが、
あまりに苦情や意見が殺到すると、
上層部が「君、こんなものをとりあげる必要はないよ」
と社内でいえなくなるのだ。

http://www.asyura2.com/07/war95/msg/568.html

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/9_15tokyo.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2008

本当に必要だったのかな?アクアライン。

道路特定財源。 一般財源化すればいいという事なのだろうか?
本来、国民が望むのは、特定財源のような姑息な手段で税金を徴収する事じゃなく、負担と支払いの関係をはっきりさせ、なぜ、ここまで財政破綻してしまったのかも含めて、検証し、正すべきは正す事なのじゃないだろうか。

昨日、富津まで潮干狩りに行って来た。
不案内なものだから、アクアラインに入りそこない、湾岸線、京葉道、木更津と走った。
早朝だった為か、結構な交通量ながら一度の渋滞もなく、富津漁港まで着いてしまった。
アクアラインを使えば、多分距離や時間は少なくてすんだのだろうけど、時間、どうなんだろう?実感として1時間無駄にしていない、短縮できた時間は30分程度だと思う。

帰りはアクアラインを使った。 確かに早いし楽だとは思うが、一時間程度の短縮の為に、1兆円以上の費用をかけて果たして元が取れるのだろうか?

海蛍の上で見て思ったが、土曜日だとは言え、トラックの姿は殆ど無い。
湾岸線ではあれだけ見たのに。

車の数も途切れ途切れ、観光バスと中国人や団体客ばかりが目立つ。

当然だけど、1兆円以上の建設費は全て負債となっているはずだ。
特定財源目当てで作ったのかどうか知らないが、こんなものを作りつづけるために、財源が必要だからガソリンに25円の税金をかけていたというわけだ。

一般財源化すれば、ではなんに使うと言うのだ?

高齢化し、お年寄りが増えるなら、医療費や年金の自然増は当たり前である。
その医療費、毎年1兆円の自然増があると言う訳ですが、国の方針はその自然増を毎年2200億円、減らすと言う事だ。
自然に増えてしまうものを減らす!!?

必要無いとしか思えない巨大工事に何十兆円とかけるくせに、お年寄りや全ての国民にはどうしようもない、ただ生きていくだけで自然に増える医療費や年金は削るだけ削る、無駄と分かっている道路工事や公共事業、天下り制度や官の無駄使いには何の対応もしないまま、国民の命を削り負担は減らさず、更に消費税アップとは。
消費税、何れアップは必要だろうが、必要と言えないものや無駄にお金をかけるために必要とするのは違う。
必要な人間の生活にお金を使わず、無駄使いに回すのを止めればいいだけ。


伊吹幹事長「次期衆院選では負担見通しも示す」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080517-OYT1T00602.htm
読売新聞から


ええかげんにせい!!

読売も人事のようだ。 最近気がついたが、読売のHP。

創価学会の広告がフラッシュででる。 なんだかなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2008

言霊はどこに行った? 国会論争の不毛

あくまでもネットのニュース、新聞の記事からの感想だが。

政府与党の提出している道路整備費財源特例法改正案は今後10年間のガソリン税収を道路特定財源とするわけで、はっきり言って人が生活する一般道の整備じゃなく、高速道路や高規格道路をゼネコンががんがん作りつづけるということ。
地元土建業者には付帯工事のJVや孫受けひ孫受け程度の仕事が回るだけで、利益は殆ど無い。

で、昨日の閣議決定は、特例法改正案について「道路特定財源制度の規定は2009年度から適用されないこととなる」と明記し、09年度からの一般財源化を明確に打ち出す。

無学な私は何度この文言、意味内容を理解しようとしても、福田さんや政府与党の理屈がわからない。

Continue reading "言霊はどこに行った? 国会論争の不毛"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2008

不都合な真実

地球温暖化をアル・ゴア氏が取り上げたとして、題名の不都合とは、誰にとって不都合なのかを考えた事があるだろうか。

単純に見れば、人類全てにとって、出来れば知りたくない不都合な真実なんでしょうけど。

しかし、元副大統領アル・ゴア氏が言うまでは、地球温暖化なんて知らなかったと言う米国国民も多いと言うし、ブッシュ坊ちゃんなど温暖化は嘘だと否定したと言うし。

パパブッシュもテキサスの石油成金。 ブッシュ坊やも石油メジャーの1人でしょ。
温暖化の元凶が石油の浪費だとすれば(何十億年かけて作られた地底の石油資源を、人間は1000年と掛けずに使い尽くす訳?これこそハンパねえ~~)石油消費が押さえられかねない温暖化の話題はブッシュ家には不都合だし、それじゃ今の内に値をつり上げて儲けるだけ儲けておこうとなっても不思議じゃない。

Continue reading "不都合な真実"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2008

纏まらぬ思い。 心の澱を垣間見て。

今日は私の誕生日です。 多分51歳に成るのだと思います。
東邦歯科技工専門学校(現、東邦歯科医療専門学校)を卒業したのが昭和53年、1978年の事ですから、歯科技工士になって30年が過ぎました。
今日まで生きてこられたのは、紛れもなく歯科技工のおかげ、日本の歯科医療とその制度のおかげですから、お世話になった歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、今までに出会い、同じ時間、空間を共にした皆様、お会いした事はありませんが、様々な媒体で知り合い、ふれあった全ての人に感謝の言葉を伝えたいと思います。
ありがとうございます。 

そして出来ればこれからも変わらぬお付き合いご理解をお願いしたいと思います。


さて、インターネットでの様々な出会いやふれあいも早いもので13年目に突入しました。
私のメインのメルアドはニフティに入会した1995年から変更しておりません。

13年間と言えば相当な長さになります。 その間、どれだけの人と知り合い、議論し、また情報を伝え合ったか分かりません。 勿論、些細なことから反発し、反目した人も居ますし、心無い言葉で傷つけてしまった人もございます。
しかし、私はこの13年間で、それまでの何十倍ものものを学び知り、伝えられて参りました。
本当に皆さんには感謝しております。


今もまた、私が何年も前に感じ、思い、怒り、惑ったような歯科技工士を取り巻く環境は変わっていません。
そして過去に私がぶつけたように、自己の存在を証明できない歯科技工士の皆さんが心の澱を精一杯ぶつけています。

それに応えられるほどの人格者でもないし、人が認める実績も無い私ですが、私の今の思い、迷い、惑いを正直に伝える事で、せめて背負っているのはあなただけではない事を伝えてゆければと思います。

日々の歯科医療を支えているのは、このブログを目にする事も無いような無欲で無名の歯科技工士なのです。
どうか日本の歯科医療の現実から目を背けず、声なき声に耳を傾けてください。

次のページでミクシイ、がんばれ歯科技工士コミュの海外委託トピックにコメントした文を載せます。
まだ若いと思われる方の問いに答えたものです。

Continue reading "纏まらぬ思い。 心の澱を垣間見て。"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »