« 言霊はどこに行った? 国会論争の不毛 | Main | 信じるも信じないも・・・でも、真実は一つ。 »

May 18, 2008

本当に必要だったのかな?アクアライン。

道路特定財源。 一般財源化すればいいという事なのだろうか?
本来、国民が望むのは、特定財源のような姑息な手段で税金を徴収する事じゃなく、負担と支払いの関係をはっきりさせ、なぜ、ここまで財政破綻してしまったのかも含めて、検証し、正すべきは正す事なのじゃないだろうか。

昨日、富津まで潮干狩りに行って来た。
不案内なものだから、アクアラインに入りそこない、湾岸線、京葉道、木更津と走った。
早朝だった為か、結構な交通量ながら一度の渋滞もなく、富津漁港まで着いてしまった。
アクアラインを使えば、多分距離や時間は少なくてすんだのだろうけど、時間、どうなんだろう?実感として1時間無駄にしていない、短縮できた時間は30分程度だと思う。

帰りはアクアラインを使った。 確かに早いし楽だとは思うが、一時間程度の短縮の為に、1兆円以上の費用をかけて果たして元が取れるのだろうか?

海蛍の上で見て思ったが、土曜日だとは言え、トラックの姿は殆ど無い。
湾岸線ではあれだけ見たのに。

車の数も途切れ途切れ、観光バスと中国人や団体客ばかりが目立つ。

当然だけど、1兆円以上の建設費は全て負債となっているはずだ。
特定財源目当てで作ったのかどうか知らないが、こんなものを作りつづけるために、財源が必要だからガソリンに25円の税金をかけていたというわけだ。

一般財源化すれば、ではなんに使うと言うのだ?

高齢化し、お年寄りが増えるなら、医療費や年金の自然増は当たり前である。
その医療費、毎年1兆円の自然増があると言う訳ですが、国の方針はその自然増を毎年2200億円、減らすと言う事だ。
自然に増えてしまうものを減らす!!?

必要無いとしか思えない巨大工事に何十兆円とかけるくせに、お年寄りや全ての国民にはどうしようもない、ただ生きていくだけで自然に増える医療費や年金は削るだけ削る、無駄と分かっている道路工事や公共事業、天下り制度や官の無駄使いには何の対応もしないまま、国民の命を削り負担は減らさず、更に消費税アップとは。
消費税、何れアップは必要だろうが、必要と言えないものや無駄にお金をかけるために必要とするのは違う。
必要な人間の生活にお金を使わず、無駄使いに回すのを止めればいいだけ。


伊吹幹事長「次期衆院選では負担見通しも示す」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080517-OYT1T00602.htm
読売新聞から


ええかげんにせい!!

読売も人事のようだ。 最近気がついたが、読売のHP。

創価学会の広告がフラッシュででる。 なんだかなあ。


|

« 言霊はどこに行った? 国会論争の不毛 | Main | 信じるも信じないも・・・でも、真実は一つ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85649/41246599

Listed below are links to weblogs that reference 本当に必要だったのかな?アクアライン。:

« 言霊はどこに行った? 国会論争の不毛 | Main | 信じるも信じないも・・・でも、真実は一つ。 »