« 許せ、無断転載。 でも、御用マスコミが報じない事。 | Main | 第102回歯科医師国家試験・・・の結果 »

March 24, 2009

歯科は果たして医療か?その1

売文家ブログにこんな記事が。
「保険歯科医と自費歯科医をわけたほうがいい」2009年03月20日
http://blog.livedoor.jp/mensdigest/archives/2009-03.html#20090320


情念党では津曲先生らが、
「666 歯科医のワーキングプァ化の裏にある真実
★絶対に採算の採れない非常識な歯科の低診療報酬★」
http://www.saturn.dti.ne.jp/~thu-san/homepage/toukou61.html#666

一方、保険医協会の先生たちは、一例だが、
「保険でよい歯科医療」を実現させよう」
http://gate.ruru.ne.jp/tochigikyoukai/news43.html

日本歯科医学会の特別講演のファイル。
http://www.jads.jp/news/special_lecture.pdf

で、どこでもいい、Googleで歯科医院やインプラントでググって見てほしい。
検索にヒットする結果だけじゃなく、スポンサーリンクにずらっと表示される歯科のキャッチフレーズを見れば、
保険診療の保の字も無く、自費診療オンパレードである。

「無痛インプラント」 「究極の歯科医療を目指して」 「歯科治療でお悩み方必見」 

「土日診療実施」 「痛くない歯科」 「○○の女医による審美歯科」

「激安インプラント治療」 「居心地のいい歯科」 「治療費透明」

おまけに「最新の設備とホテルのような学生寮。歯科医師への道がここにある」


以上、どれとっても歯科は歯科である。
これらを一言であるとか、一つの事象として纏め様にも、旨くまとめてプレゼンできる人がいるのだろうか。

すくなくとも、売文家さんが書いているように、保険歯科医と自費歯科医を分けるだけでも、説明は楽かもなんて思うけど。

でも、今だって必ずそれを分けて説明を始めていて、それで纏まりがつかなくなっちゃうわけで。

歯科の矛盾。

これを例示して行こうと思う。



|

« 許せ、無断転載。 でも、御用マスコミが報じない事。 | Main | 第102回歯科医師国家試験・・・の結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85649/44449666

Listed below are links to weblogs that reference 歯科は果たして医療か?その1:

« 許せ、無断転載。 でも、御用マスコミが報じない事。 | Main | 第102回歯科医師国家試験・・・の結果 »