« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009に作成された記事

July 31, 2009

マニュフェストもビジネスチャンス?国民も交えて協議できないものなのか?

民主党のマニュフェストに、歯科医療と歯科技工に関する文言が掲載されて、ああ、よかったなと思ったのもつかの間、こんどはみな歯科の大塚さんから歯科技工士の会員が始めたと言うHPのURLが紹介されてきました。

頭の悪い私には、裁判の問題や海外委託の問題を考えるのが精一杯で、どうやって品質を保証し国民や患者さんのお口の安心安全を守ってゆくかは、進行協議でも原告団として提案したように、国民の皆さんも交えて関係諸団体や国、お役所、政治家、消費者団体などと協議し、形あるものにしていきたいと願うばかりでした。

第一、原告団や支援者の者たちは、裁判への対応や、支援活動に没頭しており、それをビジネスにして一儲けしようかなどと言う発想はどこをどう押しても、或いは絞っても出てくるわけもなく、それだけに、何か、引っかかる気持ちもありますが、心落ち着けて近づく控訴審の結審を粛々と迎えるだけ。

とりあえず、我々弱小がババを掴まされる事の無いように、良いと思われることでも、裏があるかもしれないし、色々とこれからも情報が錯綜し、色々な利害が顔を出すでしょうけど、利権の食い物にされないように、尚且つ国民の利益を第一に歯科技工士のあり方を考えて行きたいと思います。

歯科技工の海外委託問題訴訟控訴審は8月5日に結審すると思います。
ご注目ください。

| | Comments (0)

歯科技工がマニュフェストに記載された。

http://www.dpj.or.jp/policy/koseirodou/index2009_medic.html

民主党政策集INDEX2009 医療政策<詳細版>

各診療科・疾患対策

●歯科医療改革 

歯の健康の保持の推進に関する法律を成立させます。また、身体障害者手帳の交付申請の添付書類として歯科医師の診断書は認められていませんが、そしゃく機能の障害については申請手続に歯科医師の診断書を認めるよう、身体障害者福祉法を改正します。現在、歯科検診は、母子保健法、学校保健法、労働安全衛生法等、年代や所属ごとに異なる法律のもとで実施されていますが、寝たきりの高齢者や障がい者も含め、すべての国民が歯科検診・医療を受けられるようにします。近年、自分の歯が多ければ多いほど、また、適切な義歯が入っているほうが認知症になりにくいことや、児童虐待を受けている子どもには虫歯や未処置の歯が多く、虐待の早期発見に有効なことなども明らかになってきました。今後も歯科医療の重要性にかんがみ、歯科疾患の予防法や治療についても調査研究を推進します。

また、歯科技工物(義歯)については、安価な輸入品の増加等により、品質管理体制を見直す必要が生じています。歯科技工物(義歯)のトレーサビリティーの基準を定めるとともに、高い技能を持つ歯科技工士の評価等、技術料や歯科基本料の見直しを検討します。

**************************

政党の公約、マニュフェストに歯科技工が記載されたのは初めての事ではないでしょうか。
業界側のエゴだけを満足させるような、報酬上げろとか予算をもっとつけろとかお金のことを言っていないのが救い。

文面からある二つのネットワークの皆さんたちの顔が浮かびます。
ありがたいことです。

ちょっと心配なのは歯科医師会関係者からもろに反発を受けそうな事。
建前はどうあれ歯科医師会関係者の本音は、診療報酬を上げろ、自費はこのまま見逃してくれ、現金収入になるものは保険には入れないでくれ、審査は甘くしてくれ、歯科技工問題には触れないでくれって言うのや、歯科助手は助手だからね、歯科医師のロボットであって自己の意思は持っていないから資格は問わないんだからねとか、歯科衛生士さんが下手にプロ意識なんかもっちゃったら、歯科医師の報酬もなくなっちゃうから歯科衛生士の業務範囲は広げないでくれと言ったものでしたから、既存の歯科医師会からは絶対出てこない公約な訳です。

ところで歯科技工士会はどうするんでしょうね。

情念党の記事からは、歯科医師政治連盟が躍起になって自民支持を会員に押し付けている様子が見て取れます。
つーことは、自民党からなんとしてでも国会議員になりたい中西会長さんも歯科技工士政治連盟を使って会員に自民支持を言ってるんですかねえ。 
歯科医師政治連盟は審査指導の脅しで会員を縛ろうとしていますが、歯科技工士会は何で脅すんだろう?
海外委託に明確な態度を示していないから、中国など外国の脅威から守ってやら無いぞとは言えないし、設備構造基準で営業できなくするぞとか、資格なんか無くても技工助手にやらせてお前ら食えなくしちゃうぞとか言うのだろうかねえ。 でも技工助手を狙ってるのは歯科技工士会だしなあ。

| | Comments (0)

July 30, 2009

歯科衛生士さんの収入も自費次第・・・・51年のはただの課長通知なのになあ。

わずか3ヶ月で潰れちゃったまるでリストランテのような歯科医院の話を、某ブログで見たばかりです。

そういう歯科医院の中では、どんな診療が行われているのか、私にはトンと見当もつきません。
元来セールストークが苦手で、歯科医院に外向に行くといっても、簡単な挨拶程度ですませています。
そんなわけで、今風のこぎれいな歯科医院のドアをくぐるなんてとても出来ず、自分の役目は縁の下の力持ちを自負しているのですが。

さて、そのような歯科医院の内情といいますか、お勤めしているスタッフ達の考えや意見、悩みといったものを、
ネットでも拾う事ができます。

そこから垣間見えてくるものは、やはり何といいましょうか、歯科の実態が持つ、医療なのかそうじゃないのかと言う、曖昧さがスタッフ達の気持ちをもどんよりと覆い尽くしているところでしょうか。


ある歯科医院に勤める歯科衛生士さんのボーナス報酬は歩合制なのだそうです。
もちろん歯科衛生士の本分であるスケーリングやブラッシング指導、予防やPMTCを行う事が、歩合の対象なのだろうと思いますが、ボーナスはそれだけではないのだそうです。

では、歯科衛生士さんのボーナス歩合の対象になる医療行為や衛生士業務とは何なのだと思いますか?

Continue reading "歯科衛生士さんの収入も自費次第・・・・51年のはただの課長通知なのになあ。"

| | Comments (5)

July 27, 2009

数字の不思議 実は足りてる?歯科技工士の就労数

歯科技工士の年齢構成がいびつになっている事は、多少は歯科問題に関心を向けている人なら、皆さんご存知であろうと思います。
ミクシイのがんばれ歯科技工士コミュにあるトピックの一つでも、ある方がコメントされています。
主旨は50歳以上が12.411人と就業歯科技工士の35.1%を占めており、このまま歯科技工士の高齢化がスライドすれば、この世代がリタイアする数十年後の人材不足は論ずるまでもないと。

続けて、

>>厚生労働省医政局歯科保健課はそれを知っていながら、相変わらず、何もしない。

とされている。
そこで私は思う。

Continue reading "数字の不思議 実は足りてる?歯科技工士の就労数"

| | Comments (0)

July 18, 2009

歯科のルートマップ

歯科技工の海外委託その裏に存在するもの

ノンフィクションとして書いたのですが、物議を醸したようで。
当たらずとも遠からずと、言うところから、確信と言うか厚生労働省や日本歯科技工士会の中でも企業寄り、企業としてのラボの生き残りだけを念頭に置いている執行部や関係者達の協議と言いますか、海外委託問題の落とし所と言うものが、なんとなく浮かび上がってきたように感じています。

分かってみればすごく単純で、それを行う分には、責任あるところとしてはなんら非難されるような事は無い結論なんですが。

しかし、何故このような国民医療保険制度のそれも歯科分野に大きな影響を及ぼし、場合によっては業界再編や大多数を占める零細歯科技工所を淘汰させかねない協議内容を、厚生省も日技も隠すと言うか口を閉ざすのでしょうか。

もしも、予想通りであれば、少なくとも国民や患者さんにとっては朗報である事に変わりは無い決定でしょうから。


協議の内容によっては、その当事者に例えば有力ラボの関係者や、事業拡大を画策する経営者が居れば、早いうちから準備なり手当てなりが出来るわけで、株取引で言えば証券法で違法とされているインサイダー情報に接していると言えます。

国民の健康や安心な生活に密着した海外委託や歯科技工、皆保険制度での歯科補綴の問題なのです。
どうか関係者の皆様には、密室での協議ではなく、国民も含めた公開された場所での論議をお願いしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2009

13年以上前の車は潰しちゃう訳だが。 古い歯科技工士もエコロジカルに使い捨て。

エコカー減税とか言うのは、まだまだ十分乗れる走れる車も、一律13年以上前なら潰してしまってください、ついでに買い換えてください、そのためのCO2消費には目をつぶって、投入した赤字国債はお後にお支払いくださいっていう法律だったわけだ。 きっこさんありがとう。


なんだかなあって自民党の迷走劇をネットで横目に仕事をしていたら、久しぶりに友人の歯科技工士がラボに遊びに来てくれた。
それはうれしいんだけど。

近況を聞いてみたら。
5月で院内をクビになっていたそうです。
今のところ失業保険が出ているそうですが。

聞けば、給料を下げたいと打診があったのだとか。
途中、離れた事はあっても20年以上勤務してきた歯科技工士を、あっさりと首にしてしまうのだから、残酷な話です。

おまけに退職金は、積み立てていたものを院長が使ってしまったとかで、一切無し。
ボーナスも出なくなっていたとかで、すでに委託を受けるラボが断りだしている状態なのに、歯科技工士の首を切ればコストが下げられると勘違いしている歯科医院はおかしいです。

そこは、私が勤めていた歯科医院の、弟のところで、開業当時はインレーやコアーを週一の休みに私が行って一日で20本とか30本をやっていたところです。
その後、院内ラボにその後輩が入って今に至ります。

よく一緒に飲み食いに行き、嫁さんを紹介したのも私と、公私の付き合い、いつも気にかけていたのですが、私自身はその歯科医院とはインプラントだとかのいい加減さに愛想が尽きて、多い時は25万以上あったお得意先でしたが切れたわけです。

その後も、後輩は院内で苦労し続けてきたのですが。

息子が歯学部を出て、今は土曜日だけ来ているのだとか。

歯科技工士も若い世代に託すと言うのなら、まだ救いはありますが、若い人が居ないのが現実でしょう。

友人はまだ50になるかならないか、まだまだ働かなきゃ生活が出来ないし、何より長年にわたって仕事をこなしてきたわけです。 大事な戦力だと思うのは私ら歯科技工士だけなのかもしれません。

生み出す価値を考えればクビにする理由は思い当たらないのですが、実際には保険技工の不採算を理由に、また、私自身感じている歯科医師たちの保険離れ、旧来の銀歯中心の補綴離れを思えば、院内ラボの歯科技工士もエコじゃないと言うことなんでしょう。


私が居たところでは、子供を二人歯科医師にして2億を越える借金が残っています。
後輩が居たところは歯科医師にしたのは長男一人ですがそれでも1.5億の借金を背負っているとか。
皆が目の色変えて、金、金、金となっているようです。

車は13年以上と言うなら、歯科技工士は25年以上前の型でも、十分使えると思うのですが、潰しちゃうんですね。
少なくとも車だったら買い替えに補助金も出るし、減税もある、かりそめでも。
しかし、現役バリバリの歯科技工士を潰すギコウポイント制度には、補助金もありませんし減税もありません。
代替のエコギコウシもハイブリッドギコウシも無いんです。
資格が無いことが資格のギコウジョシュもまだ実現して無いのです。

一つあるとしたら、日技が必死に隠そうとしている厚生労働省との協議内容に入っているのかもしれませんが。

やめて良かったんだよ。
心の中でそうつぶやく私です。

| | Comments (0)

July 16, 2009

やっぱりか。 全然エコじゃないエコカーとエコポイント。

詳しくはきっこのブログ
をご覧頂くとして、なんで自動車メーカーや家電メーカーばかり助けるんだろう?

裾野が広いとか、雇用が大変だって言うけれど、派遣切りの元凶を、もうさんざん首を切った後の、うほうほ言ってるところを助ける意味が無いと思ってた。

大体高いものにだけ補助金だ減税だっておかしいよ。
今の生き辛さは生活の辛さとでも言うか、誰もが負担せねばならない事になっている、年金や社会保障費や医療保険負担とそのほか税金と言うものが、収入に対して負担が大きすぎるからであって、車や家電を買える世帯や高収入の人たちには関係の無い話だ。

将来の税金負担を上乗せしてまで助けるべきは、一体どんな人たちがふさわしいのだろうか。

同じ補助金を出すとか、減税すると言うなら、医療にだって出して欲しいし、介護の現場だって同じだろう。

なぜ特定の業種だけ??

失業者や派遣をきられた人たち、生活保護も無く、母子3人で必死で暮らしているような家庭は、エコカーもエコポイントも一切意味が無いんだぞ。

車なんてもう一人に一台分以上があるのだろうし、古いのを無理に潰す事こそエコじゃ無いと思うな。

ポイントなんかもらえなくても、がんばって車検代を溜めて、トラに乗るぞ。 くたばれ経●連、バカヤロー●民、くされ●作め。

| | Comments (0)

July 13, 2009

政権交代前夜

都議選の結果が出ました。
ごく私的には、外向途中に八王子市内のR16号線片倉駅近くの信号で見かけた自転車部隊が気になったので、結果を見ていたんですが、見事落選のようです。 無所属と言うのは対決軸が明確な場合、プラスには働きませんね。

民主党が第一党に躍進しましたが、気味が悪いのはやはり公明党の存在。
見事なまでの全員当選・・・
まるで北朝鮮や中国だわ。

ま、学会があちらの人なんだから当然か。 
マスコミは公明党の選挙運動を当たり前に書いてますが、あれ政教一致の証拠じゃないですかね??
学会を宗教団体として認定しているのは、都議会だけなんだから、今度こそこの問題にけりをつけてくださいとお願いしたくなります。


さて、麻生さんが解散を決意したとの報道が出ています。
やっととるべき道を歩む決意を決めてくれたのでしょうか。

これほどまでに見え透いたこれまでの与党による弥縫策や言い訳が、後2ヶ月の間に国民の脳裏から綺麗さっぱり無くなるとでも思っているのであれば、解散を引き伸ばして延命をしようとする、自民党の人たちはあまりにも往生際が悪いなと思います。

どうせ、清和会の自民党から、経世会の自民党に移るだけのようなもんです。

話し変わって、核持込での外向密約など、米国では公開された外向機密が、日本では今も無いことにされています。 岸信介から続く清和会の役割は、米国のそれもCIAなどのコントロール下に日本を置く事でしたから、最も成功したCIA工作って今の日本の姿なのかもしれません。

民は寄らしむべし。 知らしむべからず。

だったかな。 国会議員や与党以上に、上の言葉を守ってきたのが官僚たちでしょう。
政権交代が実現しても、官僚支配が続けば、あることも無いといい続ける硬直化した日本支配の形は変わらないかもしれません。

さて、歯科医療業界のリーダーたちは、続く首長選での民意や都議選での民意を、どう受け止めているのでしょうか。

中西さんなど、まだ自民党から出れば当選できると、会員を説得するのでしょうか。
県技のお偉方や代議員たちは、それにエイエイオーなんでしょうかね。

今からひよるのだけは止めてくださいとお願いしておきます。

午前中に記事をアップした後、ニューステロップで8月30日の投票で与党合意だってさ。
任期満了だものな。 それまでに麻生さんを変えるのかな。

| | Comments (0)

July 09, 2009

ヤマビル怖いよ~~兵庫県歯科技工士会生涯研修基本課程 7月12日(日)

最近、家の近くでもヤマビルが繁殖しているようです。 
お隣の厚木市でも山沿いの団地や住宅地で庭先まで来ているようで、自治会が対策に乗り出しているそうです。
http://www2.city.atsugi.kanagawa.jp/kankyou/inuneko/kankyo0201/page_2314.html

今週末には自治会の草刈もありますから、正直、ビビって居ます。

さて、本部HPでも告知いたしましたが、表題の講演会が行われます。
東京高等裁判所の進行協議の場に、最後まで現れなかった日本歯科技工士会の担当常務として、時見氏は何を語られるのでありましょうか??
なんとも興味のそそられる、時局にあった講演会であると思われます。

地元兵庫県のみならず、近隣に在住の歯科医師、歯科技工士、消費者の皆様、ぜひとも足をお運びになって、日本歯科技工士会の本音を聴講なさってください。

http://www16.ocn.ne.jp/~hyousigi/houkoku/gakujutsu/index.html

日 時 :平成21年7月12日(日) 午後0時30分~午後5時
主 催 :兵庫県歯科技工士会
会 場 神戸市産業振興センター
講 演 :「ハイブリッドセラミックス、セラミックスによる修復物の接着」
    ~私の材料選択や審美修復技工へのこだわり~
講 師:福山保則
     (大阪府技・日技認定講師・フロム・ワン・デンタルテクノロジー)
講 演 :教養課程「国外製作技工物の輸入の現状を探る」
      ~厚労省見解や裁判判決がどのように影響してくるか、
      そして今後の対策~

講 師:時見高志 (日技常務理事)
取得単位:5単位


ところで、訴訟当事者としては、平成17年9月8日医政発第0909001号厚生労働省医政局歯科保健課長名で出された通達の影で、どのような事が行われ了解されてきたのか興味があるところです。
要請への回答にあるように日技と厚生労働省、日歯とのでのなんらかの協議及び同意は存在すると思われます。

そこで、様々な要件を加味して纏めたフィクションをこちらに紹介させていただきます。

歯科技工の海外委託その裏に存在するもの

諸般の事情により、ただいまリンクを切らせています。
近く、我が喜怒哀楽HPにて再掲載の予定です。

| | Comments (0)

July 07, 2009

違法入れ歯断固阻止・歯科医療を守る国民運動推進本部

この一週間ほど、担当するHPの更新に没頭してきました。
違法入れ歯断固阻止・歯科医療を守る国民運動推進本部

HPのアクセスがあまり伸びていないのは、やはり私の力不足でしょう。
旧HPのトップページは記事を前面に押し出して、とにかく一つの記事をしっかり読んでいただきたいと、くどいくらいの文章主体で構成してきました。

しかし、やっぱり読むのは大変ですね。
ただでさえくどいG3の文体です。 最後まで読んでくれる人は多分居ない・・・・


とりあえず、トップページだけは見出し主体で、情報の所在や内容が一覧で分かるように「した」つもりです。


もっともサイドや下の部分は相変わらず長文が続きますが。

ところで秋元さんのコップの外の嵐が連載を終えたようです。
最終稿は歯科技工士の崩壊で歯科医療が終焉を迎えたと言う内容だったような。

昭和30年の歯科技工士法発布以来、歯科医技工士と言う有資格者、歯科専門職により支えられてきた、皆保険の歯科分野、メタボンやデンチャー、銀歯、差し歯中心の歯科補綴に依存した歯科や歯科技工の医療ビジネスモデルは、今後、有資格者が激減することや、皆保険の見直し、海外資本の進出で、サブプライムローンよろしく
崩壊するのでしょう。

わけも分からず崩壊するより、何故こうなったのか、責任の所在はどこにあるのか、ほんとうに歯科医療はお終いなのか、そんなことを知る機会を設けたいですね。

昨年8月の3日に三軒茶屋で行ったシンポジウム。
二回目を今度は九段会館で行うことになりました。 
ご支援ご協力をお願い申し上げます。            久保田哲哉

| | Comments (0)

July 01, 2009

みんな繋がってんだぞ。 いまさら選挙の顔を変えたってなあ。

もう忘れちゃったかもしれないが、今の麻生さんは解散を打てなくなった福田さんの代わりとして、選挙管理内閣を立ちあげた人でしょ?2005年の総選挙以降で小泉さんから安部→福田→麻生。
おいおい4人目だぞ。

5匹目のドジョウ?5度目の正直?
どっちにしろ、そのまんま東だとか枡添だとか小池女史だとかに自民党の顔を挿げ替えても、流石に国民も馬鹿じゃあるめえ。

麻生さんのその人事手段は、なんとなく青年会議所の流れつーか、楽しかったJC活動を国家運営に使っちゃった感じな訳だ。

例えば甘利さんは相模原JCのOBで、私も相模原の例会で見かけたことがある。
現役時代なら武勇伝になるだけの女性スキャンダルで内閣の副長官を首になった鴻池さんは、麻生さんと同じ会頭経験者。 だから中々切れなかったんよね。 みんなJCの時から一緒にやってることだしね。

ウシオ電気の牛尾先輩も確か歴代会頭の一人だが、なんでも麻生さんやちびって辞めた安部さんの親戚で、麻生会頭生みの親だそうだ。

郵便会社の西川を首に出来なかったのは、西川社長の生みの親が、その牛尾先輩で、西川の首を取ることは、親戚で会頭にしてもらった牛尾先輩の顔に泥を塗ることになるから、鳩山さんを切ったんだとか。

中川昭一さんも酒でらりってやめたばっかだけど、もうみんな忘れちゃってるな。
大臣辞めてみそぎすんだもんな。 乾杯してるらしいよ。
酒の上での武勇伝は、JCの伝統みたいなものだから、JC経験者じゃなくっても、甘いんだよね。
わたしも酒は好きだしね。
でも限度を越えちゃだめなのはまさにJCで学ぶべき事であってね、現役の時にたくさん恥をかいて経験つんで普通じゃ学べない事柄も学んでね。
JC卒業してからこそ恥をかかないようにするのだと教わって来たんだけどね。

JCの中のお友達感覚が染み付いちゃうと、どうも馴れ合いで国政までどうにかなっちゃうと勘違いしちゃうのだろうか。
森 きろう元首相の息子さんも、石川JCの理事長とかに御輿でなって、散々悪さをして親父に後始末をしてもらってたな。

一般のメンバーやOBは、例えば厚木のB級グルメの仕掛け人のように本気で町おこしや自己研鑽をそれこそ心血を注いでやっているのだけれど、日本青年会議所クラスのメンバーになると、政治家になるとか経団連の役員になるのが規定路線のような人達がトップを仕切っていて、一般メンバーはまず入ることもない、ホテルのバーとかで付き合いを深めていくわけだね。

麻生さんの人事掌握術はそんなJCトップクラスでの付き合いの延長だから、お得意のべらんめえ調も、そうすりゃJCの下っ端会員が感激して、それこそ金正日の如くを賞賛されたもんだから、そん時の成功体験の延長にあるんだよな。

とにかく日本人はおいらなんか特にそうだけど勇名人に弱い。

TVに出てればそれだけで信任投票しちゃいそう。

そのまんま東も今でこそ宮崎県知事とかで下手に出てるけど、本心は淫行条例違反で逮捕されてるおっさんのまま。 JC的自民党なら武勇伝ですんじゃうし、頭はいいから計算はちゃんとしてるべ。

とにかく、自民党の若手とかが、改革政党だとか言っても、政治は政治として、日本の官僚支配は何一つ改革されてないから、自民党の顔を挿げ替えても、日本の生き難さ、閉塞感は変わりはしない。
それを忘れちゃあだめだ。

JCのそれもトップクラスの利権にある人だとか、経団連とか、労働貴族とか官僚システムとか、要は日本の特権的なところに繋がっている人達にとっては、お仲間でいる限り、日本は良い国で住みやすいだろうけど、そうじゃない大半の国民にとっては、国民年金も厚生年金もないも同然、医療はその時の懐しだいで、下手に障害を持ったり後遺症を残したら、死んだ方が良かったと後悔するだけの国になりつつある。

それに不満や、疑問を持てば、だったら戦争になったら誰が助けてくれるのだと、恫喝する。
どのみち、どうなっても最初に踏み潰され殺され、人間の盾にされるのは利権も繋がりも金もない国民だよ。

叩かれ責められる側からすれば、麻生さんも金正日さんも、米国のハゲタカファンドや権力者も五十歩百歩の事でね。

とにかく、泣いても笑っても衆議院議員の任期は9月10日までしかない。
それまでに絶対忘れちゃいけないのは、年金を食い物にしてきたのは官僚システムだし自民党、医療崩壊を起こしたのも米国の言いなりで骨太の方針にしちゃった小泉と竹中と自民党、北朝鮮利権やなんかが出そうになってちびって辞めたのも安倍自民党、現時点での民意である参院野党の反対で法案が何も通らなくなって解散もうて無くて福田が辞めたのも自民党。

それを継いで選挙を打つはずが、やっぱ勝てないと選挙から逃げ回ってきたのが麻生自民党。
とにかく忘れるなってことだよ。


| | Comments (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »