« やっぱりか。 全然エコじゃないエコカーとエコポイント。 | Main | 歯科のルートマップ »

July 17, 2009

13年以上前の車は潰しちゃう訳だが。 古い歯科技工士もエコロジカルに使い捨て。

エコカー減税とか言うのは、まだまだ十分乗れる走れる車も、一律13年以上前なら潰してしまってください、ついでに買い換えてください、そのためのCO2消費には目をつぶって、投入した赤字国債はお後にお支払いくださいっていう法律だったわけだ。 きっこさんありがとう。


なんだかなあって自民党の迷走劇をネットで横目に仕事をしていたら、久しぶりに友人の歯科技工士がラボに遊びに来てくれた。
それはうれしいんだけど。

近況を聞いてみたら。
5月で院内をクビになっていたそうです。
今のところ失業保険が出ているそうですが。

聞けば、給料を下げたいと打診があったのだとか。
途中、離れた事はあっても20年以上勤務してきた歯科技工士を、あっさりと首にしてしまうのだから、残酷な話です。

おまけに退職金は、積み立てていたものを院長が使ってしまったとかで、一切無し。
ボーナスも出なくなっていたとかで、すでに委託を受けるラボが断りだしている状態なのに、歯科技工士の首を切ればコストが下げられると勘違いしている歯科医院はおかしいです。

そこは、私が勤めていた歯科医院の、弟のところで、開業当時はインレーやコアーを週一の休みに私が行って一日で20本とか30本をやっていたところです。
その後、院内ラボにその後輩が入って今に至ります。

よく一緒に飲み食いに行き、嫁さんを紹介したのも私と、公私の付き合い、いつも気にかけていたのですが、私自身はその歯科医院とはインプラントだとかのいい加減さに愛想が尽きて、多い時は25万以上あったお得意先でしたが切れたわけです。

その後も、後輩は院内で苦労し続けてきたのですが。

息子が歯学部を出て、今は土曜日だけ来ているのだとか。

歯科技工士も若い世代に託すと言うのなら、まだ救いはありますが、若い人が居ないのが現実でしょう。

友人はまだ50になるかならないか、まだまだ働かなきゃ生活が出来ないし、何より長年にわたって仕事をこなしてきたわけです。 大事な戦力だと思うのは私ら歯科技工士だけなのかもしれません。

生み出す価値を考えればクビにする理由は思い当たらないのですが、実際には保険技工の不採算を理由に、また、私自身感じている歯科医師たちの保険離れ、旧来の銀歯中心の補綴離れを思えば、院内ラボの歯科技工士もエコじゃないと言うことなんでしょう。


私が居たところでは、子供を二人歯科医師にして2億を越える借金が残っています。
後輩が居たところは歯科医師にしたのは長男一人ですがそれでも1.5億の借金を背負っているとか。
皆が目の色変えて、金、金、金となっているようです。

車は13年以上と言うなら、歯科技工士は25年以上前の型でも、十分使えると思うのですが、潰しちゃうんですね。
少なくとも車だったら買い替えに補助金も出るし、減税もある、かりそめでも。
しかし、現役バリバリの歯科技工士を潰すギコウポイント制度には、補助金もありませんし減税もありません。
代替のエコギコウシもハイブリッドギコウシも無いんです。
資格が無いことが資格のギコウジョシュもまだ実現して無いのです。

一つあるとしたら、日技が必死に隠そうとしている厚生労働省との協議内容に入っているのかもしれませんが。

やめて良かったんだよ。
心の中でそうつぶやく私です。

|

« やっぱりか。 全然エコじゃないエコカーとエコポイント。 | Main | 歯科のルートマップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やっぱりか。 全然エコじゃないエコカーとエコポイント。 | Main | 歯科のルートマップ »