« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009に作成された記事

August 29, 2009

歯科技工士法は需給調整や診療報酬調整の方便ではない 。

昭和63年5月厚生省告示第165号は、巧妙に仕組まれたある意図を持って発布されたのではないかと言う疑問をぬぐえない。
歯科診療報酬が発足時から内包してきた、診療報酬面での医科歯科格差を指摘、あるいは訂正する事は、厚生省としてはどうしても飲めない提案であったのではないか。

日本歯科医師会と日本歯科技工士会の料金問題での対立のみが注目され、歯科技工士の保険点数上の独立した評価を確立すると言う本質的な目的は、大臣告示の文言に埋め込まれた「おおむね」という言い回しや、そもそも製作点数と製作管理としてそれぞれを7:3の比率で分ける事で、胡散無償してしまったと言える。

今、再考しても大臣告示には厚生省側の料金算定の根拠を明文化されることにより、診療報酬算定の過程や、作成コストと言うはっきりと明示できるものが、算定の根拠にされる事を避けたい、末端からのボトムアップによって、実質的なコストが積み重なる事で診療報酬が決定される事を何が何でも避けたいと言う、厚生省のあるいは国側の算盤があったのではないか。

歯科は、医科と比較しても、コストを算出あるいは表示しやすい。 ホテツで言えば委託技工料金は、まさにコストそのものである。
それを、歯科技工士側が精査し、積み上げて算出して技工料金として中医協や国会、委員会などで記録されてしまえば、厚生省側も安易には否定できなくなる。
歯科医療費の増大を嫌った、厚生省としては、明確な数字の出されるホテツの製作側の位置づけは、診療報酬の算定がガラス張りになってしまうと言う事なのだろう。

それ故、一見すれば市場価格を参考に、実際の診療医報酬に反映されていると言う、説明が意味を持つのであるが、それが、診療報酬の増加をなんとしてでも阻止したい、診療報酬をコントロールしたい側からすれば、何が何でも歯科医師と歯科技工士とが技工料金の面では相反する、対立する構図が必須条件であったのではないか。

それを巧妙に誘導、あるいは演出する為に、疑義解釈なども前もって担当課長や日本歯科医師会役員との間で、事前に仕組まれていたものではないのか。

それから20数年が経過し、厚生省の思惑通りに、日本歯科医師会と日本歯科技工士会、そして末端の歯科医師と歯科技工士とは、技工料金面で対立を続け、
双方の利益を食いつぶしあい、実質的にはチェアサイドでの治療行為と、技工士側の作製行為は別体の行為でありながら、歯科医師の裁量権であるとか、一連の診療行為であると言う表現で、互いの足を食い合うような不毛な対立を余儀なくされ、片一方である歯科医師画が裁量権に守られて居るがゆえに、歯科技工士法 第18条に縛られた歯科技工士は従属するしかなく、圧倒的な搾取を跳ね除ける事が出来ないままにきた。

歯科医師は、料金問題では眼下の敵とした歯科技工士に対して勝ったと錯覚したのであるが、実は、その事によって合理的な診療報酬増額の手段をも失った事に気がついていない。

また、厚生省は歯科医療費増大を危惧して、圧縮のためにこのような対立の様相を利用していながら、一方では将来の歯科医療費増大要因となる、歯科医師の過剰養成については放置し続けてきた。

厚生省がとったこの二つの要因が、図らずもどちらの職種も後継者が今後、急激に減少する、歯科技工士に限って言えば、数十年後には完全に途絶えると言うところまにまで花開いたと言う事になる。

厚生省は厚生労働省となった今も、歯科医療費の増大と歯科医師の過剰養成と、歯科医師需給課題に対して、歯科技工士という存在やその根拠である歯科技工士法の形骸化という手段を持って対処しようとしているのではないか。

私たち歯科技工士の存在は、暦として 歯科医療を支え、国民の安心安全な生活に付与してきた。 それは歯科技工士法というこの国が定めた法律によって行われてきたのである。 
本来正当に受け取るべき権利がある診療報酬を恣意的に誘導するためや、国の失策である歯科医師の需給問題解消の手段として歯科技工士や歯科技工士法を官僚の道具とすることは許されるべき事ではない。

このような事態を招いた日本歯科医師会、日本歯科技工士会関係者は猛省し、過去の責任を謝罪するべきである。
また、国や厚生労働省は、法律である歯科技工士法の主旨を尊重し、誤った行政判断を即刻修正するべきである。

| | Comments (0)

August 24, 2009

国民はブレてなどいない。

前回総選挙での自民、なんみょう党の大勝から、今回総選挙では野党側の圧勝が予想される。

これに対し、国民の投票動向がブレたとか、変わったとか思う人も居るだろうし、そう言って要は民意がいい加減なんだと自民党などは指摘したいだろう。

しかしそれは違う、見当違いも甚だしいと思う。

民意というか、国民の願いは普通に幸せに暮らしたい、安全、安心な日本という国で暮らしたいというだけではないのだろうか。

だからこそ、小泉の構造改革だ、郵政だという言葉を、日本が当時既に覆われていた不況感、不公平感から脱却し、良くなると信じたから与党側に投票したのである。

しかし、その後4年間で良くなるどころか小泉のワンフレーズ、竹中の嘘八百のメッキが剥がれて、与党側のそれも構造改革派とか利権に群がる輩や官僚や公務員たちのやりたい放題に気づかされてしまえば、もう国家の嘘にはこりごりだ、既得権に凝り固まった政治家や業界のひも付き議員、族議員にはうんざりだと言う気持ちが芽生えてきているのだと思う。

その気持ちがあれば、次の日曜日にははっきりする民意として、前回同様にブレてなどいないない、

普通に幸せに暮らしたい、安全、安心な日本という国で暮らしたいという民意が示されるのだと私は信じている。

何も大金が稼ぎたいわけじゃない、贅沢三昧がしたいと願っているわけでもない。
そりゃ、宝くじでも当たればあれが欲しい、これがやりたいと夢想する事もあるけれど、それはあくまでも見果てぬ夢。 想像で幸せになれれば十分。

現実は、そんなに簡単には変わらないし幸せにはなれないかもしれない。
しかし確実に既得権や利権や官僚支配というこれまでタブーとされたベールが剥がされて行くはずだ。
そして国民もあの時に、ブレずに普通に幸せに暮らしたい、安全、安心な日本という国で暮らしたいと願って良かったなと思うときがくるだろう。

私はいつも通り投票に行く。 日本ために。

| | Comments (0)

August 23, 2009

とっくに起きている歯科技工士不足。 見えてないのか隠したいだけなのか・・・

第二回歯科技工士シンポジウムが無事終わった。
今回の参加者は108名。


P1010419




Sinpo21


くしくも仏教が言う、人間の煩悩の数と同じであった。

詳しい内容の報告は他の方に譲るとして、感じた事を書きます。

会場を見回しても、高齢者が多いのでした。

多分、多くは歯科技工士なのだと思いますが、若い人たちがまったく参加されていなかった訳ではありません。

実は若い参加者は歯科医ばかりだったようなのです。

海外委託がテーマの訴訟ではありますか、本質は技工問題、それも国内の技工問題であることは、多少なりとも背景を知るようになれば容易に想像できる事なのです。

日歯も日技も表だっては触れたく無いのです。

特にある程度年輩の歯科医たちには、自らの宿悪に直結しますから、口をつぐみたいのも致し方無いのかも知れませんが、その態度が結果的に若年歯科技工士の減少を招き、歯科技工士の年代構成をいびつにしているわけです。

そうなればどうなるのかと言えば、若い歯科医達は同年輩の話しあえるような歯科技工士が身近に存在しないとなるわけです。

そうなのです。 日歯は何も言いませんが、若い歯科医達からすれば、補綴のカウンターパートとしても或は診療のパートナーとしても歯科技工士不在は現実問題であるのです。

日本歯科医師会が若い歯科医達が迎えている歯科技工士不足と言う現実に向きあわないままに、国がなんとかしてくれるだろうと、無視を決め込めば、その付けを負うのは、もはや棺桶に片足を突っ込んでいるような、老齢の歯科医ではなく、危機の本質は何なのかを知ろうとして会場に来られたような、これからの歯科医療を担う若い歯科医達なのだと言う事です。



P1010437

最後に会場から質問なさってくれた方は、昨年の三軒茶屋に続いての参加でした。
当初、言われて、歯科医師かと勘違いしていましたが、歯科技工士さんです、立っていただけてよかった。


この一年間で、歯科技工士の問題は歯科医師自身の問題でもある事を、少しでもご理解いただけたらと思いました。

とまれ暑い中、九段会館までご足労いただきましたすべての皆さんに、本部の一員として厚くお礼申し上げます。

                                        久保田 哲哉

| | Comments (9)

August 21, 2009

ありえないことが起こる?

小野寺さんのメルマガで、今週末あたり、よからぬ事態が起きる可能性が指摘されています。

政権交代を阻止する為の、およそありえない事態。


大気中のイオン濃度もひどく気になります。


明日は自治会の納涼祭、明けて日曜日は東京の九段会館で第2回歯科技工シンポジウムです。

正直、何も起きない事を祈るばかりです。

| | Comments (0)

August 20, 2009

ご法度かな。

選挙期間中なので、話題をそっちに振る事はできませんね。

当たり障りの無いところで、新型インフルエンザ。
高齢者の中には免疫?があると言うような話もありましたから、昔のものが再流行したんですかね・・・

どこかの研究所に保管されていたのを、誰かが流したんだとかであれば、まるで小説だ。

そんなうがった見方で言えば、総選挙の告示にあわせたかのような、日本国内での流行は、
疑いだしたらきりが無いのですが、絶対に無いとも言えないのです。

よっぽどの事を起こさねば、ひっくり返せないとなれば、それをやってのけるのが権力と言うものでしょうから。

収監で植草さんの口を封じて見せたのも、同じ筋からでしょうか。


さて、久しぶりの更新です。 夏休みも蟄居しておりました。 
この何日か、公開をためらっていた一文を復活させるために、あれこれ加筆していました。
我が喜怒哀楽HPにございます。

皆さんの後押しもあって、昨日から公開しています。
ご助言いただいた皆さんに深く感謝申し上げます。

結論があってないような駄文ですが、ご一読願えれば幸いです。

「一切皆苦」

悟りには程遠い私ですが、苦を苦として受け入れたときに、すっと解けてゆくような気がしなくもありません。

人は誰しも一生の苦から逃れられない。

ならば受け入れればいい。 苦から逃れようと転嫁すればするほど、それはそれ自体が万物を飲み込んで転がりだしてしまう。

歯科の苦痛が私の苦痛なのであれば、それはまさに転嫁した結果なのだろう。

| | Comments (0)

August 05, 2009

10年先が読めるのだったら。

私立歯科大学協議会が毎日新聞に全面広告を打ったのだそうだ。

私歯大協、歯科医の生活苦を訴える意見広告(毎日新聞朝刊2009.7.28.)

ここに来て学生が集まらず、歯科大学も廃校や閉鎖の危機に直面し、背に腹は変えられないとなったのだろうか。

その中で面白いのは、6年後から歯科医師が減り、9万7000人いる歯科医師が10年後には7万人に減ってしまうから困るだろうと言うくだりである。

ふーん、今後6年間に増えることは無いのか?今の在学生が順調に卒業し、国家試験による足切があるにしろ毎年1500人から2000人は歯科医師が増えると思うから、
最低でも9千人は増えちゃうのだと思うけどな。
それとも、6年間で9000人の現役歯科医師が消えちゃうって言うことかな。

消える事にされている歯科医師の皆さんがかわいそうだよ。
それでも増えるのと同数だから年間1500人だわ。 それがその先4年間で、え?2万7000人減るの?
年間6750人だわ。 すげえ。

しかしなんか変だ・・・

これはもう自然減と言うより、殺戮、殲滅ですよ。 それを私立歯科大学協議会が予想していると言うわけだ。

現役歯科医師たちの感想としては、そんなの私歯大協の自業自得だと言う意見が大半ですが、
そりゃ当然でしょう。

入学させるまではどんなできの悪い生徒でも蝶よ花よとおだて上げ、入ってからはじしょもひけない子供らを、たった6年間で学士さまに育て上げ、
とりあえず国家試験に受かりそうなら卒業させてしまう。
しかし、国家試験の合格保障は無い。 
それが合格率42%とやらの見事な成果となって、流石に高校生たちも学習する。 じしょがひけなくても携帯くらいいじれるもんねえ。

少なくとも、歯科業界の現状や、歯科大卒業生の動向を調べているだろう、進学希望の高校生やその親たちからすれば、
言われるようなバラ色の進路があるなら、じゃあなぜ9万7000人が7万人になっちゃうの?、
そも6年後にも同じ条件だといえるのと思ってしまうだろう。


笑えるのは、6年後或いは10年後の歯医者さんの予想が出来るなら、今現在、とっくに壊滅している、
歯科技工士の状況を、10年前に予想できなかったのかと言うこと。

そんなんとっくに予想されているんですけどねえ。 私歯大協のみなさんも、日本歯科医師会の皆さんも、
歯科技工士問題は見てみぬ振り、逆に叩く事しかしてないんですねえ。

ま、歯科技工士問題は今まさに高齢化に直面している50代以上の団塊世代の歯科技工士自身が、
目先の利ばかり追いかけて、大きな歯科技工士としての利をほっぽり出してきた事にも大きな理由と言うか責任があるわけで、
それについては言い訳など出来ないと思っています。

とにかく、歯科医師に先立つ事10年。 歯科技工士の自滅は現実となりました。
毎日新聞に掲載された私歯大協の広告が吉と出て、私立歯科大学の入学者がちょっぴり増加に向かっても、
案外、現役歯科医師の殺戮や殲滅は進んでおらず、卒業生が向かうのは更なる弱肉強食の世界だったりしてね。

蛇足ながら、歯科技工士の増加は先ずありえません。 ただでさえ単価が低いところに、
補綴需要も激減していますから、保険補綴を地道に受ける個人ラボは6年後を待たずに激減しているでしょう。

大手といえども、新卒補充もままなりませんから、技工助手に期待するしかありませんね。

なにかあっと驚く提案が出てくるのかもしれませんが、残念ながら殆どの現役歯科技工士にはそのような話のはの字にも関わっていないのです。

| | Comments (2)

August 04, 2009

選挙の前に忘れて欲しくない事実

電通という企業が情報操作をしている限り、国民はマスコミを通して本当の情報や真実に接っする事は無いのかもしれない。

実際のところ、私が購読している東京新聞にしても、特報面などでは結構食い込んだ取材や記事を手がける割に、
肝心のところでは自民党やなんみょう党の問題は掘り下げないし、追求もしない。

例えば民主党の出したマニュフェスト(要するに公約でしょ、公約でいいのになあ。 
それとも膏薬だと腐臭ぷんぷんだからかしらね)に対し、社説などで財源の裏打ちが無い、
財源が問題だと分かったように書いているが、
じゃ、これまでの自民党政権には財源あっての政策遂行だったのかと検証するのかと思えば、
そんな事今まで一回もなかったように、アンタッチャブルな様子。

あのさあ、自民党に或いはなんみょう党と連立した与党に、そも財源や税収の裏打ちがあったと言うなら、
何も、赤字国債を乱発する必要もなかったはずじゃないのか?

なぜ、マスコミは分かりきったそのことを指摘もしないのか??
自民党、与党に突きつけないのか?

結局、これまで自民党をのさばらせ、なんみょー学会にはたっぷりの広告料を出してもらい、
なんみょー新聞の印刷も発注してもらいと言うように、
公平な報道なんか出来ない現実を読者に言うことも出来ず、あげく、
紙面を使って洗脳を続けてきた事実を晒されたくない・・・・・・

そんなところかな。

今後、日本でも中国並みのネット規制が、総選挙にあわせて敷かれないとも限らないが、
個人の口を物理的に塞ぐと言うことは、国は(牛耳る物の怪は)やってのけたわけだ。

★>政府関係者は植草さんに手をかけてはいけない!!【神州の泉-高橋博彦】

| | Comments (0)

モラルって当たり前の感覚でモノが見られるかどうかだと思うが。 

控訴審の結審が近いからだろうか、ネットの上はものすごく静か。

結審ですべてが終わると言うわけではなく、むしろ訴訟が社会に突きつけた様々な矛盾や問題点は、歯科医療のこれからを、歯科医療者と国や関係者だけで解決しようとすれば、国民には不利益しか残らないだろうと言う、歯科医療者が国民に対しては絶対に認めたく無い知られたく無い事実が残るのみ。

今のところ、自粛と言うか、封印している「歯科技工の海外委託 その裏に存在するもの」ですが、先の記事で話題にした某歯科ネット会員だと言う某氏の立ち上げた会のような事までは、想定していませんでした。

元某歯科ネット会員で、現原告団の一員である私としては、かようなHPの内容に対して、複雑な気持ち、はっきり言ってふざけんなよと言う思いしかございません。

裁判の最中でもありますので、放置する以外に原告団には方法がございません。
それでも、本部HPで脇本代表が表明しましたように、訴訟とは一切関係が無いことであります。
では、某歯科ネットさんも、言われるように一切関係ない事だと言ってくださるのでしょうか。

そのような声明が某歯科ネットさんのHPに出ることを期待しておりますが、どうやら某歯科ネット会員だという方のHPの問題点について何も感じられていないようです。

何が、問題で、何が私の不快感の理由なのか、それについては加藤さんがご自身のブログではっきりと述べてくれています。

★何でも、お金につなげますか? 悲しい・・・。

裁判の仲間や、支援いただいている皆さんは、自分の働きを誇ったりお金に換えたいと思うようなことは一度足りとても無い、それぞれが国民の為にある歯科医療と歯科技工士としての働きを、これからも国民の皆さんの傍にあるものとして伝えて行きたいからこそ、多くのメンバーが持ち出しであり手弁当でがんばっているのです。


日野市議会で全国に先駆けて採択された海外委託に対する要望書も、ある歯科技工士が何か出来ないかと友人の議員さんらに働きかけて実現したもので、何らかの見返りを期待してのものではありませんでした。
歯科技工士の危機感が、市民の危機感とシンクロしたからこその市議会での採択、全会一致だったと思います。
そこに、新しいビジネスだなどと言う、下心があったとしたら、私はこの事を広めようとか伝えようとかは思わなかったはずです。
それは、某歯科ネットの仲間で広めてくださった皆さんも同じであったと信じています。

そのような要望書や、マスコミの記事、訴訟の記事や資料が、加藤さんも述べられているようにはっきりと営利目的で某歯科ネット会員のHPで利用されているのです。

加藤さんの記事を読んで、不覚にも涙が出てしまいました。
それは、「何か、引っかかる気持ちもありますが、」と書いた私の気持ちをしっかりと読み取ってくださったからでもあります。
しかし、涙の理由はそれだけではない、某歯科ネットのみなさんにはその意味を一日も早く汲んでほしいなと願うばかりです。

今も、件のHPは臆面もなく放置されたままです。


| | Comments (2)

August 01, 2009

お詫び

WEB歯科技工士会の昨夜の記事を読んだおおつかさんから連絡があって、みな歯科は関与していないとのことでした。
私はその言葉を信じたいと思います。

深読みしてしまった事に関しては、お詫び申し上げます。

しかし、このような動きが出ることが予想されていた事だとは言え、訴訟関係者が認定する側になるとか、みな歯科の会員などが認定する側になると言うのも、自分で自分を審査認定するようなものですから、あってはならない事だと思います。

私たち歯科業界に実は自浄作用など期待できない。
だからこそ社会的、国民的なコンセンサスをもって、業界の自浄とモラル構築を図るべきだと考えます。

そのためにこそ、控訴審、東京高裁山崎裁判長らの提案された進行協議の場で、国民や消費者、患者さんらを交え、国や厚生労働省、日本歯科医師会、保険医団体連合会、日本歯科技工士会、日本歯科衛生士会や患者さんの会などに広く参加を呼びかけて、国民の皆様のお口の安心安全を協議する場を設けましょうと訴えたのです。
これは個々の歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士に対してもまったく同じ意味で、呼びかけたものです。

歯科技工士会の会員であるならば、先ずそこにビジネスを見出すのではなく、国民的合意を開かれた場所で協議するために、日本歯科技工士会に働きかけていただきたかったわけです。

現に、脇本代表らの働きかけに応じて、全国で32に上る県歯科技工士会が、訴訟への支援を議決し、日本歯科技工士会に対し、働きかけをしてくれています。

http://d-s-n.info/index.html

問題のHPのURLを貼ります。

訴訟は、この会とは関係がありません。
会を呼称していますが、歯科技工士が立ち上げた営利企業が行っているコンサルタント業務の延長です。

正直、訴訟を商売に結び付けて欲しくはありません。
断固阻止HPには、無断リンク禁止の一文は入れてありません。
そのように利用される事を想定していませんでした。
よって、歯科技工の海外委託問題訴訟原告団も、その支援する会も、断固阻止・歯科医療を守る国民運動推進本部も、紹介した会とは一切の関係がございませんので誤解のなきようお願い申し上げます。

| | Comments (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »