« 形だけきつく縛っても、それは責任逃れに過ぎないと見るべきだ。 | Main | 存在の証明  »

October 11, 2009

歯科医療における、それぞれの責任を明確にすると言う事。

前記事で責任逃れに過ぎないと書きましたが、では誰がと言う説明が足りていないでしょう。

歯科医療ひとつとっても、関わる人や組織は多く、それぞれがそれぞれの責任を負う、果たさねばならないのは当然ですが、歯科技工所の設備構造基準や品質管理基準を一応のテーマとして書いていますので、その意味で書き進めていきます。

これ、いつもそうですが、書きながら考えをまとめて言っていますので、脱線や回りくどいところもありますがよしなにと言う事で。


ニワトリが先か卵が先かと言うような論調になってしまいますが、しばしご容赦を。

|

« 形だけきつく縛っても、それは責任逃れに過ぎないと見るべきだ。 | Main | 存在の証明  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 形だけきつく縛っても、それは責任逃れに過ぎないと見るべきだ。 | Main | 存在の証明  »