« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010に作成された記事

January 28, 2010

年間売上は減るばかり・・・

一月の締め切りが過ぎて、請求書などをやっとるわけですが。
売り上げと呼べるほどの金額じゃありません。
中には、暮れから締め切りまでにコアーが一本の納品しかない歯科医院もあったわけで。
歯科の需要は冷え切って居ますね。


そんな中、いくつかの指標が出ています。

日技アンケートの結果だとか、職業別の平均年収だとか。

詳細は加藤さんのブログ記事に詳しいので、ご一読を。

☆日技アンケート歯科技工士の年収(追記変更)

☆歯科技工士は全129職種ランキングで何位?(厚生労働省調べ)

言い訳になるが、営業努力や技術的な向上心を持ってしても、今の歯科需要の減退、景気状況、歯科不信には弱小ラボには抗いがたく、直撃を受けざるをえないように思う。

そこにプラスして歯科意識の向上や少子高齢化が重なれば、虫歯由来か歯周病由来でしか、自然な需要が起きるはずもない歯科ホテツに、右肩上がりの需要など望めるわけもなく、どこの歯科医院もラボも四苦八苦しているのが現状だと思います。

それがわかっているからか、日技会長のおひざ元などでは、国内など相手にせず海外から受注すれば良いと営業されているようですが(そんな営業力、弱小ラボに望むべくもない)

或いは、篠田先生が日本の弱小ラボの生き残り策として提案してくれているような、CAD/CAMの末端を入れて頑張れということもあるでしょう。
しかしこれとて、虫歯や外傷によって、歯牙の欠損が起きない限り、需要は無いわけです。

まさか、これまでにやってきた治療済みの歯牙から、保険で詰めたものを撤去して、新たに入れ直せとか、再治療を強引に患者さんたちに迫るなんて言うことはできるはずがございません。

そんなの、医療者の職業倫理に外れる話です。

信頼される歯科医師Ⅱ日本歯科医師会平成20年発行
言っちゃなんですが、Ⅱというのがもの悲しい。 もしかして昭和51年2月発行の歯科医療問題の展望その1の続編なんすかねえ?
どっちにしろ、こんなの発行しても豊橋のインプラント歯科医師のニュースなどを読めば、読むだけ空しいんですが。

さてさて、虫歯や抜歯されるとか抜けちゃう事がない限り、歯科技工士はその役目を終えるときなのかもしれません。

私たち歯科技工士が一人一人食えない、仕事がないと言ってもそれはエゴでしかとられないでしょう。
業界として苦境を訴えられるとしたら、それは組織だった訴えしかないしそれができるのは日技しかないということなんでしょうか。

しかし、ご存知のように日技は何もしてくれません。
海外委託の問題も含めて厚生省と協議しているとは言いますが、本当の意味で苦境を訴えているのか、そのチャンネルが存在するのかさっぱり見えてきません。

第162回中央社会保険医療協議会総会(公聴会)の概要

この資料について歯科記事などになっていますが、これを読んで皆さん何を感じているのでしょうか。

歯科技工士と歯科衛生士への言及が一か所だけあります。
この発言者が歯科医師会関係者や歯科医師、せめて歯科医療業界の関係者だったら救いはありますが、どうもそうではないようです。

このような公聴会で発言するような機会は、そもそも日技には与えられていないのかもしれませんが、しかし我々の現状を国や国民に訴えうる機会が限られている中で、何とか手立てをとしないのはもったいないことです。

それとも、厚生省と高度な内容で協議しているから、窮状を訴えるなんて必要ないということなんでしょうか。
日技アンケートの平均年収432万なんて言う、我が現実とはかけ離れた数値を出しているところを見ると、お上に対して精一杯虚勢を張って見せているのか、お上や保険者の手前、これまた精一杯の恭順の意を示しているのか。


元々会員の集めた会費も、参議院議員になりたいとか言う野望につぎ込んで恥じない人たちだから、会員非会員を問わず下々の歯科技工士がどれだけ苦しんでいようと、知ったこっちゃないのでしょうが。


所でこの公聴会で証言してくださった会社員のお方。

私どもの思いを伝えてくださって、本当にありがとうございます。
わかる人には分かっています。
心から感謝申し上げます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 26, 2010

突然の訃報 三島の渡辺さん安らかに

私がネットに入って早くからの知人に、三島の渡辺さんが居る。 いや、今となっては居たと書くべきなんだろうが。

ネットと言ってもDOSの時代で、ニフティサーブのパソコン通信からネットにのめりこんだ。

そこに歯科の親知らずフォーラム、FDNTがあって、早速入会したものだ。


そのころから何度となくやり取りをしてきた人の一人が、三島の渡辺さんだった。
インターネットでホームページ歯科臨床検討室を始めた三島の渡辺さんは早いほうだった。

FDNTでの常連だった者たちが、渡辺さんのHPの掲示板にコメントしあうようになったのも自然の流れだった。


ここ何年か、書き込みは疎遠になっていたが、雑談の部屋はたまに覘いていたのだが。

今日になって、まねきねこさんからのメッセージで21日に亡くなられたことを知った。

正直信じられない。 嘘であってほしい。

5年ほど前にハーレーでいきなりラボを訪ねたのが、実際にお会いした最初で最後の機会になってしまった。
確か私より一つ二つ上のはずで、予想した通りの温かで柔らかな物腰のハンサムガイだった。

亡くなられた理由はわからないが、心からご冥福をお祈り申し上げる。 合掌

歯科症例検討室

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TBS 報道特集NEXT 歯科技工海外委託問題や歯科技工士問題がTVに!

来る、2月6日、午後5時半からのTBSテレビ系列で放送される、報道特集NEXTの中で、海外技工の実態など歯科技工の海外委託問題や、それに関連して歯科技工士の問題などが放送されます。

これは、TBSプロジェクトチームが海外技工物の問題をきっかけに、2年間に渡って取材し追いかけてきたものです。

当日、放送局の都合で内容が変更される可能性はありますが、予定通り放送されるように願っております。

ニュースになっている豊橋のインプラント歯科に見られるように、歯科医療者の崩壊したモラルが、国が期待するほどに国民の健康と安心安全を全面的に委ねられるほどの立派なものなのかを、ぜひとも国民の目で検証していただきたいものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2010

ハイチの地震災害支援について ブログ開設しました。

以下の小澤幸子さんのmailを読んでください。


尚、多数の問い合わせに対応し、また、一時的な話題ではなく、将来的な運動の広がりの為に、小澤さんがブログを開設されたそうです。
合わせてご覧ください。

ハイチ友の会
HPアドレス http://haititomonokai.blogspot.com/


また以下の部分はフリー転送可です。
==================================================================

ハイチ友の会代表の小澤幸子です。

報道等ですでにご存知と思われますが、ハイチで現地時間1月12日夕に
マグニチュード7.0の地震が発生しました。全人口の三割にも達する、
300万人もの被災者数の推計を国際赤十字は発表しています。

現地の通信網は壊滅状態で、日本時間の13日朝から関係者に電話連絡を試みていますが、
固定電話、携帯電話ともに不通で、現地関係者の安否が気遣われております。
対策本部を置くべき政府も甚大な被害を被っており、
ライフラインの復旧には数日~数週間を要すのではないかと思います。


Continue reading "ハイチの地震災害支援について ブログ開設しました。"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 12, 2010

座して死を待つだけなのか。 今一度歯科技工の再生を

先の記事に、定遠歯研の日本代理人でもあるのだろうと思いますが、篠田鉄郎歯科医師からのコメントを頂きました。

海外委託や中国技工の輸入代行を行っている企業は多数ありますが、自費分野でのみ、歯科医師の裁量権の上で患者の同意があれば認められると言う事であり、皆保険分野も含めてそれ以外は違法だと言うのが、国の公式見解であります。

Continue reading "座して死を待つだけなのか。 今一度歯科技工の再生を"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2010

景気は気と言うが。 何はともあれ今年もよろしく。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

さしたる事件事故も起こらず、平穏な年末年始でした。
仕事の面では年末に特需など起きることも無くなり、24日には早々と年内納品を済ませ開店休業状態のまま、冬休みへと入っていました。

年が明け、箱根山登りでの山の神、東洋大柏原選手の走りに感動しつつ、人間どこまで伸びるのだろう、あの力が湧くのだろうと。

駅伝の後は、貧乏旅行ではありますが、熱海まで家族旅行をしてまいりました。
正直、お金など使う余裕は無いのですが、家の山の神にも逆らえません。
私ひとりの収入では負担できるわけもなく、且つ又、大晦日まで働いていたかみさんには頭が上がりませんわな。

ホテルは底値で素泊まりです。 驚きの一泊4400円。 場所や設備に文句のつけようがないサンミ倶楽部でこの値段。 申し訳ないような気持でした。

年末年始に暇になるのは、もう何年も続いていますから、今更焦る気持ちも無く、今も変わらぬ暮らしがある事に感謝している訳です。 それが、いつまで続くのかその不安を押し殺して。

Continue reading "景気は気と言うが。 何はともあれ今年もよろしく。"

| | Comments (15) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »