« 伊豆スカイラインを守ってください。 | Main | 日本一新の会メルマガ »

July 01, 2010

菅政権は官政権。 

参議院選挙の直前に、民主党の代表が交代し菅政権が生まれた。

誰たちがこの人を押し込んだかと言えば、やはり天皇制の元で生まれた官僚支配を脅かされた、官僚達だろう。

他に適当な人物が居なかったとは言え、菅氏が実はここまで財務省官僚に籠絡されていたとは思っても居なかったのだろうか。

菅直人と枝野、前原や野田玄葉らの発言は、完全に官僚達の考えている事にシンクロしているものと思われる。


これでは、前回総選挙で「国民の生活が第一」と謳って政権交代を果たした小沢前幹事長の立場が無い。
それは取りも直さず、その時に民主党に投票して政権交代と官僚システムから、国民に主権を移すと言う、言ってみれば戦争に負けた時にも為し得なかった、本当の意味での日本国の再出発を願う国民の立場が無いと言うに等しい。

今回もしっかりと投票させていただくが、間違っても菅と官政権に期待して一票を投じると言うような事はしない。
どの国にも官僚的な制度と言うものはあるが、日本の官僚制度は天皇制に名を借りた狡猾な官僚の自己増殖でしかない。

官僚の財布と化した特別会計や、天下り、渡りと言ったものを根絶しなければ、国の税収が国民の税収となる事など無いのだ。

国民がこんなお手盛りを許さず、意思ある政治家達が、官僚制度や特別会計を白日のもとに晒そうとした途端、今回の代表交代と首相の交代が起きた。
財務省や外務省の官僚が仕掛けたのだろう。
特別会計や郵貯の財産を、国民生活に使う位なら、米国に売り飛ばしてでも、官僚の利権と権利は米国には守ってもらいたいと言う事なのだろう。

同じく沖縄県民の苦しみや悲しみも、官僚達にはどうでもいい事なのだろう。
米国に隷属してでも天皇に名を借りた官僚天国だけは維持したい訳だから。


阿修羅

|

« 伊豆スカイラインを守ってください。 | Main | 日本一新の会メルマガ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 菅政権は官政権。 :

« 伊豆スカイラインを守ってください。 | Main | 日本一新の会メルマガ »