« 報道に変化あり。 にしても国会は動いてるのかな。  | Main | えほんをおくろう。えがおをおくろう。「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクトをスタート »

March 29, 2011

福島原発は空き缶首相と東電、原子力保安院による人災だ。

今更隠す事も無いと言うか、出来なくなってきたのだろうが、1号炉から3号炉まで格納容器の底は抜けているようだ。

メンテナンス中で燃料棒を圧力容器から出してあった4号炉だけが、底まで抜けていないと言う事らしい。
でも、4号炉は最初から核物質満載の燃料棒が出してあった訳で。

今になって初動のミスを言っても始まらないが、情報の通りであるなら、冷却用のポンプを動かす電源がダウンした時点で、燃料棒のメルトダウンまで何時間くらい持つのかを予見するべきだったと思う。
電源復旧の見込みがなければ、原子炉内の燃料棒や、冷却プールの燃料棒がどうなるのかくらいは、運転要員は理解して居るべきだった。

いや、理解していたからこそ、地震と津波の後に、原子炉の運転を終了させられなかった運転員が郡山のスナックまで逃げ出したと言う事なんだろう。

原子炉事故に詳しい米軍関係者は、すくなくとも当日中に、メルトダウンや水蒸気爆発の危険性を予見していたのだと思う。
だからこそ、早い時期でのホウ酸投入を東電や原子力安全破壊院に進言していたと思う。

しかし、原子炉の再起動にこだわる東電や原子力破壊院、官邸や原子力でまだまだ甘い汁を吸いたい天下り役員や権力者たちはこれを拒否したか、無視したのだろうね。

で、今や目も当てられない、同時に4つの原子炉が破壊されメルトダウンし、プルトニウムだなんだをダダ漏れさせている訳です。


史上最悪と言われるチェルノブイリ原発の臨界爆発事故も、発生後10日間くらいで炉心の封じ込めに入れたと言うのに、福島原発は二週間以上過ぎた今も、東電や破壊院、政府共々皆さん仲良く責任逃れのための、曖昧発表に終始し、燃料棒の状態や格納容器の状態にしても、やれ一部の損傷です、漏れているようです、炉心溶解ではありません、ちょっと溶融しているようです、です、です、デス、デス、DEATH。ありゃしんでれら・・・・・・

と言うような状態のようです。

放水や真水の注入だけで、放射性物質や放射線を外部に漏らすことなく、原子炉建屋や敷地の中で封じ込められる状況なのか、それが一番知りたい事です。

しかし、状況を見れば、東電や原子力破壊院、空き缶首相官邸には手は無いのではないでしょうか。

誰もが言うように、チェルノブイリの時と同様にホウ酸で燃料を封じ込めるしか、打てる手は無いはずなのに、東電の役員は今でも福島の第二原発を稼働させろと言う位ですから、第一原発だって廃炉にさせるなと言っていてもおかしくありません。
すくなくとも東電の役員は全員、福島の炉心で注水作業や計測に当たるべきだと思いますよ。

それにしても何故、ホウ酸投入の号令が出されないのか?

韓国政府からホウ酸の提供の記事も見ていたし、必要なら他国も協力してくれるはずです。

それもしないと言う事は、ホウ酸投入が出来ない状況にあると言うのでしょうか?


チェルノブイリの記録写真を見ると、原子炉直上にホバリングしたヘリコプターから投入しているように見えます。
原子炉もバケツの底にあるような感じで、投入されたホウ酸が簡単には周りに漏れ出さないようになっていたのだろうと思います。

福島の4つの原発の場合はどうなのでしょうか?

1,3,4号機は既に建屋の大半が吹き飛び、格納容器や炉心も溶解しているために、注水された海水や真水が、そのまま容器の周りやタービン建屋、トレンチなどから漏れ出している訳です。
とすれば、ホウ酸を投入しても同じく漏れ出してしまうだけで、意味を成さないのかもしれません。

東電や原子力破壊院、政府は否定していますが、3号炉は臨界爆発であろうと思います。
その証拠となるのがプルトニウムの飛散でしょう。
微量だと言うのはこれまで同様に、あくまでも建て前であって、実際には消防隊員、自衛隊員、構内作業員に多数の被爆者が出ているのでしょう。

本気で封じ込める気があるのなら、思い切った対策をするべき時だと思います。

それすら決断できない空き缶首相には、とりあえず予算も成立した事だし、これを花道としてもう一度ヘリに乗り込み、3号炉の炉心に飛び込んでいただきたい気分です。


そうそう、構内作業員も希望者が居ないようで、日当20万とか40万と言う話が飛び交っていますが、本当なのでしょうか。
かみさんの職場でも、それなら俺が行くかなんて冗談も出ていたようです。
正直ひかれますよ。 年金も国保も支払いに窮していますからね。

国民として負担しなきゃいけない費用を、もう技工では稼げなくなっているのですよ、歯科技工士は。

|

« 報道に変化あり。 にしても国会は動いてるのかな。  | Main | えほんをおくろう。えがおをおくろう。「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクトをスタート »

Comments

はじめまして

詳しい内容ですね

私もあの原発の総理の発言を、ライフラインがとまった町でラジオから聞いていました。

廃炉になる可能性が高いので、海水は入れたくないという言葉が、今でも耳にのこっています。

あの会見を聞いた他の議員のかたは、強行に人命優先を叫んでくださらなかったのだろうと・・

外部との通信手段が立たれた町で、涙しました。

難しい話は、わかりません

詳細もわかりません・・

でも、あの時確かに人命優先より、資産優先の言葉を聞きました。

残念です

Posted by: | April 06, 2011 03:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 福島原発は空き缶首相と東電、原子力保安院による人災だ。:

« 報道に変化あり。 にしても国会は動いてるのかな。  | Main | えほんをおくろう。えがおをおくろう。「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクトをスタート »