« 起きた事を認めることで、もっとも最悪な現実を隠すと言う事。 ひでえな。 | Main | 離れの池の中だっけなあ。 »

May 24, 2011

マスゴミ報道に変化あり??

さすがに何時まで経っても収束のしゅの字も出てこないでたらめぶりに、マスゴミの皆さんも国民や国際世論を騙しきれないと思ったのか、少しづつだが福島原発事故の真相が報道されてくるようになったようだ。

それにしても、まだ、踏ん切りが悪いようだが。

NHKのETV特集を見た。
「ネットワークで作る汚染地図」である。

尚、映像のリンク先は社長のブログさん記事へのコメントからです。

しっかり録画して見ましたよ。

空き缶政府と原子力何たらと東電の大本営報道を垂れ流していたマスゴミの尤もたるNHKが、まるで反対の警告的な内容のドキュメンタリーを流すとはねえ。
しかも、内容は大丈夫だ問題無いと言い続けてるNHKのニュース内容とは真逆の事ばっか。

分かってたんなら、なんで取材したその日にニュースで流さないんだよ。
二か月過ぎちゃったし遅いんだよなあ。

それでも、今もって流されるニュースには、放射線が薄くなったとかへったとかのノー天気な内容がわざとらしく流されてる。

実態は、悪化の一途なのに。

今日の東京新聞は経済産業省の出入り禁止が効いたのか、上の汚染調査をした今中助教授のインタビュー記事だった。
飯舘村に限らず、福島の汚染は酷い訳だが、その事実は現地では早くから把握されていたと言う事なのだろう。
しかし、空き缶政府も原理力なんたらも東電もだが、巨額の損害賠償を恐れたのか、事実を伝える事を固く拒んだのだろう。

だからこそ、政府や原子力利権に与しない、それ故、教授にもなれずに飼い殺しにされてきた今中氏のような人達に、調査のお鉢が回って行ったのだろう。 それも内部告発として。

結果は、最悪の汚染地帯が福島に存在すると言う事なんだろう。

チェルノブイリでは300キロ離れた場所でも、高濃度の汚染が発見された。
それも、事故から何年もたって子供達が被曝し白血病や甲状腺がんで死んでいったから分かった所もあるのである。

福島は今も放射性物質を出しまくっている。

それは間違いない事だろう。
今後、300キロ離れているから安全だと言えるような土地は、日本には無くなると思う。
今日も今日とて広島や九州にまで汚染が広がっていると言うではないか。

風向き次第では、高濃度汚染になる場所が飯舘村や福島市、郡山市以外にも出てくるだろうな。

はっきり言って、福島は全県避難の対象だろうと思う。
いや、関東東北北陸と、東日本は全滅なんだと思う。

そして昨日から、二階堂さんの所や、ネットEYEでは一号炉の危険度が増していると警告している。
一時にドンと出るのもやばいけど、とりわけ4号炉のように、燃料棒が剥き出しも同然になっていて、終始放射性物質を含んだ水蒸気か排煙を大気中に大量に拡散続けている状況も、最悪な状況である事に変わりは無い。

どうすんだ空き缶?東電?原子力利権の皆さんは。

こんな位ニュースに隠れてか、21日に市谷の日技会館では、日技政治連盟の評議員会がひっそりと行われたらしい。
内容??

聞きたいですか。
私も伝聞でしか無いので。

出来れば山本さんや奥村さんら歯科ジャーナリストの皆さんが取材していてくれたらと願う。

NDCへの支出を含む議案は恙無く了承されたそうだ。

これについては、別の記事で纏めようと思う。

|

« 起きた事を認めることで、もっとも最悪な現実を隠すと言う事。 ひでえな。 | Main | 離れの池の中だっけなあ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マスゴミ報道に変化あり??:

» 東日本大震災後の生活術 [被ばくを最小限に抑えるための知識]
このたびの東日本大震災で被災された方々、そのご家族、ご関係者のみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。 震災後、福島第1原発の放射能漏れ事故の影響で消費者が水道水を敬遠し、ペットボトルなどのミネラルウォーターなどの飲料水を買いだめする傾向がみられています。 安全な暮らしに役立つ生活術などをまとめてみました。... [Read More]

Tracked on May 26, 2011 09:04 PM

« 起きた事を認めることで、もっとも最悪な現実を隠すと言う事。 ひでえな。 | Main | 離れの池の中だっけなあ。 »