« August 2011 | Main | December 2011 »

November 2011に作成された記事

November 07, 2011

サルでもわかるTPPとやら。じゃ、厚労省の通知通達はサルでも分かるかな??

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由



サルでもわかるTPP


全く関係ないけど、これもひとつの歯科
   ↓  ↓
まさかの青空営業、中国やインドの路地の露天歯医者さんたちの写真11枚


で、日本は露天で営業なんてもってのほか。
歯科医療は衛生法規の中の医療分野なんですから。

法律があるのは当然ですが、それ以上に条例やら規制やらが沢山あるんですね。

で、歯科技工士法に明記されているから、海外委託はおかしいんじゃねえかってお国を訴えたら、そもそも裁判所が判断する以前の問題とばかり門前払い。

じゃ、野放しですかって呆れていたら、まるで歯科技工士法の条文をなぞるかのように再委託の禁止って通知通達が出て。

そんで、今度は広告のお触書。

すげえな、厚労省!

裁判が終わった途端に、これでもかってな感じで、歯科技工関連で仕事してますって。

歯科の実態をバラされて、一番困るのが歯医者さんだと思ったら実は違った、国民を騙してきたことがバレてしまった厚労省なんじゃないのか。

そこで、訴訟では国側の勝訴と取りあえずの体面は保ったが、さて、バラされた歯科医療行政の実態や、保険料負担、窓口負担に見合わぬ、歯科医療の 治療内容をどうやって糊塗するか。

更に言えば、これまで、歯科医療の内情の悪さの責任を、すべて歯医者に押し付けて、厚労省は善意の為政者を装ってきたのが、実は諸悪の根源が厚労 省の無責任と財務省の医療費削減だと国民に知れてしまった。

建前では勝訴したものの、法文を読める人なら国と厚労省の詭弁は誰が読んでも分かるから、門前払いで済ませた手前、歯科技工士法をないがしろにす ることは出来ず、取り敢えず、訴えられなくてもやることはやってますよと取り繕うために、技工関連の通知通達をここぞと出す。

厚労省はこれだけお役に務めています。

そんな本音が透けて見えそうな通知通達でした。

さて、通知を出すだけで、後はなにもしないといえるのか?

まさかこれだけやって抜かずの宝刀じゃ、厚労省も舐められっぱなしじゃないですか。

どこぞにスケープゴートは今ものほほんと草を食んでいるのだろうか・・・・

見せしめの子羊はもしかするとおいらかもしれません。

なんせ、グーグルのアドセンスを貼ってますから。
全然報酬が発生しないんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2011 | Main | December 2011 »