« December 2012 | Main | February 2013 »

January 2013に作成された記事

January 16, 2013

歯科医療とは何か

前記事では近代口腔科学研究会の雑誌に掲載されていた「歯科技工士の資格や業務範囲および歯科医師との関係について考える。」の読後感をアップさせていただいた。

感想文ということで、括ってみたのだが別人の文と誤解されたのなら申し訳ない。

近口研理事長の飯塚哲夫先生の事は、井戸端などでも目にしており、その考察の明瞭なこと、そして何よりも歯科医師や歯科医療が医療と呼ぶにはあまりにも虚像で有ることを知らしめてくれており、こんな歯医者さんも居るのだなあと何度も思って来ました。

さて、その飯塚哲夫先生の「歯科医療とは何か」の中で歯科技工士についての記述が売文家にありました。
友人からも知らせていただいたので、是非一読願いたい。

委託技工料問題は歯科技工士という免許の存立基盤に関わる問題

このような歯科医師にとって、都合の悪いことをズバリというような存在は、多分、迷惑というかおいおいなんだろうな。

歯科医師たちも、自分たちの行為が本質的に医療じゃない、医療だとしても口腔の粘膜までの事で、後は歯質や歯そのものを弄るか、抜いた歯のあった空間をバーチャルよろしく埋める位で、医療じゃなく、歯科医師がやるから補綴なんだ、内容的に同じ行為を手伝いにやらせれば補綴と呼ばせず、技工だと言いくるめているのだと理解しているのでしょう。

理解しているからこそ、自分たちは医師ではないのだという劣等感が生じるし、それを払拭する事は出来ないけど、手伝いの人たちには俺たちの行為は補綴であって技工じゃ無いよ、技工じゃ無いから上なんだよとばかりに、虚勢をはる事が出来るのでしょう。

そういってみると、歯医者さんらのいわれのない劣等感や優越感が理解出来ると思います。

近口研の飯塚先生、歯科医師会や多くの歯医者からは異端視され嫌われているようですが、なんのこたあない、歯医者の本質をズバリと言われちゃったら、自分たちの立場が無い、虚勢がバレてしまい都合が甚だ宜しく無いからでしょう。

虚勢でもなんでも、本質的な所には触れないでおこう、目をつぶって如何にもな権威を演じ続けようと言うのが、歯科医師会や歯科の学会、そして、体質だけは悲しく歯科医師会のコピーであるニチギなんでしょう。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

歯科技工士の資格や業務範囲および歯科医師との関係について考える。

 

表題のシンポジウムが数年前にありました。
脇本さん、篠田先生、津曲先生がシンポジストとして参加されたものです。

その内容を読むことが出来ました。 ありがとうございます。

それを一読した今、歯科技工士の成り立ちや、その立ち位置というものを改めて考えたいと思います。

 

今思うのは、歯科技工士の資格や名称、肩書き、そして歯科技工士法そのものも、

歯科技工・士・という職業を選び、業に就いた人たちに対する壮大なまやかしではなかったのかと。

まやかしというのが悪ければ、

私たちやその先人たちは、名称と資格と法律が得られること、出来ることに、酔ってしまった、
ただそれだけで、自分たちの立場や境遇が変わると信じ込み、大きな幻想を見させていただけなのではないかと。

飯塚さんの発言に、親の歯科医院に勤めていた技工士たちへの同情というか、哀れみの内容があります。

丁稚や奴隷と同等の存在だったのでしょう。

そもそも医者でもない、医者とは認められていない存在であった歯科医師、歯大工ですわな。

その歯大工の作業場に、住み込みで丁稚奉公する事が、どれほど大変だったことか。

歯科疾患という病に、手当てや治療を施すというのが歯科医療なのだとは思いますが、

手当てや治療はごく一部で、歯科治療といわれる行為の大半が、ホテツに費やされているのは、
昔も今もそれほど変わっていないように思います。

今、歯科技工と言われる事の殆どは、歯科医師といわれる人たちの行う行為でした。

現在でも、ホテツホテツという状況に変わりはありません。

インプラントもオールセラミックスも、保険の義歯やクラウンブリッジも、病を直接手当てするということを指すよりも、
技工や作られるモノそのものを言っているのではありませんか。

ラボワークとは歯科医師の行為そのものなんですね。

歯科技工士とはその歯科医師のラボワークを代行していると言えば聞こえはいいのですが、
立場としては「手伝い」に過ぎないのだと。

奴隷同然で丁稚奉公するような境遇にあった先人たちが、力を集め、仲間を募り、結束して資格を勝ち取った、
歯科技工士法という後ろ盾も得たと言えば、いかにも良かった事のように見えるのではありますが。

しかし、それによって歯科技工士なる名称と資格と法律の後ろ盾を得た者たちは、

いったい何を手に入れたというのでしょうか??

歯医者の手伝いという立場や行為、変化は無く、

労働行為や労働時間に対する対価が変化した訳でも無く。

いったい、歯科技工士という肩書きや法律が、手伝いのものたちに目立った恩恵をもたらした部分があったというのでしょうか。

手伝いという立場のままに、資格という肩書きや法律の後ろ盾を得たところで、手伝い人そのものには、何の変化も得るものも無く、ただ、手伝いの立場だけが固定されたというのが、国家資格や歯科技工士法を得た結果だったというのが現実だったのではありませんか。

歯科技工士は独立した資格で、独立して業を行っているように見えますが、
業として技工の行為を労働として行い、ホテツ物というモノを作り上げていながら、
そのモノをお金に変える手段を持ち合わせていません。

確かに、お金の流れはあるやのように見えますが、私たちの行為は手伝いに過ぎないわけですから、
私たちの行為を、その結果を直接お金に変えているわけではないのです。

どんなホテツ物を作り出そうと、それをお金に変えることが出来るのは、歯科医師しか居りません。

歯科技工はサービス業か製造業かとの議論がありますが、

歯科技工士が歯科医師の手伝いに過ぎない現状認識からすれば、

まさに、歯科医師へのサービスにこれ特化した、サービス業そのものだと言えるでしょう。
いや、業というのも虚しい、サービスそのものであることは、原価割れした料金、形だけの指示書、
無報酬再製や一方的な呼び出し、ただで提供する指示書と様々な無報酬での行為と、
例を挙げればきりが無いのです。

歯科そのモノが医療でもなく、医療でもない歯科医師への手伝いサービスでしかない、歯科技工・士と言う国家資格のまやかし。

> 歯医者というのは医師に対して言わ
> れのない劣等感を持っている反面,技工士に
> 対しては言われのない優越感を持っている人
> が多いんです。たしかに技工士会に対して歯
> 科医師会が邪魔をしてきたということは言え
> るでしょうね。

歯科技工士になったからといって、何故に私たちは一段低く見られねばならないのでしょうか?

歯科技工士がまっとうな要求をしたら、何故不逞の輩と罵倒されねばならないのでしょうか?

そう言う状況、立場からの脱却を願ったはずの歯科技工士資格、歯科技工士法の成立であったはずが、
飯塚さんが発言されているように、状況も立場も何も変わってはいないのですよ。

歯科技工士は製造業でありながら、その商品をさばく手段は歯科医師へのサービスでしかあり得ない。

それがわかっているからこそ、歯科医師たちは何か言う前に優越感に浸れるのでしょう。

国家資格や法律があるからこそ、歯科技工士は守られているのではなく、歯科医師へのサービス業に閉じ込められているというのが、国内での歯科技工士の現実だと思います。

縮小し衰退が明らかになりつつある、歯科と言う業界において、

歯科技工士は個人であろうと、ラボであろうとも歯科医師へのサービスに過ぎないのですから、マーケットは限られている上に価格の決定権もほぼ奪われた状態です。

サービスする内容についての決定権も、参賀する立場も与えられず、歯科医師会や歯科機材メーカーや商社、そして学会が決めた内容について、ただただ言われるがままに受け入れざるを得ないのが、歯科技工という業であり資格なのでしょう。

私たちがリスクやコストでモノを言うことは殆ど出来ません。
言われるがままに他の人たちが決めたことを、さもありがたい事のように受け入れることしか、今の歯科技工士には道がありません。

そんな歯科技工士の立場や資格の本質が理解できた人たちは、
さっさとこの業から離れていっているのでしょう。

将来、歯科技工士が居なくなるというような警鐘を唱える人たちに、何故居なくなるのかを問うてみてください。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 12, 2013

葱を背負った鴨にはなりたくない。

CADCAMや3Dプリンターを導入したラボからの売り込みが激しくなってきた。

一方で、CADCAMや3Dプリンターは5万円しないものも発売されるようになってきた。

精度がどうのというのだろうが、日常の臨床では、そもそも精度云々を言えるレベルじゃない模型や印象がザラにある。

ミクロン単位の精度など、最初から求められていないのが歯科の実態。

厚労省は歯科機材メーカーとの関係もあるから、極端に安いものは認めないのだろうが、臨床レベルではこの装置でも十分じゃないのだろうかね。

約4万5000円でゲットできる安価な3Dプリンター「RoBo3D」
http://gigazine.net/news/20130107-robo-3d-printer/

これなんか、ローランドだもんね。

【ワンフェス2011夏】フィギュアやプラモの改造パーツがワンオフで作れる「iModela」

http://www.gizmodo.jp/2011/07/imodela.html

CADCAMを導入したラボは、何故?率直に歯医者に営業をかけないのだろうか?
連日、営業に行っているのかな。
プレゼンやらデモにさ。

歯医者さんが歯を削って、その場でスキャンすればいいのじゃないか?

技工士なんか要らないでしょ?
余分なコストだろうし。

そうならないのは何故なのか?
CADCAMラボが、我々のような弱小ラボにセールスを仕掛けてくるのは何故なんだろう?

現時点では、スキャニングとデータの作製、削り出し加工といったところしか、大金を払って導入したCADCAMにできる作業がないからじゃないのか??

歯医者さん相手の営業行為や、受注してからの模型作製などは、省くことは出来ないし省力化にもならない。

削りだしたものが一発フィットなら問題ないのだろうが、モノに拠っては削りだした後も様々な加工が必要になっていると思う。

CADCAM削りだしにしろ、3Dプリントにしろ歯科医院からの委託技工料金から、外注加工料金を引いて、どれだけの料金が確保できるのだろうか?

我々零細ラボは、このような仕組みに入ったとして、如何にも時代の先端にある売り物を得たように感じるかもしれないが。

歯科技工士の立場が、制度上もヒエラルキーからも、対歯医者という関係からも何一つ改善もされていない以上は、値下げ圧力というか、値下げ競争というのか、結局、これまでと同様に零細ラボの歯科技工士の取り分だけが奪われていくのだろう。

厚労省や補綴の学会や、歯科医師会、日技といった所、売りつけたくて仕方がないメーカーさん達、売り物が売れてくれないと困る材料屋さん達、みんながみんな、末端の歯科技工士をおだてて持ち上げて儲かりますよ、新しい素材が認可されますよ、患者さんが飛びつきますよと囁く。

だったら、歯科技工士の取り分をしっかり確保してくださいよ。
都合が悪くなったら歯科技工士に押し付けてしまえばいいと思わないでくださいよ。

零細ラボも売り物を確保しなければ、この先、,
生き残れないのは分かっていますが、
そもそも、利益も出ない、歯科医師会やメーカーに食い物にされるのが分かっていてまで、やる必要もないと思うのですよ。

しかも日本では外国でベーシックな技術や素材となっていても、皆保険にはそれをそのまま導入することは絶対にしない。

何故なのかなんて、今更考えることすら虚しいし、意味もない、それくらい厚労省の力は強い。

日技商会の古橋社長が売り込んでいるのも、素材としては日本だけ、それも日本の皆保険でだけ導入されるのだろうハイブリッド何とかになるのだろう。

日本独自の、皆保険や薬事法での認可の製品なんだから、国民に安く提供してやろうと言うのなら、ま、それもいいよ。

だったら、機材も素材も冒頭で紹介したような安価なものと同程度にしてくださいよね。

そうじゃなく、メーカーや歯医者を潤わせるだけのために、高額な機械や素材を歯科技工士だけに押し付けるというのであれば、もう、後は海外に委託しようが、技工助手をでっちあげてやらせようがどうぞ勝手にやってくださいよとしか言えない。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2013

2013 迎春 塗装ブース自作


ブログをご覧の皆様、

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

さて、昨年暮れは自費のメタボンもなく、頼みの保険技工もなく、ヤフオクの出品も売れずと無収入の日が続きました。

仕方なく、レストアの途中で放置してあったCB750FOURを、処分するかと。

CBFOCの仲間に見ていただいたんですが、手に余るということで纏めての処分は一旦頓挫。

ヤフオクに出すか、それも纏めて出すか、部品として出すか思案中です。

正月の三日間は、こたつで駅伝三昧。

無駄な出費を避けたいこともあり、引きこもりでした。

元旦はコニカミノルタの独走にあれあれだったし、

2日3日は日体大の頑張りに胸が熱くなりました。

ただ、タイム的には随分違ったわけで、柏原選手の凄さを再確認。

仕事が無いからといって、何もしない訳にも行かない。

しかし、どうも歯科技工というものに自分は絶望に近いものを感じているとしか言えない。

営業とか人との関わりをもっと楽しめる性格と、それが出来る能力があったらまた違った人生だったのかもしれないけれど、自分はどちらかと言うと対人関係の面倒くさいことは嫌いだからなあ。

ポツポツと、技工の連絡はあります。
取り敢えず、それをこなしながら、模型などを作製して出来れば買っていただければと準備しています。

今日は、一日で塗装ブースを作り上げてみました。

ラボで技工の傍ら、模型の塗装をするとなると、やはり塗装ブースは必須条件です。

ガレージにシロッコファンタイプの換気扇があったので、それを使うか考えましたが、ネットでブースを検索すると、
アルミダクトの使用例がありました。

ガレージには昔買った透明のコンテナボックスがサイズ違いで2個あったので、それをブースにすることにします。

ラボにも換気扇が3つあり、どれも高所なのでなんかホースがないかなと思いましたので、なるほどアルミダクトかということで、早速、100円ショップで換気扇にピタリサイズの洗面器と焼き網、換気扇フィルターを買い、その足でカインズに寄ってアルミダクトを探しました。

ありましたね。

棚から取り出したら、凹んでいるからと一割引きになっていました。
ちょっとラッキーですね。
全然問題ないし。

洗面器やブースと、アルミダクトをどう繋ぐかが思案のしどころですが、最初、塩ビパイプのパーツを考えていましたが、重いしサイズも合わない。

アルミダクトは外形150ミリなんですが。

もう一度、アルミダクトのあった棚を見ると、煙突の継手が丁度寸法もピッタリ。

そもそもアルミダクト自体が、煙突での利用を考えているのだから当然か。
継手はブリキ製で塩ビよりずっと軽く、しかも一つ168円と安い。

ということで、

100円ショップで洗面器、フィルター、使わなかったけど焼き網と、マスキングテープも買って420円。

カインズではアルミダクト882円に継手のダクト2個で336円。

カインズでは他に両面テープなども買い足したけど、塗装ブースの自作にかかった費用は、実質1600円程度。

他の自作の話などを拝見すると、ケースや換気扇も新調したりしているから、結構なお値段になっている所もありますが、なるべくあるものを利用すれば、格安で出来るという事ですね。

Sany0234

既に洗面器はカッターで繰り抜いてダクトを嵌めこんであります。

Sany0236

この換気扇に取り付けます。

Sany0235

焼き網をこの位置に取り付ける予定でしたが、ファンに干渉するのでボツ。

Sany0237

換気扇のカバーに洗面器をタッピングビスで固定します。 タッピングビスは手持ちのストックです。

Sany0239

洗面器とダクト継ぎ手の固定は、ホットガンでグルーを流します。 
洗面器内面もグルーで固定。 3センチほど飛び出させています。

Sany0240

カバーとダクトを取り付けてみるとこんな感じ。

Sany0241

続いて、ブースの加工に取り掛かります。
が、かみさんの買い物に運転手です。 夕飯もあって2時間ほど中断。

帰宅後作業再開、ダクトに直接フィルターを挟んでアルミダクトを被せることにします。

焼き網が使えないので、ダクトに穴を開けてステンレスワイヤー(バイクなどのワイヤーロック用のです。)を張りました。
これで、フィルターを支えます。
フィルター自体は挟むだけでもいいのだろうけど、念のためダクトに両面テープを貼っておきます。

Sany0243

ブース本体にも穴を開けてダクト継ぎ手を固定します。
こちらにもワイヤリング用の穴を開けておきます。
ワイヤーも張り巡らせました。

こんな風にフィルターを詰めます。 ステンレスの半円線を押さえに嵌め込んでみました。

Sany0246

本体とアルミダクトを嵌め込んで、塗装ブースが完成です。

Sany0247

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »