« June 2013 | Main | September 2013 »

August 2013に作成された記事

August 27, 2013

機銃をフルスクラッチ

M32戦車回収車の出品用に写真を選んでいて、何か違和感が。

前記事の写真を比較てみれば分かりますが、一枚目にはある機銃が、他のにはないんです。
どうも、破損を恐れて別にしたのだと思いますが、引っ掻き回して探しても、出てきません。
仕方なく、フルスクラッチに挑戦しましたよ。
P1010177
P1010179
P1010185
P1010190
二式水戦の飛行兵も仕上げます。
P1010189
ベースの足もとに、リテンションビーズを振りまいて、砂利のような土塊のような感じを出します。技工士ならではです。(笑)
延び延びになっていたムスタングの黒いストライプや、プロペラの塗装もやってしまいます。
P1010187

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2013

M32戦車回収車 イタレリ 1/35 完成模型

M32戦車回収車は以前にも記事にしましたが、製作記とでも言うべきもので、完成品の紹介がまだでした。

撮影ブースも自作しましたので、そちらでの撮影画像を紹介させていただきます。
最終的には、キャタピラーやフェンダーの泥汚れの表現に、タミヤのウェザリングマスターやウェザリングスティックも使って、繰り返し汚れや泥を表現してみました。
P1010076


P1010078

P1010079
P1010081
P1010083

P1010084

P1010086


P1010095

P1010098

P1010099






| | Comments (0) | TrackBack (0)

CB750Fのエンジン模型

今も販売されているのかは分かりませんが、タミヤの1/6ビックスケールシリーズに、エンジンのキットがありました。

ほとんどがメッキパーツということで、面倒な塗装をはしょれると組み立てたのが25年以上前です。
ずっと、しまってあったんですが、あらためて引っ張りだしてみたらメッキとかくすんでしまってわびしいもんです。
塗装ブースやエアブラシを用意した以上、再塗装しない手はございません。
ただ、メッキをどうするのかと言うことで、たしか、剥離する方法があったはずだとぐぐってみたら、方法が紹介されていましたので、早速、応用させていただきました。
実際にやってみると、数分間の処理で見る見る落ちていきます。
ただ、ぬめりとか匂いとかがキツイですね。
扱いを間違えると有毒ガスというか、死んじゃうような毒ガスが発生する液ですからね。
剥離後はお酢で中和してから、流水でよくすすぎましょう。
バイクエンジンですから、サフのあとアルミをエアブラシで吹いて軽く磨き出してあります。
マフラーもパーテイションラインなどを再処理して、酷い段差はパテで埋め、溶きパテも使ってペーパー掛けてからエンジンともどもサフを吹いています。
マフラーの塗装はクロームシルバーを塗ってあるんですが、ドカと同じく、チタン風の色合いになっています。
エアクリーナーボックスやスイングアーム、チェーンといったパーツも、古い塗装がくすんでいましたから、すべて再塗装しました。
再塗装で本物のように生まれ変わったCB750Fのエンジン。
あなたのコレクションにいかがでしょうか。
P1010136
P1010137
P1010138
P1010139
P1010140
P1010141
P1010142
P1010143
P1010144
P1010145
P1010146
P1010148
P1010149
P1010150


P1010151

P1010152

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドウカティ900 NCRレーサー

M32戦車回収車、北京ジープに続いて手がけたのがNCRレーサーです。

実は、ベベルのMHRを2台、実車を所有しております。
持ってるだけだと腐らせてしまうばかりなんですが。
そちら、1台をばらして途中まで組んだ状態で放置したままです。
キットはそのMHRのレプリカの元になったレーサーですから、おなじみのトリコロールで仕上げればよかったんですが、一度は赤く塗ったものの、キット付属のデカールが使い物にならなかったのと、塗装でちょっと違う雰囲気にしたかったので、オリジナルの色で仕上げてみました。
先日、箱根方面のドライブ先ですれ違ったベベルが、まったく同じ色で走っていましたので、なんか嬉しくなってしまいました。
大観山などで止まっている時なら、お願いして撮影させてもらうんですが、一般道ですれ違っただけではそれも叶わず。
でも、この色使いのベベルドカがあるということで良しとしましょう。
P1010507
Mr'hobbyのMr'メタルカラーです。
フレームとフロントカウルはブロンズ、タンクシートはアルミを選択しました。
タンクシートはアルミの叩き出しで作られたと言う設定です。
ベベルのエンジンも同じくアルミで、すべてエアブラシ塗装してあります。
タンクのロゴはタトゥシールで自作し、仕上げにトップコートを軽く吹いてあります。
Sany1088
Sany1092
Sany1091 Sany1090
Sany1095
マフラーは同じくメタルカラーのステンレスなんですが、見た目はちょっと黒っぽチタン風になっています。
Sany1096
Sany1097

Sany1098
Sany1099

Sany1102

Sany1104

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二式水戦 もう一つのゼロ戦。 風立ちぬには出てないか。

二式水戦を組み立てました。

組立自体は6月の終わり頃からやっていました。
仕上げのアンテナ線を張り上げたのは昨夜です。
ドウカティ900NCRレーサーやムスタングや90式戦車も並行して組んでいたので、延び延びになっていたのです。
完成といえるキットもこれで6台です。
戦車が2台、バイク1台、飛行機1機、バイクエンジン1機、ジープ一台。
こうやって作り上げてみると、手放すのが惜しい気持ちですが、本業の受注が殆ど無い状態なので、なんとかお買い上げいただければなと思っております。
ヤフオクなどで順次出品してゆきますので、興味のある方はぜひよろしくお願いいたします。
P1010120
P1010121
P1010122
P1010123
P1010125
P1010126 P1010128
P1010133
P1010134
P1010135

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | September 2013 »