« 廃業へのカウントダウンだわね。 | Main | ALAN 1号戦車製作記その2。Pzkpw 1 Ausf.F »

January 14, 2015

戦車、飛行機、フィギャアとあれこれ作製しています。ALAN1号戦車。

 

 


前回記事も同じようなものですが、その後もみなみ野のホビーオフや相模原のアイワールドなどで中古キットを安くてに入れています。

前回記事以降に新たに完成させてあるものを幾つか紹介します。

これまでのものも合わせて、順次ヤフオクに出品していきますよ。

先ず、alan 1/35 Ⅰ号戦車。



Cimg0654

ALANは自分の知らなかったロシアメーカーだったので、ものは試しと購入してみました。

組立説明図には日本語も入っていますから、作る分には戸惑うこともありません。

組み立てを始めると、さすがにタミヤやハセガワのようには行かず、パーツのそりや厚みにばらつきがあったりして、入念なすり合わせが必要でした。



Cimg0661

車体側面に開閉するハッチがありますが、そのヒンジのシャフトの長さや太さがいい加減で、結局、右側のハッチは 固定してしまいました。










Cimg0665

こんなふうに仮組みしないと、まともに組み合いません。

全部が平面なんです。
こんなの初めてです。









Cimg0670

車体には溶接痕を再現します。

昨年購入した、十和田技研さんのイージーウエルダー、ヒートペンが大活躍します。

私の場合、ホームセンターで4ミリ径、長さ900ミリの真鍮棒を一本購入してきてあります。

自分で使いやすい先端形状に加工して、溶接痕やツエメリットコーティングの再現に使っています。

Cimg0679

キャタピラーは組み立て式。

タミヤのキットがあっても、あまり食指が伸びないのは、連結式のベルトみたいな付属キャタピラーが好きになれないから。

組み立てが面倒でも、連結式キャタピラーのリアルさが好きですねえ。






Cimg0680

Ⅰ号戦車A型は、大砲じゃなく機銃なんですね。

7.92mm MG13 機関銃×2です。

真鍮棒を加工して取り付けました。







Cimg0684


接着の差し込みも無いので、0.5ミリ真鍮棒で車体に差し込めるようにします。









Cimg0687

フェンダーは部分的に厚かったり薄かったり。

厚いのはNGなので、どちらも薄く削ります。









Cimg0712

各部が完成。

この状態で下地の赤錆色を塗ります。










Cimg0714

使用したのはミスターホビーの29番、艦底色。

私はいまだに基本の塗装はラッカー系です。








Cimg0716

ジャーマングレーで塗装しました。

続きます。

最後に、G3のプラモデルギャラリー。 3Dプリンターで自作パーツを作って、プラモデルのディテールアップをするのが夢。

|

« 廃業へのカウントダウンだわね。 | Main | ALAN 1号戦車製作記その2。Pzkpw 1 Ausf.F »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 廃業へのカウントダウンだわね。 | Main | ALAN 1号戦車製作記その2。Pzkpw 1 Ausf.F »