June 23, 2014

CAM/CAM冠は高く付くぞ。歯科医療の基盤は只では出来ないよ。

 

 


皆さん、CAD/CAM冠をやってみたいですか?

それをやることに希望が見えますか?

閉塞感に包まれ、売上が落ちるばかりの歯科技工業界に、救世主が現れたとお喜びですか?

飛びつきたいのかもしれないけれど、こんな見方もあるということで、以下の一文をお読み下さい。
例によってG3の勝手な思い込みや解釈も含まれていますが、もしかしたら直球かもしれませんよ。

Img234

ご隠居のブログで拾ってきました。
実は、このセミナーのDMが、今日、私のところにも来ていたんですね。

ワセトレさんからは色々来ますねえ。通えばよかったかなあ。

Continue reading "CAM/CAM冠は高く付くぞ。歯科医療の基盤は只では出来ないよ。"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 22, 2014

脱日技っつーか脱歯科技工だよ。

 

 


今、この記事を書いている間にも、歯科技工士の廃業や転職が相次いでいるのだろうと思う。

どれだけの歯科技工士やラボが、それも、もういい加減人生の終幕を迎えようとしているような高齢化した一人とか二人の零細ラボが、CAD/CAMだ3Dプリンターだというような、やたら小難しくカタカナ言葉が氾濫するハイテク技工に、希望を託すなんて事がありえるのだろうか。

日技などは

広報活動を新たなステージへ

 近年は、企業のみならず行政・団体における広報活動の重要性がさらに増している。 本会は平成24年より公益社団法人に移行した。
それにより活動そのものに高い公益性が求められることとなり、おのずから広報活動も変化している。実際、本誌においても掲載の50%以上が公益に資するものに編集されている。
 公益移行以前は、「会員が知りたい情報」と「会員に知ってもらいたい情報」を主に提供していたが、移行後は「国民(会員)が知りたい情報」と「国民(会員)に知って欲しい情報」の提供に変化している。
 それにより「知ってもらいたい相手」が広範囲になり、広報関係者の認識を変化させ、さらなる取り組みの下、広報活動が続けられている。

以上は日本歯技2014年5月号巻頭言からの抜粋であるが、これを含めて一体何が言いたいのかよくわからない。

Continue reading "脱日技っつーか脱歯科技工だよ。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2014

モヤモヤぎこ~~ず。その2のはずが・・・


すいません、エディター不良で編集がうまく出来ませんでした。

改行や読みやすく行間を空けるのも後で手直しします。

さらに、タイトルだけ書き込んだ所で、何かのキーを押したら投稿されてしまったと。

それに加えて、ブラウザーで記事を書いていて、何度かフリーズしてしまい、長文が消えてしまった時のあの脱力感。

私は鶏頭ですから、瞬間記憶って言うことが出来ないのです。

文章にしても、数字や何かの言葉にしても、見たそばから忘れるんです。

聞いたそばからっていうのは、私の場合はありえないのですが、私の記憶力、記憶する能力の無さは、聴覚障害とも関係しているのかなと。

人の言葉だとか、会話だとか、耳から入る音声が、脳を刺激し記憶分野の発達に関与しているのじゃないかなあ。

記憶っていうのが、どうやって起きているのか、いまいちわからないのですが、スパイなどが任務中の一字一句までを完璧に記憶していて、任務報告で全てを口頭で報告するとか言うような、まあ、小説で読んだような話なんですが、自分には絶対にできそうもないなと。

とにかく、暗記が苦手です。

自分が今、キーボードで打ち込んだ一文でも、今、ここで消しちゃったら再現できない。

そんなこんなでモヤモヤしています。

私がモヤモヤというか、もたもたして更新が間延びしている間にも、売文家さんは休まず更新されていますね。

最近の記事は、ごまめの翁さんが発刊していた季刊「ごまめ」からピックアップされています。

実は、G3もごまめの翁さんから千秋楽号までの数年間ですが送って頂いていました。

IDEA の掲示板で知り合い、メールで何度もお話をさせていただきました。

技工士を引退後も、護憲の活動をしたり、メールマガジンを配信されたりと、お元気だとばかり思っていたら、突然の訃報。

半分、ボケの始まったG3は、訃報があったことすら忘れて、FBで翁さんの写真を見かけて改めてあ、亡くなっていたんだと。

まったく恩知らずですね。

売文家さんは、その翁さんが残されたごまめから、抽出し、切り出し、考察し、対比させています。

あらゆるものと突き合わせ、分析し注釈を加えています。

私にはとてもじゃないが出来ないことです。

そんな売文家さんから、G3はインスパイアを受けています。

そう言うとかっこ良く見えますが、実態は、売文家さんのふんどしで相撲をとっているようなものでしょう。

寄生しているようなものかもしれないね。

ただ字面を見るだけじゃなく、深く考えるようにならないと、売文家さんのような記事は書けないなと自省しています。

20140529225946

20140529230157

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2014

大変な成果である。

嬉しすぎるフレーズである。

こんなふうに書いてもらえただけでも、参加した甲斐があった、HPを担当した甲斐があったというものです。

売文家さん、ありがとう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2014

解釈改憲と疑義解釈。曲解しているのは誰だろう。


前記事で解釈改憲について異議を唱えた。

似たような事が、ちっさい歯科村の中でも起きているようだ。

加藤さんのブログ記事によれば、歯科用CAD/CAM装置とハイブリッドレジン冠について、歯科技工5月号に掲載された記事を取り上げている。

最初は歯科技工は読んでもいないので、加藤さんの記事から拝察するしかなかったが、記事と歯科診療報酬疑義解釈の問答集を読む限り、私には加藤さんの解釈解説が正しいと思いますね。

平成26年度歯科診療報酬改定では、幾つかの新規素材や技法に、点数が付けられ、認可された装置や材料を使い、厚労省が設けた基準に合致していて、登録申請し認可を受けた歯科診療所では、これまた歯科用CAD/CAM装置を設置していて基準を満たし、尚且つ歯科医院が届け出るCAD/CAM冠の施設基準届出書添付書類に記載された歯科技工所に委託する分には、診療報酬が支払われるという話なんですね。

Continue reading "解釈改憲と疑義解釈。曲解しているのは誰だろう。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2014

案外、普及は早いのかも。保険の削りだしハイブリッド冠


少し前の記事で、保険収載されたCAD/CAM削り出しのハイブリッド冠、CAD/CAM冠に、どのくらいの需要が発生しているのか気になると書いたんですが、加藤さんの表部屋に関連する記事がアップされていました。

CAD/CAM冠関係のまとめ。

これを読むと、結構な数の需要が発生しているのがわかりますね。
ひと月で300本。
素材のブロックがシェードによってはメーカー欠品になっていて、供給が追いつかない状況だというのですから、歯科や技工業界にとっては久々のヒット商品(この表現はおかしいかな)になったわけです。

欠品については、同じようなことをていね社のブログでも見かけていますから、メーカーは対応に追われているのでしょう。
患者さんによっては、形成と印象を終えたまま、数ヶ月待たされるようなこともあるのかもしれません。
早く行き渡ることを願っています。




さて、実際にCAD/CAM冠の受注に乗り出すとして、後発のラボはどう対応すればよいのでしょうか。
加藤さんの記事によれば、下請けは許されていないと言いますが、やはり、一人ラボとしては高額な歯科用CAD/CAM装置をポンと導入するわけにも行かず、再委託をするのが現実的な対応なんですが、それが禁止されている以上、様子を眺めるしか無いのかもしれません。

ネット上では、汎用のCAD/CAM装置や3Dプリンターを使った造形のポータルサイトもどんどん出来ています。
それらのサイトが稼動させている装置は、歯科用に認可された装置よりもよっぽど最新で高性能なものも少なくありません。

厚労省と薬事法の縛りがなければ、そちらの方でも十分対応可能なのだろうと思います。
そして、価格的にもそちらのほうが市場価格を反映するのだろうと。

今は、一部のラボが謂わば特需に湧いているCAD/CAM冠ですが、ずっとその状態が続くのかといえば、甚だしく疑問です。
和田精密さんなどは、福島県に歯科用CAD/CAM装置を100台も設置した工場ともいうべき技工所を立ち上げるとか何かで目にしましたが、そういうのがあちこちに出来れば、あっという間に供給側が飽和状態になりそうですね。

加藤さんも記事のまとめで

その受注と生産量の均衡が破られたときに、価格は下がり出す。特に機械装置でできあがる補綴物なら価格は急激に低下するだろう。また高分子化合物の材料原価は安く、金属と違い価格を下げることは可能である。

と述べています。

更に続けて、

一通り価格が安定すれば、点数の引き下げを行うだろう。

と予想しています。

私も同じように感じています。
需給の飽和と、新たなるダンピングの発生が、早ければ次の改定を待たずに始まってしまい、次回改定での点数の見直しに影響してしまうのではないかと。

歯科業界からは、多分、次は小臼歯だけの適応である現状から、前歯や大臼歯への適応範囲の拡大が要求されるだろうし、複数歯に渡るケースも認めるような要望が出てくるはずです。

厚労省の目的が、歯科医療費の大きな割合を占めている金属代金の抑制にあるのであれば、適応範囲の拡大はもしかすると既定路線かも知れません。

そこで、点数が高いまま適応範囲を拡大するのは、需要増をみ込むと好ましくないと考える厚労省官僚もいるのじゃないでしょうか。

小出しに認可して、例によって例の如くのダンピング競争が起こるのを待って、料金が下がった所で認可範囲を広げていく。

終わってみれば、一人ラボの淘汰は進み、ラボの大型化、歯科医院での内製化が当たり前になって行くのかもしれません。
歯科医院からすれば、自費にでも保険にでも対応できる歯科用CAD/CAM装置を、1台導入するくらいのことは、CT装置を導入するよりも費用もかからないし、利益を出しやすくなるかもしれません。

トータルすれば、厚労省だけが歯科医療費の抑制に成功し、割りを食うのは増えすぎた歯科技工士、一人親方たちということになってしまいそうですね。

いや、既に、もうそうなっているなと実感している者が、ここにいるということで。

追記

しかし、事はそんな単純な問題じゃ無さそうです。

次は、歯科医療費改定に仕組まれたトリックについて、穿った見方をしてみたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2010

ツイッターの呟きを追うのも重労働。

ツイッターは結構疲れる。
読むだけでもね。
自分がつぶやこうと思うと、長くなっちゃう。 長いとつぶやけない。

歯科技工海外委託に関する要請書への反応が芳しくない様だ。
神奈川県歯科技工士会に続く動きが出てきてほしかったのだが。

1998年佐野日技と戦ったその時、敗北の私史の記憶。 その2ここで紹介されているフォーラムに2回、足を運んだのが私だった。

それと前後して、加藤さんや伊集院さんたちの座談会をQDT誌上で読んだ。

パソコン通信から始まって、WIN95が普及し、自分も拙いHPを立ち上げて、歯科技工問題などを書き始めていたころなので、現実に参加していた歯科技工士会では知る事も出来なかった、様々な実情に怒りと無力感を覚えたものだ。

同時に、業界の抱える矛盾や暗部、表に出さない本音や出せない事情と言うものが、もっとあるのだろうかとの思いを強くした。

労働基準法など守られたためしがない、のかと思うような長時間の労働と低賃金、それを言うと開き直る組織関係者や経営者。
自分自身、個人営業なんだから仕方が無いと諦めているが、これが、雇用関係にある勤務者となると話が変わってくる。
しかしそんなのお構いなしというのが、歯科技工業界。
管轄が厚生省だと言うのが皮肉。

労働省と合体したら、この業界の労働問題にもメスが入るのかと思ったら、全く無視。

身を粉にして働いても低賃金、或いは低料金。
ところが、厚生労働省や歯科医師、歯科医師会が求めるのはさらなる低料金のものときた。

この国はほんとにおかしいよ。
沖縄は占領下のまま。
米国債を400兆は買っているのに、返してもらうどころか、もっと金をよこせと言われてなけなしの郵便貯金まで献上するらしいし。

そうするために、国民の危機感をあおるのが「医療費亡国論」だったとしたらひどいものだ。
国を国民を追い詰めているのは自公政権時代の悪政と官僚システム、売国奴である○和会のお歴々じゃないか。

ところで要請への反応、どんなものなんだろう?
某ブログでの某氏の呟きを見ると、心配になってくる。

おまけに加藤さんまでブログを閉鎖するとかしないとか。

こんな事じゃあ、市ヶ谷の西やんが喜ぶだけなんかな。
そのうえ、大臣にせっせとご注進に励んでいる、厚生労働省医政局歯科保健課の皆さんがホッとしてるのかな。

とにかく、日本のお上と言うか官僚たちは、自国の制度や国民の働きが、よその国から貶されても反論もしないし戦いもしない。
逆に、首を差し出すようなことばかりする。

逆の事をすれば、他国ならすぐ怒るのに。

仮に長妻大臣が怒るとしたら、それをなだめるために、日本の制度や法律や歯科技工士が悪いなどとご注進におよぶとしたら、そりゃおかしいんじゃないか。

しかし、当の歯科技工士の怒りは、隠してきた事をばらされたことへの怒りや、同業者ドオシ、助け合うどころか貶めあい、非難しあうような事にばかり向いている。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

3Dプリンター | CAD、CAD/CAM、歯科用CAD/CAM | CB750k0k1k2k4k7 | SF3D | TPPと日米構造改革要望書 | おすすめサイト | お上の横暴 | アフィリエイト 副業 | アマゾン | ウェブログ・ココログ関連 | オークション | カリスマ歯科技工士 | カレル・ヴァン・ウォルフレン | グルメ・クッキング | ゲーム | サントリーモルツ | ジャパン・ハート | スポーツ | タミヤ | タミヤオートバイシリーズ | タミヤスポーツカーシリーズ | ニュース | バイク オートバイ  | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プラモデル | ベベルドウカティ  | ホンダCB72パーツ | ホンダCB750 | マシーネンクリーガー | マスコミ世論 情報操作 | ミリタリーミニチャア | ヤフーオークション | リニア新幹線  | ワーキングプア  | 住まい・インテリア | 保団連 | 保険診療 | 信  | 公益法人 | 医療崩壊 | 厚労省 | 原発 メルトダウン | 国境なき医師団 | 国賊菅直人 | 圏央道 | 報道特集NEXT | 塗装ブース自作 | 墓場の乞食 | 売文家 | 大阪歯科技工士連絡会 | 学問・資格 | 官僚支配 | 官房機密費 | 小沢一郎 | 山梨お口とコミュニケーション | 平野貞夫 | 心と体 | 恋愛 | 悪質ラボ経営者 | 悪質商法 詐欺  | 我らが脇本征男 | 技工士に仕事をください。 | 携帯・デジカメ | 政権交代 | 政治不信 | 文化・芸術 | 新公益法人 公益法人制度改革 | 旅行・地域 | 日技会員数の偽装 | 日技会長選挙 | 日技政治連盟 | 日本一新の会 | 日本歯科医師会  | 日本歯科技工士会 | 日本酒  | 日米構造改革要望書 | 日記・コラム・つぶやき | 旬刊ごまめ  | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 模型製作 プラモデル 用具 | 歯科セミナー | 歯科医療 | 歯科技工  | 歯科技工の海外委託問題 | 歯科技工士 | 歯科技工士のモヤモヤ | 歯科技工士問題を考える懇談会 | 歯科技工未来の草案フォーラム | 歯科村 | 歯科用CAD/CAM、ハイブリッド冠 | 歯科用金属 | 歯科衛生士  | 民主党のユダと悪徳ペンタゴン | 燻製 | 疑義解釈 | 相模原業者会 | 福島第一原発事故 | 私立歯科大学 | 米国支配 | 経済・政治・国際 | 絶版バイクパーツ | 美容・コスメ | 背任 漢字検定協会 トンネル会社 | 芸能・アイドル | 蚊取りボトル | 被災中の歯科衛生 | 被災時の歯科衛生 | 補綴外しと歯科技工 | 貧困 格差  | 趣味 | 選挙 | 音楽 | 飯塚哲夫