January 14, 2015

ALAN 1号戦車製作記その2。Pzkpw 1 Ausf.F

 

 


youtubeで見つけた、1号戦車F型の動画です。

セルビアのベオグラード博物館に残されている車体ですね。

F型は重装甲が施され、A,B型とは別物です。
車重もC型までは8トン以下に収まっているのが、40トンもあります。
C型からエンジンがマイバッハ HL 45 P直列6気筒になっていたとしても、150馬力では非力でしょうね。

キャタピラー、サスペンション、転輪は、タイガー戦車と同じ形式になっています。
軽戦車を無理やり重戦車に仕上げてしまった風ですが、主砲が MG 34 (7,92 mm)機銃の二連装のままですから、攻撃力は期待していなかったんだろうな。

Cimg0717

仮組みしてみます。
いい感じです。












Cimg0721

キャタピラーの塗装です。

転輪部分は、車体と一緒にジャーマングレーでエアブラシ塗装をしてありますので、履帯部分をガンメタで筆塗りです。

ウォッシングするような感じです。





Cimg0724

車体側面に取り付けるワイヤーロープを、ステンレスワイヤーで作ります。

ダイソーなどで売っているステンワイヤーを2本捩ってワイヤーロープぽくしていますが、ステンレスワイヤーだと硬すぎますね。

焼きなましのつもりで、バーナーで炙ったけど、まだ固いですよ。
切り離した輪の部分と繋げて使います。




Cimg0725

ハッチ上の手摺も、ステンレスワイヤーから屈曲して取り付けました。










Cimg0730

OVM(車体に取り付けられた道具などです。)はウッドブラウンで筆塗り。

トールペイント用のアクリル塗料がカインズホームで安くてにはいるので、それで塗っています。

ワイヤーロープの後ろに、バールが付けられていたので、手摺と同じステンレスワイヤーを切って取り付け。
一方の先端を、バールらしく叩いて潰してあります。


Cimg0733

スライドマークも貼りました。












Cimg0734

左側面。













Cimg0740

アメリカーナトールペイント用アクリル塗料。

容量は69mlで160円程度と、リーズナブルですよ。
色数も豊富で、お勧めです。

粘度が高いですが、水で薄めて塗ることも出来ます。
タミヤのアクリルシンナーで溶くと、直ぐにダマになりやすい気がしますから、薄めてエアブラシでという気持ちにはなりません。
今の所、筆塗り専用ですね。何か良い溶剤があればいいんですが。アルコール入りの何とかを試してみるかな。



Cimg0741

これは、遊びで作ったスイッチカバー。

ナショナルの普通に家で使われてるやつです。

コップのフチ子さんが崖をよじ登って鳥の巣から卵を捕ろうと言う設定です。

ブロック状の岩は、貰ったクレイを削って貼っています。





さて、本題に戻ってキャタピラーや車体のピグメントワークです。

泥汚れを表現したいので、ただ、アクリル塗料で塗るだけではなく、塗料に砂を混ぜ込んで土らしさ、粉っぽさを追加してあります。

Cimg0747

サンドブラスターの廃棄するアルミナやガラスビーズです。

これを塗料に混ぜます。









Cimg0749

練り込んでしまいます。

粘度を調整したい場合は、澱粉糊を溶かしこんだ水でやると良いでしょう。

中性洗剤を一滴たらしておくと更にいいかも。

うまくすれば、乾燥後も拭き取れるかもです。



Cimg0751














この後更に、塗料の中に短く切った麻縄の切れ端も入れて、刷り込むように塗装しています。

続く。

最後に、G3のプラモデルギャラリー。 3Dプリンターで自作パーツを作って、プラモデルのディテールアップをするのが夢。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

戦車、飛行機、フィギャアとあれこれ作製しています。ALAN1号戦車。

 

 


前回記事も同じようなものですが、その後もみなみ野のホビーオフや相模原のアイワールドなどで中古キットを安くてに入れています。

前回記事以降に新たに完成させてあるものを幾つか紹介します。

これまでのものも合わせて、順次ヤフオクに出品していきますよ。

先ず、alan 1/35 Ⅰ号戦車。



Cimg0654

ALANは自分の知らなかったロシアメーカーだったので、ものは試しと購入してみました。

組立説明図には日本語も入っていますから、作る分には戸惑うこともありません。

組み立てを始めると、さすがにタミヤやハセガワのようには行かず、パーツのそりや厚みにばらつきがあったりして、入念なすり合わせが必要でした。



Cimg0661

車体側面に開閉するハッチがありますが、そのヒンジのシャフトの長さや太さがいい加減で、結局、右側のハッチは 固定してしまいました。










Cimg0665

こんなふうに仮組みしないと、まともに組み合いません。

全部が平面なんです。
こんなの初めてです。









Cimg0670

車体には溶接痕を再現します。

昨年購入した、十和田技研さんのイージーウエルダー、ヒートペンが大活躍します。

私の場合、ホームセンターで4ミリ径、長さ900ミリの真鍮棒を一本購入してきてあります。

自分で使いやすい先端形状に加工して、溶接痕やツエメリットコーティングの再現に使っています。

Cimg0679

キャタピラーは組み立て式。

タミヤのキットがあっても、あまり食指が伸びないのは、連結式のベルトみたいな付属キャタピラーが好きになれないから。

組み立てが面倒でも、連結式キャタピラーのリアルさが好きですねえ。






Cimg0680

Ⅰ号戦車A型は、大砲じゃなく機銃なんですね。

7.92mm MG13 機関銃×2です。

真鍮棒を加工して取り付けました。







Cimg0684


接着の差し込みも無いので、0.5ミリ真鍮棒で車体に差し込めるようにします。









Cimg0687

フェンダーは部分的に厚かったり薄かったり。

厚いのはNGなので、どちらも薄く削ります。









Cimg0712

各部が完成。

この状態で下地の赤錆色を塗ります。










Cimg0714

使用したのはミスターホビーの29番、艦底色。

私はいまだに基本の塗装はラッカー系です。








Cimg0716

ジャーマングレーで塗装しました。

続きます。

最後に、G3のプラモデルギャラリー。 3Dプリンターで自作パーツを作って、プラモデルのディテールアップをするのが夢。

| | Comments (0)

October 30, 2014

廃業へのカウントダウンだわね。

 

 


歯科技工士としては、行き詰まっていますねえ。

受注も、週に片手で数えるくらいしかございません。

お得意先からの連絡もめっきりと減りました。

ラボに引きこもって、模型などを作っていますが、これでは世捨て人だわ。


Cimg0458

ドイツの列車砲カール。組み合わせると模型全長が415ミリ、レールの長さが520ミリになります。

Cimg0536

特に意味は無し。
車の外装などの造形用に使うクレイの、硬化したモノを貰ったので、ちょっと彫刻家の気分で削りだしてみた。
モデルはない。
アート的に、何かに組み合わせて見ようと思っています。

Cimg0336

タミヤ、ヨンパチMM タイガーⅠ型 後期生産型。
シャシーに錘が四本も入って、持つとずしりと重量感が。


Cimg0855

これは、以前にも紹介したかもしれない、ホビーボスの1/35スケール、KV-1ドイツ捕獲戦車。
訂正します。

スケールは、タイガーⅠと同じく、ヨンパチでした。

ネームプレートは自作です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 18, 2014

これはグッドアイデア。簡単に作れる蚊取りボトル。

そろそろあの不愉快な蚊の飛び出す季節になりましたね。

大雪の中を這いずりまわったのが昨日のような気がするのに、もう初夏ですからね。


先日、今年最初の蚊を、ラボでワックスアップ中におやっと気がついて、電光石火叩いたんですねえ。
見つけたら殺す!!

蚊は大っ嫌いです。
そんなG3にとって、とてもありがたいのが、たびラボさんで見つけた、蚊取りボトルだそうです。

蚊取りボルトじゃありませんよ。

ボルトで叩くんじゃありません、ペットボルトじゃない、ペットボトルを使うんです。

映像でみると、2リットル位の飲料水のペットボトルを使っていますね。

【世界の知恵袋】ペットボトルで簡単にできる「蚊取りボトル」がスゴイ!

熱帯性で湿度も高く、スラムのような所で生活しているフィリピンの人たちには、すごく役立っていると思います。

蚊が媒介するテング熱での死者が、明らかに減ったというのですから。

G3の場合、蚊が居るかどうかは、刺されるか偶然目に入るかしないと分かりません。

よく、「ブーーーン」と飛んでる時の音が表現されるけど、蚊がジェット機ぐらいの音を出さない限り、G3には分かりませんね。

まあ、そんな音量の音を出すような蚊と言ったら、どんなサイズになってるのか想像もしたくありませんが。

Mosquito_trap

作り方はいいたって簡単。

  1. ペットボトルを肩の辺りで切断。ひっくり返して中に差し込みます。
  2. きれいな水にブラウンシュガー、イーストを入れて完成。

ただこれだけです。
設置箇所は、雨や水がかからない所がいいでしょうね。

ブラウンシュガーじゃないとダメなのか分かりませんが、無ければザラメやグラニュー糖、はちみつでもいいのじゃないかな。

分量は水量が底から5分の1位まで入っていますね。ということは2リットルのペットボトルなら200CCから250CCくらいかな。

ブラウンシュガーはイーストを発酵させるためだから、相当入れていると思います。

スズメバチのトラップも、似たようなアイデアであったと思います。入れるものはアルコールやはちみつだったかな。ちょっと調べてみよう。

イーストですが、家でも先日かみさんがニトリでホームベーカリーを買ったばかりです。
ちょっと分けてもらえばいいわけです。

うまく行ったら報告します。

ホームベーカリー







| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2014

3Dプリンターで拳銃を造っちゃうのが現実に。技工よか面白いかも。

 

4月の診療報酬やら内容の改定で、歯科でもCAD/CAMで削りだす、ハイブリッドレジン冠が保険収載されたばかりです。

保険ではどのくらいの臨床ケースが発生しているのでしょうか。

縁のない弱小ラボとしては、興味津々なんですが速報値とか発表されませんかねえ。

さて、コンピューター支援での技工といえば、削りだしだけではなく立体印刷による造形も実用化されています。

例えばこれ、

デンタス ラボシステム3Dプリンター

デンタス社は大手ラボのシケンの関係会社だと思います。
シケンのネットワークと営業力で、どんどん受注しているのだろうな。

追記ですが、このデンタス社のHPを見ていたら、社長さんは島さんと言うんですね。

ブログの過去記事を読みなおしていたら、偶然にも島と言う人の名前を記事中に見つけました。

http://kdlg3.cocolog-nifty.com/kdlg3/2010/04/post-91ad.html

シケンの社長って島っていうのじゃなかったのかな。

どうもうろ覚えです。

技工自体は、私ら普通の歯科技工士からしたら、一本一個から細々と作り上げる、飯の種ではあるけれどどっちかと言うと職人的な作品を作り上げているという感覚が強い。

それがあるから訴訟も起こされたわけだし、私もそれに加わったのだ。

しかし、島さんとやらが歯科技工士なのかは知らないが、今、歯科業界を主導し業界で話題となっているようなことの大半は、技工士云々ではなく歯科や技工を全てビジネスと割り切ってやっている人達の事ばかりだろうね。

歯医者からでも患者からでも、利益を引き出せそうなら何でもビジネスにしてしまう。 勿論、技工士に対してもそれは同じ。

この3Dプリンター自体のお値段は如何ほどなんでしょうね。
ほんとに全部が自社開発なのか、どこかの企業にOEMさせているのか分かりませんが、日本のややこしい薬事法とかを考えると、一般に市販されている汎用の3Dプリンターとは、微妙な年数の差があったり、使われているソフトにも制約があったりしますね。

加藤さんの表部屋にも3Dプリンターの記事がありますからご一読下さい。

どうなるのか、この業界!

さらに、薬事法というか厚労省の許認可を得るために、とんでもなく高額になっている可能性もあります。

私のような廃業寸前の個人ラボでも、夢の3Dプリンターが買えるのかなとググって見たら、安いものでは6万円台からあるんですねえ。

歯科用は100万円台を下らないだろうから、正直やってられないだろうな。

でもさ、これが売る側の立場でビジネスとしてみたら、内容としては6万円台のものが、薬事法やら厚労省のお墨付きを貰った途端、100万円で売れちゃうとかなったら、こんな美味しいことはないよなあ。

だって、いくらメーカーのノウハウが詰まっているからといって、見た目数千円の基板が、7万円とかに化けちゃうのが医科や歯科の特殊性。

参入障壁は高いが、一度クリアすれば美味しいのかもしれないね。

この安価に購入できる3Dプリンターで、購入者は何を作っているのかな。

私だったら趣味と実益を兼ねて、この3Dプリンターでプラモデルの改造パーツや、フィギャアのパーツ、指輪やアクセサリーのパーツを作るのですが、まさかまさかと思っていましたが、あちらで話題になった拳銃を実際に作ってしまう人が現れたんですね。

3Dプリンターで拳銃製造か 所持容疑で逮捕

NHKのニュースです。

このニュース自体はTVでは見ていないのですが、昔見た暗殺物の映画でも、金属探知機を避けるためにプラスチック製の拳銃を使う暗殺者が出てきたりしていましたから、それが日常的に誰にでも作れるようになってしまうとは、怖い世の中になりました。

さすがに銃弾までは作れないとは思いますが、抜け道は案外身近なところにあるのかもしれませんよ。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドアツードアでたしかに便利。でもリニア新幹線は必要なし。

 

どうやらいろいろな意味で、言論統制と情報操作が酷くなり続けている。

マスコミは真実を報道せず、TVは洗脳や刷り込みのための偽情報とTVCMを流し続けている。

そんな中で、まともな記事を載せているのは、東京新聞だけだろう。

これが戦前なら、とっくに当局に踏み込まれているのだろうが、発行が続いているし頑張ってほしいと思うのである。

ただ、この東京新聞の報道姿勢にしても、100%自由なものとも思えない。
多分、国や関係筋からの圧力は受けているのだろうし、ガス抜き的、国は何も報道規制などしていないぞという、アリバイ作りに利用されているのではないかという疑問はあります。

F1000831

画像は建設中の圏央道城山インターを新小倉橋の手前から撮影したもの。
現在は、6月28日の本線供応を目指して仕上げの工事が進められています。

ただ、城山インター自体の完成と使用は、一年遅れとなるそうです。

インター至近に住む者にとっては、確かに便利になります。

昨日、息子が浦安市復興 第6回全日本武術総合空手道連盟 全日本大会 に参加させていただけたこともあり、ディズニーランドの隣にある浦安市総合体育館まで行ってきました。

圏央道は相模原愛川インターが東名高速と繋がっていますが、海老名インターまでしか走ったことはなく、東名や首都高を走るのも本当に久しぶりのことで、首都高は相変わらず私にとっては怖い緊張の連続となる道ですが、GW最終日の早朝ということもあって、心配していた渋滞もなく、停車するのは料金所で払う時位、あっけないくらい短時間で浦安市総合体育館へ着いてしまいました。

同じ道が、昨日までは何十キロと渋滞していたのかと思うと、なんか、馬鹿らしくなってきます。

さて、この城山インターの場所には、もう一つの嬉しくない巨大プロジェクトが計画、いや、もう、反対の声を上げる隙も与えずにどんどん勝手に動き出しちゃったようで、福一の原発並みの災禍をルートにされた地域住民に引き起こしそうな計画が予定されているわけです。

そう、建設費の回収など絶対できそうもなく、地中の水脈や地下水流を破壊し、大量の建設残土を発生させる中央リニア新幹線と言う馬鹿プロジェクトで、このインターの真下、それとも真上なのか、環境図が正しいのであれば写真の左下、相模川と支流の串川の合流地点辺りに相模川橋梁が架橋されるというわけです。

ここは中間駅が予定されている橋本駅から5キロ程度の地点で、リニアが地上に姿を見せる数少ない地点でもあります。
走行するリニアを見れる地点になるかは、甚だしく疑問で、実験線とは違って完全に防音パネルで覆われてしまうのじゃないかなと思っています。

それにしてもこの城山の裾野が、圏央道、広域道、リニア新幹線でズタズタにされてしまうという事実。

圏央道はまだしも、リニアに関しては全く歓迎する気になれません。

5月7日の東京新聞特報面では、無理が多くあまりにも性急なリニア新幹線の計画に、沿線住民や自治体からも疑問の声が上がっているとありました。

大深度地下だから、沿線住民には影響しないと本当に言えるのでしょうか?

こちらの地図は鳥屋地区に予定されている車両基地の位置が示されています。
車両基地の性格からすると、地上に建設される可能性が高いのです。

観光資源として期待する声もありますが、この辺り一帯は貴重な自然も残されており、水源地の涵養林としても大事にされてきた所です。

この辺り一帯は、相模ダム、城山ダム、宮ヶ瀬ダムと途切れること無くダム建設が続き、ダムが終わったと思ったら圏央道と広域道の工事が続きます。
これが終われば次はリニアとなったら、県道や国道はもう半永久的にダンプ街道のままでしょう。

ドアツードアはたしかに便利な気がします。
東京と名古屋とが1時間とかからずに繋がるのも、すごいことなのかもしれません。

しかし、その建設にかかる費用や、環境への負荷が誰への負担となって建設されるのかを考えれば、作るより作らないことのほうが、子供たちや未来の人達へ良い結果を残すと思います。

最も、福一の原発事故が日本の未来を真っ黒な放射能で覆ってしまったし、日本で唯一生活できるところは、地下しか残されていないというような未来も充分予想される訳で、だから建設を急いでいるんだとか言われたら、身も蓋もないと言うしかないわけですが。

 


February 24, 2010

ツイッターの呟きを追うのも重労働。

ツイッターは結構疲れる。
読むだけでもね。
自分がつぶやこうと思うと、長くなっちゃう。 長いとつぶやけない。

歯科技工海外委託に関する要請書への反応が芳しくない様だ。
神奈川県歯科技工士会に続く動きが出てきてほしかったのだが。

1998年佐野日技と戦ったその時、敗北の私史の記憶。 その2ここで紹介されているフォーラムに2回、足を運んだのが私だった。

それと前後して、加藤さんや伊集院さんたちの座談会をQDT誌上で読んだ。

パソコン通信から始まって、WIN95が普及し、自分も拙いHPを立ち上げて、歯科技工問題などを書き始めていたころなので、現実に参加していた歯科技工士会では知る事も出来なかった、様々な実情に怒りと無力感を覚えたものだ。

同時に、業界の抱える矛盾や暗部、表に出さない本音や出せない事情と言うものが、もっとあるのだろうかとの思いを強くした。

労働基準法など守られたためしがない、のかと思うような長時間の労働と低賃金、それを言うと開き直る組織関係者や経営者。
自分自身、個人営業なんだから仕方が無いと諦めているが、これが、雇用関係にある勤務者となると話が変わってくる。
しかしそんなのお構いなしというのが、歯科技工業界。
管轄が厚生省だと言うのが皮肉。

労働省と合体したら、この業界の労働問題にもメスが入るのかと思ったら、全く無視。

身を粉にして働いても低賃金、或いは低料金。
ところが、厚生労働省や歯科医師、歯科医師会が求めるのはさらなる低料金のものときた。

この国はほんとにおかしいよ。
沖縄は占領下のまま。
米国債を400兆は買っているのに、返してもらうどころか、もっと金をよこせと言われてなけなしの郵便貯金まで献上するらしいし。

そうするために、国民の危機感をあおるのが「医療費亡国論」だったとしたらひどいものだ。
国を国民を追い詰めているのは自公政権時代の悪政と官僚システム、売国奴である○和会のお歴々じゃないか。

ところで要請への反応、どんなものなんだろう?
某ブログでの某氏の呟きを見ると、心配になってくる。

おまけに加藤さんまでブログを閉鎖するとかしないとか。

こんな事じゃあ、市ヶ谷の西やんが喜ぶだけなんかな。
そのうえ、大臣にせっせとご注進に励んでいる、厚生労働省医政局歯科保健課の皆さんがホッとしてるのかな。

とにかく、日本のお上と言うか官僚たちは、自国の制度や国民の働きが、よその国から貶されても反論もしないし戦いもしない。
逆に、首を差し出すようなことばかりする。

逆の事をすれば、他国ならすぐ怒るのに。

仮に長妻大臣が怒るとしたら、それをなだめるために、日本の制度や法律や歯科技工士が悪いなどとご注進におよぶとしたら、そりゃおかしいんじゃないか。

しかし、当の歯科技工士の怒りは、隠してきた事をばらされたことへの怒りや、同業者ドオシ、助け合うどころか貶めあい、非難しあうような事にばかり向いている。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

3Dプリンター | CAD、CAD/CAM、歯科用CAD/CAM | CB750k0k1k2k4k7 | SF3D | TPPと日米構造改革要望書 | おすすめサイト | お上の横暴 | アフィリエイト 副業 | アマゾン | ウェブログ・ココログ関連 | オークション | カリスマ歯科技工士 | カレル・ヴァン・ウォルフレン | グルメ・クッキング | ゲーム | サントリーモルツ | ジャパン・ハート | スポーツ | タミヤ | タミヤオートバイシリーズ | タミヤスポーツカーシリーズ | ニュース | バイク オートバイ  | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プラモデル | ベベルドウカティ  | ホンダCB72パーツ | ホンダCB750 | マシーネンクリーガー | マスコミ世論 情報操作 | ミリタリーミニチャア | ヤフーオークション | リニア新幹線  | ワーキングプア  | 住まい・インテリア | 保団連 | 保険診療 | 信  | 公益法人 | 医療崩壊 | 厚労省 | 原発 メルトダウン | 国境なき医師団 | 国賊菅直人 | 圏央道 | 報道特集NEXT | 塗装ブース自作 | 墓場の乞食 | 売文家 | 大阪歯科技工士連絡会 | 学問・資格 | 官僚支配 | 官房機密費 | 小沢一郎 | 山梨お口とコミュニケーション | 平野貞夫 | 心と体 | 恋愛 | 悪質ラボ経営者 | 悪質商法 詐欺  | 我らが脇本征男 | 技工士に仕事をください。 | 携帯・デジカメ | 政権交代 | 政治不信 | 文化・芸術 | 新公益法人 公益法人制度改革 | 旅行・地域 | 日技会員数の偽装 | 日技会長選挙 | 日技政治連盟 | 日本一新の会 | 日本歯科医師会  | 日本歯科技工士会 | 日本酒  | 日米構造改革要望書 | 日記・コラム・つぶやき | 旬刊ごまめ  | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 模型製作 プラモデル 用具 | 歯科セミナー | 歯科医療 | 歯科技工  | 歯科技工の海外委託問題 | 歯科技工士 | 歯科技工士のモヤモヤ | 歯科技工士問題を考える懇談会 | 歯科技工未来の草案フォーラム | 歯科村 | 歯科用CAD/CAM、ハイブリッド冠 | 歯科用金属 | 歯科衛生士  | 民主党のユダと悪徳ペンタゴン | 燻製 | 疑義解釈 | 相模原業者会 | 福島第一原発事故 | 私立歯科大学 | 米国支配 | 経済・政治・国際 | 絶版バイクパーツ | 美容・コスメ | 背任 漢字検定協会 トンネル会社 | 芸能・アイドル | 蚊取りボトル | 被災中の歯科衛生 | 被災時の歯科衛生 | 補綴外しと歯科技工 | 貧困 格差  | 趣味 | 選挙 | 音楽 | 飯塚哲夫