May 11, 2014

リニア新幹線 巨大プロジェクトの真実

ホントに必要? “夢の超特急”リニア中央新幹線

@niftyニュースで見つけました。

リニア新幹線について疑問を持っている人は私だけではないでしょう。

そもそも、リニアを作る必要性があるのか?

作る側はなにを前提に事業を行おうとしているのか?

漠然と疑問に思っているわけですが、自分の知識や文才ではうまくまとめることも出来ません。

それを追求したのが、 『リニア新幹線 巨大プロジェクトの真実』橋山禮治郎 集英社新書

その本を紹介した、この村田チェーンソー氏の記事はよくまとまっています。

それにしてもこれだけの巨大プロジェクトが、今一つ、国民的国家的な議論に上がらず、なし崩しに実行に移されてしまうのか?

国鉄が民営化され、郵政公社も民営化されました。

民営化が全て悪いとは言いませんが、JR東海の場合は、民営化されたことによって国家的な巨大プロジェクトが、あたかも私企業の責任の範疇で収まるかのような誤解を、国民に植えつけているのなら問題だと思います。

リニア新幹線の工事は、JR東海が負担するかのように理解されているのかもしれませんが、本心では誰もそんなことを信じては居ないでしょう。

名を変え品を変えて国費が直接投入されるのだろうし、見込み通りの乗客など集まらず、事故の一つ、地震の一つでも起きれば、巨費をつぎ込んだプロジェクトがおしゃかにならない保証はありません。

そうなっても、いやそうなればこそ、更に国費が投入されるのが巨大プロジェクトというものでしょう。

中央リニア新幹線は、JR東海という一私企業の事業ではけっしてありません。

経済産業省や日本政府も噛んだ、福島原発事故や原発再稼働にも関連する、利権構造の一環として行われるのだろうと思います。

| | Comments (2)

May 08, 2014

ドアツードアでたしかに便利。でもリニア新幹線は必要なし。

 

どうやらいろいろな意味で、言論統制と情報操作が酷くなり続けている。

マスコミは真実を報道せず、TVは洗脳や刷り込みのための偽情報とTVCMを流し続けている。

そんな中で、まともな記事を載せているのは、東京新聞だけだろう。

これが戦前なら、とっくに当局に踏み込まれているのだろうが、発行が続いているし頑張ってほしいと思うのである。

ただ、この東京新聞の報道姿勢にしても、100%自由なものとも思えない。
多分、国や関係筋からの圧力は受けているのだろうし、ガス抜き的、国は何も報道規制などしていないぞという、アリバイ作りに利用されているのではないかという疑問はあります。

F1000831

画像は建設中の圏央道城山インターを新小倉橋の手前から撮影したもの。
現在は、6月28日の本線供応を目指して仕上げの工事が進められています。

ただ、城山インター自体の完成と使用は、一年遅れとなるそうです。

インター至近に住む者にとっては、確かに便利になります。

昨日、息子が浦安市復興 第6回全日本武術総合空手道連盟 全日本大会 に参加させていただけたこともあり、ディズニーランドの隣にある浦安市総合体育館まで行ってきました。

圏央道は相模原愛川インターが東名高速と繋がっていますが、海老名インターまでしか走ったことはなく、東名や首都高を走るのも本当に久しぶりのことで、首都高は相変わらず私にとっては怖い緊張の連続となる道ですが、GW最終日の早朝ということもあって、心配していた渋滞もなく、停車するのは料金所で払う時位、あっけないくらい短時間で浦安市総合体育館へ着いてしまいました。

同じ道が、昨日までは何十キロと渋滞していたのかと思うと、なんか、馬鹿らしくなってきます。

さて、この城山インターの場所には、もう一つの嬉しくない巨大プロジェクトが計画、いや、もう、反対の声を上げる隙も与えずにどんどん勝手に動き出しちゃったようで、福一の原発並みの災禍をルートにされた地域住民に引き起こしそうな計画が予定されているわけです。

そう、建設費の回収など絶対できそうもなく、地中の水脈や地下水流を破壊し、大量の建設残土を発生させる中央リニア新幹線と言う馬鹿プロジェクトで、このインターの真下、それとも真上なのか、環境図が正しいのであれば写真の左下、相模川と支流の串川の合流地点辺りに相模川橋梁が架橋されるというわけです。

ここは中間駅が予定されている橋本駅から5キロ程度の地点で、リニアが地上に姿を見せる数少ない地点でもあります。
走行するリニアを見れる地点になるかは、甚だしく疑問で、実験線とは違って完全に防音パネルで覆われてしまうのじゃないかなと思っています。

それにしてもこの城山の裾野が、圏央道、広域道、リニア新幹線でズタズタにされてしまうという事実。

圏央道はまだしも、リニアに関しては全く歓迎する気になれません。

5月7日の東京新聞特報面では、無理が多くあまりにも性急なリニア新幹線の計画に、沿線住民や自治体からも疑問の声が上がっているとありました。

大深度地下だから、沿線住民には影響しないと本当に言えるのでしょうか?

こちらの地図は鳥屋地区に予定されている車両基地の位置が示されています。
車両基地の性格からすると、地上に建設される可能性が高いのです。

観光資源として期待する声もありますが、この辺り一帯は貴重な自然も残されており、水源地の涵養林としても大事にされてきた所です。

この辺り一帯は、相模ダム、城山ダム、宮ヶ瀬ダムと途切れること無くダム建設が続き、ダムが終わったと思ったら圏央道と広域道の工事が続きます。
これが終われば次はリニアとなったら、県道や国道はもう半永久的にダンプ街道のままでしょう。

ドアツードアはたしかに便利な気がします。
東京と名古屋とが1時間とかからずに繋がるのも、すごいことなのかもしれません。

しかし、その建設にかかる費用や、環境への負荷が誰への負担となって建設されるのかを考えれば、作るより作らないことのほうが、子供たちや未来の人達へ良い結果を残すと思います。

最も、福一の原発事故が日本の未来を真っ黒な放射能で覆ってしまったし、日本で唯一生活できるところは、地下しか残されていないというような未来も充分予想される訳で、だから建設を急いでいるんだとか言われたら、身も蓋もないと言うしかないわけですが。

 


March 02, 2013

疑義解釈という歯科の棘


日技専務理事だった佐野は、参考人で国会に行った。

直前の予算委員会に参考人として呼ばれた当時の日本歯科技工士会会長森谷誠司が、歯科技工士の料金を問われて実態とは乖離した料金を答弁し、その責任を問われて会長をやめていたからである。

それ故、佐野は社会労働委員会へは日技のトップとして挑んだ訳である。

その頃は佐野もまだ気骨を示していたのだと思うのだが。

日技は当時から政治家への働きかけを強めていた。
県や支部レベルでも、今も同じだろうがパイプを作ろうと務めてきた。
だが、公益法人の政治活動は制限がある。
建前として政治連盟を作り、政治活動は別法人の顔で行うのが、日本の常識らしい。

議員に働きかけるのは何故だろう?
議員立法を狙うのももちろんあるだろう。

しかし、年間何十億と言う政治予算を計上してきた日歯ですら、子飼いの議員を当選させるのは一回の参議院選挙でも一人がいいところ、議員立法が可能な何十人もの国会議員を誕生させるような力はない。


翻って日技。

政治連盟の年間予算は歯科医師会と比べるべくもなく、自民党の議員に食い込むのも、大変だったと思う。
実は、相模原支部に所属していた当時、支部会費の不正利用で元支部長が裁判沙汰となった。
当時の自民党衆議院議員で相模原を選挙区としていたのが、厚生事務次官も務めた戸沢 政方だった。

選挙地盤ということも在って、元支部長が秘書と渡りを付けたのだろうか。
支部のお金が献金に回ったのか、それとも私的に流用されたのか、今も真相はわからないままだ。

だが、相模原支部が戸沢支援で動いていたことは確かである。
戸沢の後は藤井裕久になり、秘書さんや議員本人が我が家に訪れていた事を思い出す。

で、なんで議員を動かすかって話だね。

結論から言えば、厚生省を、官僚を動かしたいからって言うことだよね。

そこで、ようやく、国の真の支配者は誰かっていう疑問と繋がってくるわけ。

岩澤氏がただの行政の仕組みを示したにすぎないという昭和63年の大臣告示。
その時点で、なんでわざわざ行政の仕組みやら構成やらを、官報に告示しなければならないのか不思議じゃないか?

診療報酬についてなら、その構成についてもだが、健康保険法にありますと言えば済むだけの話だ。

それを、昭和50年の予算委員会や社会労働委員会から続く、歯科技工問題、技工料金問題で持ち出すこと自体が、分配の問題じゃないとか、点数の決め方だとか言っても、それこそ、そのような解釈をさせることが目的で、この大臣告示を使ったのだとしか思えないのである。

差額問題や、同時に国会でも議論された歯科技工問題、料金問題への厚生省の答えは、現状は何も変えない、しかし、それぞれが錯誤しつつも納得するような、告示を出すことで幕引きを図ったのではないのかと言うことである。

診療報酬の構成比を7:3に分けていることを告示で示す。

それだけ見たら、どう考えても料金の分配、構成だと思う。
法律的にも厚生省としても嘘は言っていないわけだ。

少なくとも、日歯と日技とが話し合って、紳士協定でも結ばれていれば、分配が成立したかもしれない。

しかし、そこで日歯は橋龍を動かした。 動かせたかに見える。

厚生省官僚としては、差額問題さえ収束すれば、それ以上、社会保険法や診療報酬制度を変える必要はない。
歯科技工士問題など元より扱う気はなかったのだと思う。
日歯に飴を与えたとか、橋龍の圧力に動いたとかじゃなく、最初から歯科技工士法や歯科技工士は眼中になかったのかもしれない。

日歯は、それまでの保険制度での経験から、なにかあればこうすればいいというものがあった。

それが、疑義解釈である。

ある友人が、この問題については、大臣告示は自分にとっては疑義解釈が全てであると、そう伝えてきた。

この友人の言葉こそが、私にこの一連の記事を書かせた原動力である。


日本には憲法もあり、それぞれの分野で法律もある。
だが、法律はあくまでも法律であって、実際の行政においては官僚の存在、方針が全てなんだと思う。
だからこそ、議員は躍起になって国会で上っ面の討議を繰り返し、議員が官僚を主導している風を装うが、実際は全てが官僚の手のひらの上である。

それだから、少しでも官僚を動かそうとして、それぞれの業界団体などは盛んに議員に献金や賄賂を献上するのである。

それもこれも、官僚が省令や施則、通知通達をもって、法律を自由自在に運用できる仕組みになっているからだろう。

ホンというと、官僚自体を取り込んじゃうほうが、話は早いのは、厚生省だったら岡光さんの例でも分かるけどね。

大臣の告示より、官僚の回答である、解釈の方が重いとか、実際の効力があるなんて、おかしな話しじゃないか?

それが、脇本さんや大塚先輩にある当然の疑問だ。

疑義解釈が全てと言うのも理解できるし、政府関係の施則は全て、法律を施行する上での実際的な法律を動かす法律で、それこそが官僚の力の源泉でもあるのだろうが、だからと言って泣き寝入りは出来ないと言うか、誰かが筋を通さなきゃおかしいと言う事なんだろう。

現実の政治や対米関係を見ても、閣僚や政治家が何を話そうが、また、財界人やマスゴミが、国民世論が何を言おうが、日本の公式な発言と言うか、決定事項、見解は、全て官僚の筋書きと言うか、官僚の意思そのものだろう。


技工料金での、大臣告示は、歯科診療報酬や歯科技工士への報酬の面で、官僚側の責任も追求されたと思う。

国会で審議された以上、厚生省の官僚もしらぬ存ぜぬではいられ無かっただろう。

国民の関心は、あの時確かに国会や厚生省に向いていたのだ。

歯科の診療報酬を上げさせる口実を、ただの一つも与えたくない官僚や厚生省は、大臣告示で面子を守りつつ、歯科業界内でうまく分配して欲しかったんじゃないか。

それが、ニチハによってどうにもならなくなった。橋竜も金は受け取ったよな。
佐野も300万ほど。

最後は結局一番弱い技工士が打ち捨てられた。

厚生省や官僚は対処してみせたようでいて、実質的には現状のまま放置した。

制度や法律は何も変えなかったんだよ。

大臣告示が出ていかにもな通知通達が出て、待っていたかのように疑義解釈が出て。

国会で集中審議されたような問題が、実態は何も変わらないまま、まるで国側は全て対処されたかのように、表面上は取り繕われ、技工士やニチギは声を出す機会も根拠も失った。

茶番の一翼を演じたのが、佐野とその一派とニチギな訳だ。

疑義解釈が全てと言うのも分かるが、受け入れちゃったら、それで納得しちゃったら、自分たちは一歩も進んでいないと言う事だろう。


歯科の棘を抜くというが、大臣告示そのものが歯科の棘となって、告示され続けているというのが正しいのではないだろうか。 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 20, 2012

安倍チャン痔民の危うさ



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-5170669200427830"
data-ad-slot="1733822193">


前回総選挙で民主党を支持した者として、現在の状況は慚愧に堪えない。

政権奪取時の民主党が、松下政経塾出身者達に牛耳られて官僚支配にメスが入るどころか、
かえって官僚の力と利権とを強化させてしまった所に、日本の支配構造の問題があると思う。

安倍ちゃんはTVコマーシャルで取り戻すと連呼していた。

こんなステマに洗脳されたのか、いや、されなかったからこそ、投票率が伸びず、
無党派層や浮遊票が投票結果に反映されなかったのだろう。

本来ならドイツのように脱原発に大きく舵を切るべきだったのに。


さて、東京新聞本音のコラム、今日の紙面にあるのだが、法政大学竹田茂夫教授が、

ポリシーミックスと題して書いてます。

無断コピーは許されないのは分かっていますが、ネットにもこの記事は無いみたいなので、
必死で手打ちした文を載せます。

東京新聞 本音のコラム 2012・12・20
「ポリシーミックス」

次期安倍政権の経済政策は旧保守と新保守の間を揺れ動く矛盾に満ちたポリシーミックスになるはずだ。


国土強靭化とは公共事業による財政拡張そのもので、デフレ脱却に効果のないことは1990年代に
実証済みだ。


しかも、そのための国債増発は国債価格急落と銀行破綻のリスクを伴う。

日銀に押し付けようとしているインフレ目標も具体的政策と言うより、皆がそう信じれば、
インフレになるだろうといった、念力経済学だ。


他方、成長戦略を議論する諮問会議や再生会議は、
小泉改革の悪名高き民間委員流の新自由主義に支配されるだろう。

こちらは社会保障切り詰めの財政緊縮路線だ。

医療保険の規制緩和や労働市場改革は、格差や非正規雇用の拡大、低賃金、
労働者の一層の従属化を生むだけでデフレ脱却に効果がないだけでなく、
逆に国民の購買力を奪ってデフレを深刻化させる。


TPP反対の農村票と脱原発世論の取り込みを狙った自民党の玉虫色の選挙公約は、
TPP原発推進の財界の要請で早速反故にされるのは明らかだ。


TPPも大企業のアジア進出には便利でも、内需と国内雇用への効果は疑わしい。
有望なのは新エヌルギー産業だが、原発依存ではこれにも本腰は入らない。

以上。

じゃ、どうするんだ?と言う感想は置いといても、この分析は正しいと思うな。

先は地獄だぞ。

貧富の差はますます大きくなるだろうし、歯科医療に金を払える人口は増えないと思うな。

医療保険も外資系は吸い上げられるばかりで、実際に医療保険で自費治療に回る金額は少ないと見た。


これまで通り国民の歯科医療は皆保険が中心で、それすらも受けるお金が無い貧困層が増えそうだね。

今は一時的に株価が上がり、円安に振れてるけど、国内経済とか言うより、国民の購買力が上がらす、
実需要が発生しなければ、インフレターゲットなんか絵に描いた餅だよ。

民主党も駄目だったけど、自民党はもっと国民に酷いと思うな。

国土強靭化と言っても、実際には本当に必要かどうかが伺わしい、公共事業や官僚の天下り事業に、
国債という借金を注ぎ込むことでしか無い。

日本の公共事業は、笹子トンネル事故でも顕になったと思うが、作るだけで後のことは考えていないようだ。

コンクリートの耐用年数は100年程度だと思うが、笹子トンネルなどの高度成長期のコンクリート構造物は、
実際には100年も持つのかどうかは疑わしい。

笹子トンネルと同じような構造物が、日本中に存在するわけで、放置すれば橋やトンネルが崩落するとかの
大事故が、今後も頻発することが十分ありえるといえるのではないのか。

少子高齢化で、そもそも人口が減っていく時に、国土強靭化と称して、新たな道路やトンネルを作り続ける
必要が、どこに存在するのだろうか?

寧ろ、耐用年数を過ぎたトンネルや橋の修理や架替、首都高速道路などの地下化など、
これなら必要だと思われる公共事業に特化して取り組むならまだ許せる。


景気とは、当たり前の国民が生活やレジャーでお金を使うことだと私は思っている。

しかし、バブルが弾けてからの自民党と財界と官僚のやってきたことは、日本国民が使えるお金を収奪し、
米国や一部特権階級に回すことだったのだと思う。

新自由主義なんて、内需を起こすどころか、これまで以上に社会保障を締め付け、賃金は払わず、
搾り取れるものはすべて搾り取ろうとしているわけだ。

アベノミクスで国民の閉塞感、圧迫感はいや増すであろうし、
それは、戦争も已む無しと言う戦前のような雰囲気に突き進んでしまうのではないかと思えてならない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 06, 2012

踊る阿呆に見る阿呆


業界紙やネットでは、歯科補綴の関連で景気の良い話が飛び交い、日技広報ブログなどを拝見すると、古橋会長さんなどが盛んに「CAD/CAMで技工が変わる」などと講演しているようだが、本当にそうなのかちょっと首を傾げてしまうのである。

古橋さん、本当に末端の一般会員の目線で歯科業界の雰囲気を感じ、そう言っているのだろうか。

勿論、協議会などの存在や雰囲気をも承知した上で。

自分だったら最低限、オブザーバーでいいから仲間に入れてくれとお願いするけどね。

さて、古橋さんが囃すCAD/CAMだが、協議会も作って金も注ぎ込んできたメーカーサイドは、売らなきゃならないから必死だろう。

しかし、インプラントにしても、末端の歯医者ばかりが責められてるが、踊るように仕向けたのは、売れるとわかったメーカーの方でもあるしね。

ただ、数だけ売ればいいとしたら、被害に遭うのは患者そのもので、インプラント事故の被害者は、まさに歯科の業界構造の被害者でもある。

そのインプラントが、一連の事故や報道で売り上げががた落ちなら、メーカーは代わるものとして、さらにCAD/CAMに注力してくるのか。

メタボン、ハイブリッド、インプラント、そしてCAD/CAM。

買わされるのはいつも、技工士やラボであって、患者でも歯医者でもないですね。

そう考えると、我々はあくまでもネギを背負ったカモであって、仲間とは認められていないですね。

売りつける相手に、手の内を晒す訳がないか。

協議会に入れないのも当然でしょうか。

ところで、協議会では席がなかった日技と古橋会長さんだが、こっちでは席を確保できたようだね。

ただ、すんなり席が用意されるのかは分からない。

中西が参議院選挙で暴走したことなどは、歯科という業界の内輪にさざなみをたてるというか、明確に反旗を翻したということなんだろう。

歯科技工士の立場を認めてもらえないから、頭に来て暴走したという言い方も出来るのだろうが、そんな心情を
理解してくれるような業界なんだったら、とっくに歯科技工士の問題など解決しているはずで、そうじゃないから協議会などでも席は用意されず、試験を委託される財団でもどうなるかは疑問符がつきます。

この歯科技工士国家試験の全国統一化っていうのも、会員や国家試験合格を目指す学生さんたちにとって、どんな意味やメリットを持つのかよくわからない。

統一化において、日技が独自に第三期機関や財団を作るのかと思っていたが、加藤さんが紹介してくれたところがあるのなら、日技にとっては渡りに船だろう。

そうじゃなく、日技独自にやろうとしたら、これまでの歯科技工士試験が誰にどう用意され運営されてきたのか詳しくは知らないが、財団とか第三機関とかは、実態が有るところもあるだろうが、都道府県によっては、専門学校が一つしかなくて、学生も数十人なら、わざわざでかい会場を用意するとか、組織を用意するとかじゃなく、ペーパーの機関を立ち上げて、その事務委託を受けたと言う形にして、これまで通りに実施すると思うな。

天下り機関と言っても、何かの事務所に机一個あるだけかもなあ。

ペーパーでもなんでも、立ち上げればいいなら、学校の事務室や、技工士会の事務所に机を置けばいいわけだろうし。

ニチギの中のあれと同じ。

ニチギや都道府県技のメリットは、これまで都道府県の予算だったのが、厚労省からの直接な予算になり、もしかしたら事務員一人分を雇用出来る位の年間予算が流れてくるかもしれないよ。

それプラス、アルバイトや立会人に支払う日当も予算化しやすいとかさ。

天下りは実施とは関係ない厚労省役人に、ひも付き予算で給料払う仕組み。

席につく人の給料以外の予算が、厚労省や県から流れてくるのを期待しているんだろうか。

都道府県規模でも、会長にでもなれば、技工しなくても食えるかもなあ。

で、実際の試験だけど、試験問題なんて、歯科大学の講師に形だけ依頼して、出来て来るのは使い回しのもの。

面倒なのは会場手配や準備だが、特別新しくするわけじゃないし、実際のマンパワーはアルバイトじゃないのかな。

面倒なのは下っ端やバイトにやらせて、役人や会の役員は手当てと弁当貰うだけかも。

本当に国家試験を通して、技工業界の地位を変えたいと言うのであれば、或いは、変わるというのであれば、今だって試験内容を厳しくすればいいだけだよ。

加藤さんも書いてると思うが、実態は何も変わらないよ。

技工士会の会員は、いったいなにを期待しているんだろうな。

さっぱりわからんよ。

試験で受験者のレベルを見極め、技工士にふさわしい人材に免許を認めると言うなら、試験内容を厳しくして、簡単には取れない免許にすればいいだけ。

簡単には取れない資格なら、価値も上がるでしょう。

そうじゃなく、ただ都道府県別に実施しているから、他の国家資格と比べて、面子が立たないと言う程度の考えであるニチギの主張は、単に横並びで他の資格がこうだからと言ってるだけのすり替えもいいところです。

学生の待遇、教育内容、試験の制度など、厚労省からしたら、やるこたあやってると言いたいでしょう。

結局、数だけ生み出すのを優先したと言うか、如何にも人材への需要があるかのように、歯医者や業界大手の意向に沿った制度運営をしてきたツケが、今、出ているんですね。

いっそ、国家試験など廃止して、学校を卒業すれば自動的に認定される資格で十分な気がしてきますね。

September 27, 2012

熊が出た・・・




style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-5170669200427830"
data-ad-slot="1733822193">


中学校の連絡網に熊が出たとの連絡が。

まあ、連日のようにイノシシや猿と遭遇していますから、熊がいたって驚くようなところに住んでいるわけじゃありません。

山の恵が、今年は少ないのでしょうかね。

猛暑だったし。

里に降りてくれば、畑はあるし栗も実っています。

バイト先の宮ヶ瀬ダムの近くでは、これぞ里山だなあっていう雰囲気が今も残っています。

日中に当たり前に雉が歩いているし、畑と畑の間の小道を車で走れば、イノシシがライトに驚いたのか直前を横切って行きます。

鳥居原ふれあいの館から韮尾根に抜ける道の脇では、猿がのんびり毛繕いと日本は平和だなあ。


永田町の猿山では、何故か下痢気味で引退したボス猿が復活したんですね。

民主党政権になってからの酷さっていうのは、日本の支配構造権力構造が、米国からの支配と圧力、日本の官僚システムそのものだという事をあからさまにしたんだと思っています。

じゃ、安倍や麻生さんが居た頃までの自民党政治は違ったのかといえば、そうじゃないでしょう。

時の政権が民主党になろうが自民党に戻ろうが、日本の国民に主権など無いことは確かなんじゃないでしょうか。

そう考えると、永田町の権力争い、ボス争いを見るより、道路を渡る猿やイノシシを見ている方がまだ幸せな気分になれますね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 30, 2012

民主党のノダ、いや、ドジョウというユダ。

メジャー昇格、いきなりのツーランにはほんとに痺れた。

松井、スゲーよ。

昼間、二俣川に行って来ました。

義母の免許更新で、高齢者講習の関係で免許が一時的に失効してます。
誕生日前に更新を申し込んでも、70歳以上の高齢者は、高齢者講習の修了証が必要なんだとか。

ところが、その講習を受けられるところが、指定の自動車教習所と言うことで、相模湖の教習所も橋本のも、申し込んだ時点では6月まで予約が一杯とのこと。

なんかおかしいよね。

講習料も5800円と馬鹿高いし、誕生日を過ぎたら免許は失効となるわけなんだから。

当然、運転もできず日常生活にも支障をきたす。
しかし、大半の高齢者は相手がお役所というか警察だから何も言えない。
じっと我慢である。

教習所だ試験場だとなれば、半日どころか一日が潰れるし、義母だけでは運転もできないわけだから、交通費だ何だで費用もバカにならない。

どう考えても弱いものいじめだよなあ。

警察行政って、ほんと、権力の乱用だと思う。

手続きを待っている間に、久しぶりなんで献血に行ってきた。

思えば、二俣川に行く度に献血しているなあ。 なんと8年ぶり。

さすがに血圧は高めだったが、400Mlをあっさり抜かれてさて、と思ったら、今度は半分くらいの数値に落ちてる。

久しぶりなんで緊張したのかねえ。

看護師さんたちを心配させてしまったけど、無事、帰宅してます。

で、献血ユニットの上で見ていた昼のニュースで、小沢さんが話していた。

一歩もぶれずである。

そもそも、空き缶やノダのユダが首相に成れたのも、元はと言えば小沢さんのおかげ。
政権交代の立役者は空き缶でもノダでも無く、小沢さんだった。

マスコミは小沢さんに何か問題でもあるような報道やキャンペーンを続けているが、裁判で無罪の判決が出されているのにいまだ続けることの異常さこそ糾弾されるべきなんだけど、マズゴミを叩くマスゴミは存在しないからねえ。

唯一、気を吐いてる東京新聞の政治部長が、なんと、あのフランケン岡田の弟だとは知らなかった。

私の血圧の乱高下も、松井のツーランへの興奮や、ノダのユダへの怒りのためだったのかも。

そのノダは、自民党と組んで消費税アップに邁進だという。
まさにユダである。

小沢さんとその仲間の離党、大いに結構である。 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2012

隠したい人たちの57票

決まりましたね。 歯科技工士政治連盟の会長さんが。

その得票に日本技工士会の執行部や都道府県幹部というお方たちの本音を見る思いがします。

証拠がないから隠し通せるというわけでもない事は、東日本震災と続く福島原発事故での空き缶や枝豆ら政府の対応が議事録の存在など無くても、当時ネットで言われていた話以上に酷い対応ぶりであったことも含めて、隠し通す事は出来なかった訳ですよ。

雑誌系のマスコミだけではなく、普通なら政府の広報を垂れ流すだけであろう新聞社系のマスコミからも、東京新聞などのように結果を恐れず事実を報道するところも出てきているのです。


公益法人が政治活動をしてはならないというわけでは無いのです。
しかし、公益法人が政治活動にその予算を使うことは良くないということです。

峻別というのは、公益法人の活動に使うお金と、政治活動に使うお金を峻別しなさい、財布も財布を預かる人も変えなさいということなのだそうです。

新公益法人改革と言うのは、そこが曖昧だったこれまでの公益法人のあり方、お目こぼししていたことに対し、はっきりと分けなさいよと言ったものに等しいと思っていました。

しかし、日本歯科技工士会は見事にそれを蹴っ飛ばす結果を示してくれたわけですね。

ま、本家本元の日本国政府からして、議事録も作らない、逆上して原発を吹っ飛ばすような案配ですから、今更日技あたりが新公益法人改革に逆行するような投票結果を示しても驚くにも当たらないのかもしれませんね。


しかしこの選挙結果ですが、見る人によってそれぞれ感慨深いものがあるでしょう。

投票に参加した評議員の皆さんは役目を果たせたとほっとしているのかもしれませんが、何のために誰に対して役目を果たしたと言うのでしょうね。

前記事でライオットさんからコメントをいただきましたが、ライオットさんのような若い歯科技工士会員の皆様方は、この結果を票差をどんなふうに感じるのでしょうか。

ああやっぱりと言うくらいの感想ならばまだよい方かもしれません。

諦めくらいの感情では済まないというのが本当ではないでしょうか。

執行部や代議員、評議員の皆さんは、今でもまだ、ネットは2ちゃんねるに代表されるように誹謗と中傷、デマやでっち上げの世界だと思っているのでしょうか。

そもそも、政府や議員たちが2ちゃんねる潰しに躍起になっているのは、自分たちの都合の悪い部分を隠したいからですよ。
今の国家権力は、もう戦前の特高以上に思想や何かも含めて言論統制に突っ走っているのですが、官僚システムを含めて日本という国家権力は隠したいことが多すぎるのでしょう。

同じく日技のようなどこからも相手にもされないようなハンパ法人組織でも、中の者たちには外に対しても会員たちに対しても隠したいことがあるのでしょう。

若い歯科技工士会会員たちは、隠し事を暴けとか晒せと言っているわけじゃ無いのですがねえ。

そうではなくて、やるべきことを優先順位を変えてください、末端の歯科技工士たちの労働実態や生活実態に目を向けてくださいと言っているだけでしか無いのに。

ついでに言えば、バラ色のキャンパスライフや100%の就職率を騒ぎ立てる歯科技工専門学校にもいいかげんにしろよと言いたいところでしょう。
バラ色の未来があると言うならなんで学生も集まらず、閉科や廃校が相次いでいるのかと思うけどなあ。
東北のブログなど、GTYさんなどには申し訳ないけど、就職率100%とかよりも、例えば卒業年度ごとの離職率を10年くらいのスパンで調査してくれないかな。
過去10年間の卒業生が100%この業界に残っているのなら、ぜひ、誇らしく謳ってくださいよと。

で、自分たちの保身と、大した価値もない肩書きと、そして何よりも隠し事を暴かれてしまうのではないのかと言う恐れとが、技工業界の現実や若い歯科技工士の実態には目を瞑り耳を塞がせ口を噤ませているのでしょう。

この結果を持って、古橋という同一人物に公益法人と政治連盟のお財布を託したわけです。
晴れてNDCも一体のものとなったわけです(笑)

日技執行部の皆さんには一安心かもしれませんが、さてどうなんでしょうね。

政府の対応も一年したらぼろぼろこぼれてきたし、ネットではそんなもの最初からわかっていましたからね。

技工士会の隠したいことも、実はとっくにバレているのかもしれませんね。

参考までに。 私も書き込もうかな。



歯科技工士☆新時代 第10期待

結局、中○の選挙の資金や献金が、どのような形で生み出され処理されたのか
は当時の役員の中でも、ごく限られた人にしか分からないような形になっています。
しかしながら、当時の技工士会共済制度の見直し、そしてその内容が明らかに担当保険会会社にとって
有利(つまり会員にとっては不利)な内容なのですから
この保険会社の選定も含め、一体誰が契約内容を決めたのか、紹介者(政治家)は誰なのか
そこいら辺に鍵がありそうです

で、代議員はといえばそんな事は関心もなくただただボケーっとしていた人が多いのですから
問い詰めることもなく、大なり小なりケチくさい色々な役得にまみれて
知らず知らずのうちに、執行部との共犯体制が築かれていく訳ですね。
ですから、明日にも行われる脇○氏が立候補している連盟会長選挙
この方が当選するはずはありません。

なぜなら脇○氏が当選すれば、今まで隠されていたそのような数々の恥部が
白日の下にさらされる恐れがあるからです。人間悲しいものでわが身が一番かわいい
いくら正義の人だと認知されていようとも、脇○氏に投票する事は
評議委員にとっては自らの首を絞めるかの行為であるわけです。

ただ可能性があるとすれば、脇○氏が投票前の演説で“過去のいきさつは問わない、
未来に向けてやって行く”メッセージをそれとなく、しかし確実に評議委員達に
伝える事でしょうか,,,,しかしその時には脇○氏も、一般会員に対し隠し事をし
旧執行部と共犯者になってゆく、という泥池の中に自ら入ってゆく覚悟が必要となります。

いやはや何ともやりきれない話ではあります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2012

脇本さんに託す技工士の一分

この一週間ほど、友人の鉄工所で慣れない下働きを続けています。

歯科技工士の経験、なんの役にも立ちません。
工具や機械の場所、スイッチの場所、材料の場所、一度に覚えきれるものじゃありません。

頑固親父である友人のやり方、スタイル、癖が染み込んだ鉄工所です。
その上で、補助的な動作、サンダー掛け、ハツリ、ハンマーと、最低限の技術も覚えねばとてもじゃないが補助にもなれません。

多少は見知っていたつもりでしたが、実際に何十万にもなる鉄鋼製品を作るとなると、仕事の案配も金属の材質や癖、溶接の種類、図面を読んで加工の手順や材料の寸法変化、修正と仕上げ、知識がどれだけあっても足りません。

果たしてやり遂げられるのか。

本業の歯科技工は受注がさっぱりです。
友人知人もどこも似た様なものだと言うし、中国技工だ海外委託だと言う前に、国民が歯科のそれも保険技工を見限ったのであれば、さもありなんというような状況を迎えているのでしょう。

歯科医院側に今更歯科技工や歯科技工士の心配をするような余裕も無いでしょうし、私などはむしろお得意先からは特段の配慮を頂いていながら、現状打つ手なしと言うことですから、気持ちや絆で繋がっていないラボは、単純な値下げくらいでは受注も簡単では無いでしょう。

それでも、開業すればと望みを抱く技工士さんも多いのでしょうが。

落ち着いたらもっと踏み込んだ歯科技工への考えや意見をまとめますが、今はラボの新規開業どころか歯科技工士になる事自体がリスクが多すぎると言っておきましょう。

希望もクソもない結論ですが、今から歯科技工士を目指そうとか思うのであれば止めておきなさいとアドバイスします。

仮に、何か歯科技工士に希望の持てる何かがあるとすれば、ほんとうに僅かな希望、望みなんですが脇本さんの存在が全てです。


伝えて欲しい、知って欲しい「最後の人、脇本征男先生」のこと。

神が歯科技工業界にも「最後の人、脇本征男先生」を残してくれたかと感激する。

酒井会長からの長き戦いが、佐野、中西で中断した。それは余りにも長い期間で、歯科技工士の誰もが諦めている。
さて歯科技工士に最後の戦いの日が、与えられるのか?
それを決めるのは、3月17日の評議員である。

出来ることなら、最後まで戦い死にたいと望むのは愚かなことではないはずだ。


一年前の東日本震災当日、脇本さんは日技会長選挙で負けました。
直前まで一票でも多くと懸命の運動をされましたが、思いの外代議員の票は集まりませんでした。

代議員たちが会長選挙で投票したのは、当時ですらボロボロになっていた歯科技工士という存在を守り国民のために残そうという思いのためではなく、代議員たちも含めた組織の防衛本能、恐怖からの投票だったのだろうと言う事です。

当選した古橋氏は、日技と技工士連盟の峻別や、HPを活用しての情報公開などを訴えていましたが、日技広報ブログの居直り発言を見るまでもなく、HPの活用も情報公開もなされていませんし、そもそも組織の峻別を言うのであれば、出るべきではない技工士連盟の会長候補に立候補した時点で、公約など守る気持ちはないと公に宣言したようなものですし、それを疑問とも思わない日技会員や歯科技工士連盟会員には呆れるばかりです。

其の皆さんが、平成24年3月17日に、代議員ではなく評議員の肩書きで会長を選ぶわけです。

公益法人改革を歌うなら、認可されたからもう大丈夫だというのではなく、峻別の意味を理解出来ない人を選ぶのではなく、評議員自身が峻別を行動で示すしか無いはずです。

日本歯科技工士連盟の会長選挙を考える


国は、公益法人が政治活動を行うこと自体が禁止されているわけではない。ただ単に、公益法人の活動と政治団体の峻別をしなさいと行っているのだ。峻別と言う言葉がわかりにくいなら、「全く違う団体であるので完全に分けなさい」と言っているだけである。

確かに、完全に違う団体の日本歯科技工士連盟の会長選挙に、全く違う団体の社団法人日本歯科技工士会の現会長の古橋博美氏が出馬しても問題はない。
しかし古橋氏には、よく考えてもらいたいものだ。
選挙をしたと言っても世間は、日本歯科技工士連盟の会長と社団法人日本歯科技工士会の会長が同じで、「峻別した」もしくは「全く違う団体である」と思うだろうかと?
同じ会長なら、やはり最後は会計業務が疑われることとなる。

日技と歯科技工士連盟の会長が変わったくらいでは、末端のラボや歯科技工士の労働問題や経済問題が変わる訳ではないでしょう。

しかし、政治連盟の立場は歯科技工士の一分を示すことに繋がるはずです。

評議員の皆さんには、起きてしまったことに対する責任重さを恐れるのではなく、最後くらいは男気を示して終わらせてもらいたいところであります。

Sany6482


| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 05, 2012

日技HPと広報ブログに見る、無関心無責任。

若年層を潰すことで生きながらえてきた歯科技工業界にも、ついに、年貢の納め時が来たのだろうか。

私も今週はほとんど納品が無く、週末は友人の鉄工所でアルバイトをすることになっています。
鉄も汗をかくのだとか、あの有名メーカーの製品に関わるものが、こんな山の中の小さな鉄工所、町工場の中で作られているのかと、ワクワクしています。

さて、東日本大震災の一周年に当たる今月11日に、奈良県商工会議所五階の大ホールにて、「Forum in なら」と題したパネルディスカッションが午後1時半から開催されます。

奈良県の歯科技工士会会員の皆さんが頑張っておられるのがヒシと伝わってきます。

思えば10年以上前に中西日技の問題を指摘し、会長選挙を戦ったのが当時奈良の会長を務めていた林さんでした。

私も何度かお会いしていますし、一度などは東京駅内の寿司屋で美味しい寿司をご馳走していただいたり、東京で働くご子息を紹介いただいたりと、お世話になりっぱなしです。


今回のフォーラムも、日技がと言うより、林さんら奈良県歯科技工士会員の思いが、そして本当の危機感とが、一度は日技やその代議員たちによって否定された歯科技工の海外委託問題訴訟当事者である脇本さんと川上弁護士の行動と熱意に、都賀谷先生、長谷川先生らの見た技工業界への視点とを絡める形でのフォーラム開催へと繋がったのだろうと思います。

ところで、このフォーラムについてどのくらい広報されているのかなと思ってネットで調べてみますと、奈良県歯科技工士会のHPにはなんの告知も出ていないし、日技HPでも相当な予備知識がなければ、あるとは気が付かないようなところに、味も素っ気もなく表示されているだけでした。

試みに、日技広報ブログも見てみましたが、相変わらずつまらない項目の列挙だけで、国民や会員が知りたいであろう内容のある記事や情報は皆無でした。
薄っぺらなんですね。

古橋会長がどこそこに行った、会議でこれがあったとかじゃ、肝心のそこで何がなされ、何が話され、何が伝えられたのかという、知りたい情報は何も無いわけです。

極めつけはこれ

本会の活動等について 2012-02-07 16:21:54 テーマ:ブログ 先日、歯科技工士学校に在学されている方から当ブログにコメントがあり、「本会の動きや本会会長の動きを“具体的に”説明して欲しい」とのご要望をいただきました。

しかし本会の活動は、懸案事項解決のための制度改正に向けた活動、歯科技工所の労働環境改善に資する活動、生涯研修をはじめとする学術活動、組織拡充活動等、多岐にわたっているため、その一つひとつをここで具体的にご説明するのは困難です。
本会の活動状況等については、広報誌『日本歯技』をお読みいただくか、日技ホームページをご覧いただければと思います。『日本歯技』は毎月、各歯科技工士学校にも送付しております。

また本会の古橋会長の会務については、当然ながら会長として、公益法人改革や組織機構改革、総務、財務等々、その会務は多岐にわたりますし、行政や他団体等との渉外活動も、国家試験の統一化、トレーサビリティ等の補てつ物の安全性について等、内容により様々です。さらに古橋会長は日本歯科技工士連盟と歯科技工士国民年金基金の役員でもありますので、それらに関する会務もあります。

したがって会長の会務内容についても、その一つひとつをここでご説明するのは難しいですが、いずれにしましても会長はじめ役員は皆、歯科技工士としての仕事を行いながら日技の会務に携わり、懸案の解決に向けて日々努力しております。
日々の臨床を通して、歯科技工の大変さ、重要性、喜び、改善点を自らが味わっているからこそ、懸命に会務に励んでいるのです。歯科技工士の仕事に誇りを持っているから歯科技工士の持つ懸案を何とかしたい。だから忙しくても行動しなければと思っております。

ご卒業されましたら、ぜひご入会をお待ちしております。日技に入会され、われわれと一緒に頑張りましょう。

なお、当ブログでもお知らせしましたとおり、本会では昨年11月に『すべての歯科技工士の皆さまへ』と題する冊子を発行しました。未入会の方や学生の方へ本会の活動方針や理念を知っていただくためのものであり、この度の震災への対応等についても具体的に記しております。


バカバカしくなるくらい、意味のない内容。
なんで書くことができないのか?
多岐に渡るから?具体的にはできない??

じゃ、広報誌を読もうと思っても、国民は手にしていないし非会員もそう。
電話をすれば資料を郵送しますとあるけど、全国民が電話してきたらどう対応するんだ・・・
広報誌を各歯科技工士学校に配布してあるというけど、なんで歯科技工士学校なんだ・・・

日技HPにしても会員専用で一般には見れないところばかりだし、どこかに情報や資料があるのかもしれないが、直感的に分かるようなHPにはなっていない。

奈良県歯科技工士会のHPもそうだが、生涯研修の内容もろくに開示も広報もしないというのはどういう感覚なんだろう。

「忙しくても行動しなければと思っています」

ほんま、ご苦労さんだと思う。
しかし、その行動が国民には見えないんだよ。 知らせてもらえないんだよ。
そして、何かと言い訳や理由をつけて、知らせようとしていないのは当の日技であり悲しくも奈良県技工士会なんだよ。

なぜ、もっとわかりやすく行動や情報を伝える努力をしないのか?
最初から理屈をつけて否定してしまうのか?

広報ブログと名付ける事自体が馬鹿馬鹿しいブラックジョークなのかとさえ思う。

会議で組織拡充を討議したようだけど、どんな提案が出たのだろうねえ。
日技広報誌の歯科技工士学校への配布だろうか。
会員が学校へ行っての勧誘なんだろうか。
就労先への勧誘なんだろうか。

その前に、誰々が新卒歯科技工士や勤務歯科技工士を食い潰しているか直視したらどうかね?

就労相談とか、労働問題相談だとかを日技や県技もやっているのじゃなかったのか?

前記事で提訴したような歯科技工士も、当然だが最初は技工士会や母校に相談している。
別の相談者だが、直接確認したが、やはり母校の先生には訴えたと言っている。
母校が無くなってしまった歯科技工士たちも居るのだろうが、だったらその相談の受け皿を務める責任が日技や県技にはあるだろう。

しかし、誰も聞いてはくれないから、探しに探して私などに伝えて来るのである。

情報は出さない、相談事は聞かない、グルになって若いものを食いつぶす。

一体何のためなのか?

否定するまでもない、業界人の保身のためである。
当たり前だが、そんなのは国民や高校生達、高校の進路指導者たちからはすっかり見透かされている。
若者からも国からも世間からも見捨てられている、それが保身ばかりの歯科技工業界なのである。
こんな事では在中技工士さんや篠田先生らに返す言葉もないではないか・・・

奈良のフォーラムでは、理屈をごねるより、現実を直視した生きた言葉が飛ぶことを祈っている。
そして、会員非会員を問わず、これまで誰にも話を聞いてもらえなかったというような限界に居る技工士さん達にこそ、会場に脚を運んで欲しい。

そこで本当に、日技広報ブログが言っている

「一つひとつをここで具体的にご説明」

とやらを実際に聞きただして貰いたいし、

「忙しくても行動しなければと思っています」

行動が本当かを奈良のシカとその目で確認して貰いたいものだ。


頼みましたよ奈良県歯科技工士会の皆さん。


        

2012311foruminnara1

| | Comments (0) | TrackBack (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

3Dプリンター | CAD、CAD/CAM、歯科用CAD/CAM | CB750k0k1k2k4k7 | SF3D | TPPと日米構造改革要望書 | おすすめサイト | お上の横暴 | アフィリエイト 副業 | アマゾン | ウェブログ・ココログ関連 | オークション | カリスマ歯科技工士 | カレル・ヴァン・ウォルフレン | グルメ・クッキング | ゲーム | サントリーモルツ | ジャパン・ハート | スポーツ | タミヤ | タミヤオートバイシリーズ | タミヤスポーツカーシリーズ | ニュース | バイク オートバイ  | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プラモデル | ベベルドウカティ  | ホンダCB72パーツ | ホンダCB750 | マシーネンクリーガー | マスコミ世論 情報操作 | ミリタリーミニチャア | ヤフーオークション | リニア新幹線  | ワーキングプア  | 住まい・インテリア | 保団連 | 保険診療 | 信  | 公益法人 | 医療崩壊 | 厚労省 | 原発 メルトダウン | 国境なき医師団 | 国賊菅直人 | 圏央道 | 報道特集NEXT | 塗装ブース自作 | 墓場の乞食 | 売文家 | 大阪歯科技工士連絡会 | 学問・資格 | 官僚支配 | 官房機密費 | 小沢一郎 | 山梨お口とコミュニケーション | 平野貞夫 | 心と体 | 恋愛 | 悪質ラボ経営者 | 悪質商法 詐欺  | 我らが脇本征男 | 技工士に仕事をください。 | 携帯・デジカメ | 政権交代 | 政治不信 | 文化・芸術 | 新公益法人 公益法人制度改革 | 旅行・地域 | 日技会員数の偽装 | 日技会長選挙 | 日技政治連盟 | 日本一新の会 | 日本歯科医師会  | 日本歯科技工士会 | 日本酒  | 日米構造改革要望書 | 日記・コラム・つぶやき | 旬刊ごまめ  | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 模型製作 プラモデル 用具 | 歯科セミナー | 歯科医療 | 歯科技工  | 歯科技工の海外委託問題 | 歯科技工士 | 歯科技工士のモヤモヤ | 歯科技工士問題を考える懇談会 | 歯科技工未来の草案フォーラム | 歯科村 | 歯科用CAD/CAM、ハイブリッド冠 | 歯科用金属 | 歯科衛生士  | 民主党のユダと悪徳ペンタゴン | 燻製 | 疑義解釈 | 相模原業者会 | 福島第一原発事故 | 私立歯科大学 | 米国支配 | 経済・政治・国際 | 絶版バイクパーツ | 美容・コスメ | 背任 漢字検定協会 トンネル会社 | 芸能・アイドル | 蚊取りボトル | 被災中の歯科衛生 | 被災時の歯科衛生 | 補綴外しと歯科技工 | 貧困 格差  | 趣味 | 選挙 | 音楽 | 飯塚哲夫