September 29, 2014

10月8日に衆議院議員会館で「歯科技工士問題を考える懇談会」を開催!!

 

 


皆様、ご無沙汰しております。
自分からお伝えできるようなニュースが殆ど無いため、すっかり更新をサボっておりました。

さて、脇本代表より保団連からの告知が入ってまいりましたので、お伝えいたします。
ご都合の付く方は、ぜひ、足を運んでいただきたいと思います。

「保険で良い歯科医療を」全国連絡会 主催

「歯科技工士問題を考える懇談会」

  • 日時   10月8日(水)、午後12時~13時30分まで    
  • 場所   永田町、衆議院第二議員会館1F会議室 入室には通行許可証が必要です。下記参照
  • 主催   全国保険医団体連合会
  • 内容   国会内において超党派の議員に対するアピール活動

国民歯科医療を支える重要なキーパーソンでありながら、その存在も、抱える問題もことごとく無視される歯科技工士の状況や問題について、強烈にアピールしていく模様です。

議員会館への入場には、許可証が必要になっております。通常は国会議員からのご紹介が必要です。
当日は、保団連の係員が11時頃から終了時まで議員会館入り口に待機いたします。
ご来場いただける方は、係員に声をかけていただき、入場許可証をお受け取りください。

保団連様から案内を受け取りました。印刷用にPDFファイルもありますので、ご利用ください。

訂正

主催者は「保険で良い歯科医療を」全国連絡会の皆様でした。

申し訳ありません。

Katudou381008annai1

Katudou381008annai2

「歯科技工問題を考える懇談会」のご案内をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 29, 2014

モヤモヤぎこ~~ず。その2のはずが・・・


すいません、エディター不良で編集がうまく出来ませんでした。

改行や読みやすく行間を空けるのも後で手直しします。

さらに、タイトルだけ書き込んだ所で、何かのキーを押したら投稿されてしまったと。

それに加えて、ブラウザーで記事を書いていて、何度かフリーズしてしまい、長文が消えてしまった時のあの脱力感。

私は鶏頭ですから、瞬間記憶って言うことが出来ないのです。

文章にしても、数字や何かの言葉にしても、見たそばから忘れるんです。

聞いたそばからっていうのは、私の場合はありえないのですが、私の記憶力、記憶する能力の無さは、聴覚障害とも関係しているのかなと。

人の言葉だとか、会話だとか、耳から入る音声が、脳を刺激し記憶分野の発達に関与しているのじゃないかなあ。

記憶っていうのが、どうやって起きているのか、いまいちわからないのですが、スパイなどが任務中の一字一句までを完璧に記憶していて、任務報告で全てを口頭で報告するとか言うような、まあ、小説で読んだような話なんですが、自分には絶対にできそうもないなと。

とにかく、暗記が苦手です。

自分が今、キーボードで打ち込んだ一文でも、今、ここで消しちゃったら再現できない。

そんなこんなでモヤモヤしています。

私がモヤモヤというか、もたもたして更新が間延びしている間にも、売文家さんは休まず更新されていますね。

最近の記事は、ごまめの翁さんが発刊していた季刊「ごまめ」からピックアップされています。

実は、G3もごまめの翁さんから千秋楽号までの数年間ですが送って頂いていました。

IDEA の掲示板で知り合い、メールで何度もお話をさせていただきました。

技工士を引退後も、護憲の活動をしたり、メールマガジンを配信されたりと、お元気だとばかり思っていたら、突然の訃報。

半分、ボケの始まったG3は、訃報があったことすら忘れて、FBで翁さんの写真を見かけて改めてあ、亡くなっていたんだと。

まったく恩知らずですね。

売文家さんは、その翁さんが残されたごまめから、抽出し、切り出し、考察し、対比させています。

あらゆるものと突き合わせ、分析し注釈を加えています。

私にはとてもじゃないが出来ないことです。

そんな売文家さんから、G3はインスパイアを受けています。

そう言うとかっこ良く見えますが、実態は、売文家さんのふんどしで相撲をとっているようなものでしょう。

寄生しているようなものかもしれないね。

ただ字面を見るだけじゃなく、深く考えるようにならないと、売文家さんのような記事は書けないなと自省しています。

20140529225946

20140529230157

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2014

集団的自衛権で思うこと。国会は立法府の役割を放棄するな。


集団的自衛権の議論、なぜ、国会は動かない?沈黙しているのだろうか。

憲法解釈を変えるというのは、法律の文言を変える以上の国家的な問題のはずなのに、なし崩しで安倍ちゃん解釈に持って行ってしまいそうな雰囲気だ。
表立っての報道はそんな感じ。誰それの発言も。

国民を律するのが法律なら、国家を律するのが憲法だと思う。

そもそも、憲法を解釈しなければいけないというのもおかしな話なんだが。

そもそも、を続けるが、自衛権に集団的とかつけること自体が、解釈であるような気がする。

憲法の9条に問題が在るというなら、何故それを直視しないのか。

それこそ、国会が議論しなければならない問題だろうし、日本という国家のあり方にも関係してくる。

誰もが議論を避けて、ややこしい手続きを避けるから、日本には防衛力があったりなかったりになってしまうし、自衛隊は存在自体が宙に浮いてしまう。

私自身は、9条があることが、いまの日本を作ってきたと思っている。
そこに込められた、先人たちの思いは純粋なものだろうと。

しかし、米国からしたら、半占領状態の日本は、9条で勝手にもめている方が良いのだろう。

安倍首相は、諸外国、多分、米国に対してだろうが、表向きには対等になりたいと言っているかのようだ。

だが、それを言うなら、憲法、それも9条の解釈を変えてどうこう言うのではなく、
きちんと国民の議論を積み上げ、国会で憲法を変えて、天皇陛下が発布するというのが筋だと思うのだが。

安倍首相やそのプレーンの何人かの判断で、米国を守るためにそもそも出来もしないミサイル防衛やらを可能にするというのは、なんだかうなずけない話なのだ。

鎧の下に何か隠してやいないか。

米国に与する形をとって、なし崩しに交戦しようというのではないのか。

我々の世代、今更、徴兵されることもないだろう。
だが、実際に国を上げての戦争となったら、戦場に送られるのは息子たちだよな。 行かせたくないよ。

戦わなければ守れない日本という国なのだとしても、まだ、ミサイルは打ち込まれてきていないし、テロも起きていない。

外交で戦争にならない状況に持っていくのが一番だし、外国からの、それも中国や北朝鮮、ロシアを仮想敵国としているのなら、ザルとなっている入国何とかを変えるべきじゃないのか。

米中の間でどう生き延びるのか。
そこからの議論も必要だと思うな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2013

過去・現在の技工と将来の技工

掲げるテーマは天高く。

しかし、現実は如何に?


某県歯科技工士会のブログを拝見して、そのまばらな参加者に愕然とした。

ご講演されたK先生のお話の内容はどのようなものだったのだろうか。
少人数のラボでありながら、早くからCAD/CAMを導入し、国がジルコニアの医療使用を認可した時から、この素材に取り組んでこられた先駆的なラボの経営者でもある。

学ぶべき所は多かったと思うのだが。

私もそういうものを扱う様なラボになりたいと思わないわけではない。
もう、この業界からやめていった友人などから、サンプルとしてジルコニアの内冠やコーピングを見せてもらったこともあるし、需要があるならやりたいなとも思いましたよ。

しかし、現実は受注云々の前に、先ず、当たり前ですが市場を開拓しなくてはならないのですよ。

資金に余裕など無い一人ラボにとっては、需要を掘り出すことも、高額な機材導入の資金調達を考えるのも、夢ではあっても現実には厳しい。

K先生のラボなども20人以上のスタッフが在籍されているようだし、きちんとしたロードマップでラボを育ててきたからこそ、時代の新規分野にも先頭を切って進めたのでしょうね。


堅実な経営が滞り無く進んでいるのであれば、タイトル通りの話も出来るでしょうし、現実味もあるのでしょうが。


今は多分、歯科や歯科技工にとっての過渡期でしょう。

しかし、過渡期なのでありながら、現実は既に価格的に崩壊しているのではないのかと見えなくもありません。

と言うのも、某県は日技会長のお膝元でもあるんですが、その日技会長がトップセールスに励んでも、歯科用CAD/CAMを必要とするようなケースの技工物が実際にはそれほど実需は発生していないのでは無いのかと。

保険対象では無かったこれ迄は、CAD/CAMを使う技工もオールセラミックスなどの素材も、限られた自費治療での素材でしか無かったのです。
海外でそれが歯科の主流になったとか言っても、日本では歯科医療の需要というより、歯科業界が創りださねばならない需要なわけです。

創りださなくても良い、自然発生に一番近い歯科治療の需要は、日本の場合は全て皆保険に回っているといっても過言ではないでしょう。


過去も現在も、歯科技工の大半は皆保険制度での技工でした。

現実に目を向ければ、昨日も今日も明日も、私は多分保険の義歯やインレーをやっているでしょう。

それが私にとっての過去であり、現在であり、悲しい将来像でしょうから。

技工の現在とは自分自身や仲間の状況を見れば分かりますし、一部業界の現在の状況についてはDMから透けて見えるような気がします。

日技の会長動静が広報ブログにありますが、厚労省を訪問の後、それほど時を開けずに歯科技工所協会と懇談されていますね。

厚労省とは単なる表敬訪問なのかもしれませんが、この時期、いくつか入る情報からすると、業界、メーカー、国の利害がある点で一致しているのかなと思えてきますね。

その一致点への移行を、一日も早くと待ち望んでいるのが、どういう人達なのかを、昨今のCAD/CAM製品の値崩れや需要の少なさ、一方でインプラント歯科医院の倒産に見られるような過剰な資金投入による経営側の負担過重なども考え合わせると、自費だなんだといって資金投下してきたようなラボも、ここに来ての歯科需要の減少に、やはり歯科は皆保険しか無い、キンパラが高いんだし早いとこCAD/CAMの新素材を保険に入れてくれ、投下した資金が回収できるような状況に変えてくれと、厚労省や日技会長をせっついているのかもしれませんね。

日技は日技で、日技生涯研修のまばらな会衆に向かって、今後、日技や技工士会に入っていないと、業務面で不利になりますよとほのめかしていたりして。

NDCも要はデータのやり取りです。

何も日技がでかい箱物を作って、会員情報や会費をそろばん片手に集金して計算するわけではありません。

極端な話、日技には何もなくてもいいんです。 サーバーの一つあればいい。
肝心のデータ処理やお金のやり取りは全てアウトソーシングです。

CAD/CAMを使う将来像というのもそれに近い。

多分日技はCAD/CAM等のデータも同じようにしたいのかもしれない。

しかもそれが皆保険での導入が前提であれば、CAD/CAMを導入済みで受注確保と資金繰りで青息吐息のラボやメーカーには干天に慈雨。

皆保険である以上は、形だけであってもデータのやり取りをあるルールでやりたい厚労省。
データのやり取りを独占することで、会員と非会員を選別したい組織。
双方からの受注を会員企業で独占したいラボの経営者達。

見事に三位一体の利害が一致する様な将来像が予想されます。

K先生の話はこんなだった・・・・わけないか。(笑)

,



style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-5170669200427830"
data-ad-slot="1895272599">

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 17, 2013

7億も何に使ったんだろうなあ。

福岡は博多の歯科医院が、インプラント治療などへの投資が嵩んで倒産したという。


インプラント手術を手掛けていた福岡市博多区の歯科医院「シティデンタルクリニック」を運営する医療法人「樹啓会」が2月に経営破綻し、前払いした治療費の返還などを求める苦情が患者から相次いでいる。


これ、2月から報道されていましたね。
7億円ですか。
企業で言ったら大した金額じゃないかなって思いますが、一箇所や二箇所に診療所を構えているような形態の多い歯科医院がほとんどの歯科業界では、結構な金額なんでしょう。

そう言えば、元取引先も2億の借金があるって笑って言っていたなあ。 大変だろうなあ。

インプラント治療への投資というか、機材への投資が大変だと言うが、一体何にそんなお金を使ったのかが疑問です。
歯科用ユニットや、CT、無菌室、手術室等の改造、オペに付帯する機材器具一式で、どれだけするのでしょう。
医科であればCTやMRに億単位の負担がかかるのはよく知られていますが、歯科医院のCTもそんなに掛かるものなのでしょうか。

この報道だけでは、倒産の影響がどんなふうに広がっているのか窺い知れませんが、気になるのは、この歯科医院の取引先がどうなるのかということです。

今時、歯科医院に何億も貸し付ける金融機関は無いと思いますが、この歯科医院はどこから資金調達をしていたのでしょうね。
あれ系ですかねえ。

また、機材やインプラントの上部構造は、どんなふうに仕入れたり発注されていたのかなと。

多分、メーカーや材料屋も危険を承知で歯医者を煽って自分達も踊ってきたんでしょうが、それにしても罪なもんですね。
メーカーや材料屋は機材を引き上げてしまえばいいけれど、金を先払いした患者さんには一銭も帰ってこないのでしょうね。

ラボや技工士への影響はないのでしょうか?

まあ、治療されていないという人も居るのだから、ラボ柄の発注もなかったのでしょうが、それでも、ある程度は回っていた時点で、内製なり、委託なりで技工士に上部構造体の発注があったはずなんですよね。
それらの金額も、当然ながら負債7億円の中に含まれているのでしょう。

インプラントの上部構造体って、今は大変な装置産業になっていますから、院内で内製するとなれば数千万円、ヘタすれば億という投資も必要になるでしょう。
案外、これも大きな負担になったのかもしれません。

一方で、これらは全て外注だったとしましょう。

本来なら歯科医院側にも応分の投資があってしかるべきなんですが、現状では、外注技工ということになると、歯医者は滅法渋くなります。

何千万、何億とかかる機材を使わせていながら、歯医者は安くしろ、中国に出せとしか言いません。
仕事を丸投げどころか、資金まで丸投げなもんです。

それでも、今更止まれないラボは、金払いに一抹の不安を持とうとも、とにかく受注するしか無いんですよ。
ブラックリストに乗っている歯医者とだろうと、とにかく踊らなきゃならないと。

この歯科医院の倒産で、どこどこのラボが影響を受けた、材料屋が傾いた、機材メーカーが被害を被ったとか言うような後追い報道があればいいのですが、どこからも出てこない。

技工業界が危機的だとか言って見ても、こんな時に連鎖で倒産するわけでなし、何も困ってないだろうと思われても仕方がない。

先日には都内であったインプラント手術での患者さん死亡事故の判決もありました。

この歯医者の場合は、骨を貫通させるのが常識だと言っていたのでしたか?
これ、無茶苦茶ですよ。
じゃ、何のために事前診断や検査が行われるのか。 そんなの意味ないって言っているようなもの。

聞けばこの歯医者、患者の容態が悪化して手に負えなくなったきた時に、先ず、連絡を取ったのは息子の医師だそうで。
普通なら、救急でしょ。 ごまかそうとしたんだろうね。身内に頼んで。

思うに、こんな歯医者が何軒も潰れてくれないと、業界の危機感なんて世間様には周知されないよ。


たまたまその歯医者がひどかったとか、患者が運が悪かったとされてしまう。


現状でもさ、皆保険と自費診療の二本立てである歯科は、あたかも自費だけで、医療とも国との関わりとも一線を引いているような印象をもたれていると言うか、歯医者が意図的にそんな意識を植え付けていると感じるんだよ。


よく言われるのが、自費診療を選択するのは、患者の自己責任だって。


それ、おかしくないか?

本来なら、歯医者こそ責任ある医療を提供する義務、責任があるはずなのに、何をどうすり替えいるのか、選択したのは患者で、事故が起きたら患者本人の責任だってなる。

こんな詭弁が成り立ってしまうのも、歯医者が都合よく立場を使い分けているからだよ。

こんなことを許してはいけないし、患者さんは信頼出来る医療とは何かを、よく見極めてほしい。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-5170669200427830"
data-ad-slot="1733822193">


| | Comments (1) | TrackBack (0)

外資系保険の真っ盛り。おかしくないか?


日々TVに流されるコマーシャル(CM)は、その時時のお金のある、或いは集まりそうな業界や業種が透けて見えるものだと思っている。
そしてまた、一番騙されそうで、一番、金を搾り取れそうな視聴者が見ていそうな時間帯に、如何にもなCMを流すのもまさに時代の鏡なんだろうと。

ちょっと前までは、携帯ゲームのグリーやモバゲーが大量にCMを流していたが、高額な課金問題や子どもたちの使用が社会問題となって今は落ち着いているようである。

さて、安倍ちゃんはTPPへの参加を決めたというが、今から参加したところで、既に決められた条件には口出しも出来ず、むしろこれは、これまでの日米構造改革要望書に対する抵抗を続けてきた日本に対して、恰も環太平洋という経済圏があるかのように偽って、その実、米国一国が主導して、日本に要求を飲ませるために仕組んだやり方なのかと思える無理矢理の要求なのだと思えてならない。

TPPに先立つ日米構造改革要望書の影の主役は、全米保険業界だったと関岡英之さんが「拒否出来ない日本」の中で暴露していた。
小泉構造改革でその尖兵を果たした竹中売国奴は、その全米保険業界の代理人だったと思うのだが、その効果もあってか既に自動車保険や医療保険、損保系の保険はアメホやなんかの外資系に完全に支配されている。

さて、昼と言わず夜と言わず日夜垂れ流されるTVCMについて、皆さんはどのような印象をお持ちだろうか?
今までだったら、もしもというようなのは、自分が死んだら、倒れたらというくらいで、実際の生活は日本の医療福祉制度の健全さも在って、それほど悲観しては居なかったと思う。

それが何だ、今じゃ、医療も受けられない、最低限の生活保障もない、無い無い無いのオンパレードなのか?

てめえが死んだ後の葬式の心配までしないといけない位、日本という国は壊れちまったとでも言うのか?
俺が言ってるんじゃないよ、TVに流される保険屋、外資系の保険屋が言ってることなんだよ。

そんなの大きなお世話だって思うんだがね。

死んだら葬式が出せない?

そもそも葬式ってなんだ?

馬鹿じゃねえか。
あんなものただのセレモニーで香典集めるのが目的だろう。
儲かるのは坊主と、今じゃ、一大産業になった葬式業界だけだろう。

外資系の保険業界は、今の日本がどういう状態だかをよく見ている。

どこにお金が使われ、どこにお金が集まっていくかを。
少子高齢化が進み、バンバン人が死んでいく時代になった日本で、次に金が動きそうなのは死体産業だというわけだ。

死んだ後にどうなるのかなんて心配をTVで流し、散々、馬鹿な見栄っ張りの日本人、もう棺桶に片足を突っ込んだようなおばさん、おじさん、ジジババ達の不安を煽り、僅かな負担で心配事が帳消しにされますよって煽る。

なんでそんなに煽るのかというと、死んじゃった人からはお金が取れないからだよ。

生きているからこそ、保険金名目であれこれと小金を巻き上げることが出来る。
不安ばかり抱えてる日本人の何とか層というのは、外資系の保険屋からしたら、美味しい蜜壺みたいなもんだろうね。

そもそも、そんな心配や不安は、外資系の保険勝手に煽っているだけで、本来の日本であれば心配することでもなんでもないんだよな。

これに限らず、保険なんて人の不安を飯の種にしているだけで、そもそも、実態のある価値を生み出す実業ではないと思う。
それが、外資系が入り込んできてからは、日常、あらゆる面で危機だ何だと煽られるようになってきた。

それこそが、米国の保険業界のやり口なんだよね。

だが、敵の目的は、こんな目先の金儲けだけじゃない。
本丸は郵貯であり、皆保険制度であり、日本が日本の国の中で保持してきた、社会保障制度という安心の本質そのものを、米国によこせと言っているようなものだ。

いつの間にか、日本お葬式はなんたらホールで葬式屋の仕切りで行うようになってきた。

そりゃ、家族の負担は減るだろうが、隣組や自治会で助け合ってきた分が、目に見えるビジネスという形になって業者に持っていかれるようになったって言うことだし、それプラス、よりお金がかかると耳元で囁けば、そんなものかと馬鹿な年寄りは保険に入らないとと強迫観念にとりつかれてしまうのだろう。

なけなしの貯金や、僅かな年金から、有りもしない不安に対する保険金を米国など外資系の保険屋に払う必要なんて、ホントはなにもないんだよ。
死んだ後のお金が心配なら、献体でもなんでもすればいい。
派手な葬式なんか期待するほうがおかしい。

死体になってから主役になって何が嬉しいんだって・・・ もういい加減、日本人も目を覚まして貰いたいものだ。

何故、外資系の保険屋がこんなにTVCMを流すのか考えてみた方がいい。

お墓や墓石もそうだ。 一人死んだら、一つお墓を作って行ったら、日本中がお墓だらけになってしまう。
見栄を張る必要もないし、そもそも墓石だって馬鹿高い。 墓石や工事代金なんて、実体があってないようなもの。

墓石工事一式で300万だとか言う見積も、裏を知れば下請け孫請けが二桁でやっている。 いたずらに不安にさいなまれるより、もっと生きたお金の使い方をしてくださいよ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

3Dプリンター | CAD、CAD/CAM、歯科用CAD/CAM | CB750k0k1k2k4k7 | SF3D | TPPと日米構造改革要望書 | おすすめサイト | お上の横暴 | アフィリエイト 副業 | アマゾン | ウェブログ・ココログ関連 | オークション | カリスマ歯科技工士 | カレル・ヴァン・ウォルフレン | グルメ・クッキング | ゲーム | サントリーモルツ | ジャパン・ハート | スポーツ | タミヤ | タミヤオートバイシリーズ | タミヤスポーツカーシリーズ | ニュース | バイク オートバイ  | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プラモデル | ベベルドウカティ  | ホンダCB72パーツ | ホンダCB750 | マシーネンクリーガー | マスコミ世論 情報操作 | ミリタリーミニチャア | ヤフーオークション | リニア新幹線  | ワーキングプア  | 住まい・インテリア | 保団連 | 保険診療 | 信  | 公益法人 | 医療崩壊 | 厚労省 | 原発 メルトダウン | 国境なき医師団 | 国賊菅直人 | 圏央道 | 報道特集NEXT | 塗装ブース自作 | 墓場の乞食 | 売文家 | 大阪歯科技工士連絡会 | 学問・資格 | 官僚支配 | 官房機密費 | 小沢一郎 | 山梨お口とコミュニケーション | 平野貞夫 | 心と体 | 恋愛 | 悪質ラボ経営者 | 悪質商法 詐欺  | 我らが脇本征男 | 技工士に仕事をください。 | 携帯・デジカメ | 政権交代 | 政治不信 | 文化・芸術 | 新公益法人 公益法人制度改革 | 旅行・地域 | 日技会員数の偽装 | 日技会長選挙 | 日技政治連盟 | 日本一新の会 | 日本歯科医師会  | 日本歯科技工士会 | 日本酒  | 日米構造改革要望書 | 日記・コラム・つぶやき | 旬刊ごまめ  | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東日本大震災 | 模型製作 プラモデル 用具 | 歯科セミナー | 歯科医療 | 歯科技工  | 歯科技工の海外委託問題 | 歯科技工士 | 歯科技工士のモヤモヤ | 歯科技工士問題を考える懇談会 | 歯科技工未来の草案フォーラム | 歯科村 | 歯科用CAD/CAM、ハイブリッド冠 | 歯科用金属 | 歯科衛生士  | 民主党のユダと悪徳ペンタゴン | 燻製 | 疑義解釈 | 相模原業者会 | 福島第一原発事故 | 私立歯科大学 | 米国支配 | 経済・政治・国際 | 絶版バイクパーツ | 美容・コスメ | 背任 漢字検定協会 トンネル会社 | 芸能・アイドル | 蚊取りボトル | 被災中の歯科衛生 | 被災時の歯科衛生 | 補綴外しと歯科技工 | 貧困 格差  | 趣味 | 選挙 | 音楽 | 飯塚哲夫